• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

1年体育 マットランドであそぼう【マットを使った運動遊び】

2019/5/29

国立教育政策研究所教育課程調査官の監修による、教科指導のアイディアと授業のヒントをまとめた指導計画例です。次時の授業にお役立てください。

執筆/神奈川県相模原市立相原小学校教諭 板垣 賢司
編集委員/国立教育政策研究所教育課程調査官 高田 彬成
神奈川県相模原市立旭小学校校長  二宮 昭夫

授業づくりのポイント

マットを使った運動遊びは、子供たちがマットを使って遊びながら、いろいろな動きに楽しく取り組んで、自分の力にふさわしい動きを身に付けたときに、喜びを味わうことのできる運動遊びです。

授業では、運動遊びを通して子供が支持や逆さ姿勢、回転などの感覚を十分に味わい、基本的な動きを身に付けられるようにしましょう。適度な柔らかさのあるマットを活用して、背中や腹などをつけていろいろな方向へ転がったり、手や背中で支持しての逆立ちや、体を反る遊びなどをしたりする楽しさを意図的に取り入れた運動遊びを構成します。

また、子供たちが楽しく運動に取り組みながらいろいろな動きを自ら試したり、基本的な動きを身に付けたりすることができるように、条件を変えた場を複数設けるとよいでしょう。教師は、子供たちが活動している様子を見たり、一緒になって活動したりする中で、子供たちのよい動きを取り上げたり、友達のよい動きを伝えたりしながら学級全体に動きが広がっていくようにしましょう。

学習の進め方

※学校の設備や教具など、実態に合わせて活動内容を変更するようにしましょう。

学習表
クリックすると別ウィンドウで開きます
PDFでダウンロードする

単元計画の留意点

子供が単元を通して意欲的に活動に取り組めるように、下り坂コースなどの易しく活動が行える場や、ジグザグコースなどの自由に活動に取り組める場を設定し、発展的な場として上り坂コースや、凸凹コースなどの場を追加していくことや、教師の肯定的な声かけによって子供たちの意欲が継続していくでしょう。場を工夫するときには、広さ、向き、高さを変えていくことが必要になります。

子供たちが学習に沿った動きをするために、教師の称讃とともに、学習を方向付ける具体的な言葉がけを行うようにしましょう。

オリエンテーション、はじめの運動例

オリエンテーションでは、単元を通して子供たちが楽しく学習に取り組めるように、約束や準備、片付けの仕方を全員で確認することが大切です。

授業のはじめには、毎時間身体感覚づくりの運動を取り入れましょう。ここでは回転感覚、腕支持感覚、逆さ感覚、反り感覚など、マット運動の基礎となる感覚を身に付けることがねらいとなります。

単元の前半では教師が提示した動きを一つひとつ確認しながら、丁寧に行うように言葉がけしていきましょう。教師は、子供の動きを見ながら、どのような動きができているのかを伝えるように心がけましょう。

はじめの運動の活動例

動物歩き(犬、かえる、あざらし、馬、くもなど)腕支持感覚
クリックすると別ウィンドウで開きます

はじめは先生と一緒に、運動しましょう。 マットの上でいろいろな動物になってみましょう。動物になって、競争しても楽しいですよ。 次は、どんな生き物になってみたいですか? 

【運動が苦手な子供への配慮の例】

はじめの運動は、感覚を身に付けることをねらいとして行うため、教師は、それぞれの動きのポイントを把握しておく必要があります。ねらいとしている動きができない子供に対しては、教師が補助をして、動きの感覚が身に付くようにしましょう。

ゆりかご
ゆりかごじゃんけん
「勝った!」
「起き上がって、じゃんけんするのも楽しいね」

友達と起き上がって、じゃんけんをしてみましょう。

だるま回り(回転感覚)
「前に起き上がろうとすると、できないけれど、横になら起き上がれるよ」
かえるの足打ち(腕支持感覚)
「足を1回叩けたよ」
「僕は、3回もできたよ」

足を何回、叩けるかな?

かえる倒立
「肘に膝を載せると、やりやすいね」

かえるさんになって、どれだけ止まっていられるか、やってみましょう。

弓のポーズ
「うつぶせから、足をつかめたよ」

【意欲の出ない子供への配慮の例】

意欲的に活動に取り組めない子供のために、それぞれの動きの中に競い合う場面を入れたり、自分の記録を伸ばしていけるように、声かけをしたりするようにしましょう。

マットを使った運動遊びをするときの約束

「合図はまだかな?」
「よし!やるよ」
「いいよ~」
○安全のため、前の人が合図を出してから遊ぶようにしましょう。
「みんなで持つと軽いね」
「せーので運ぶよ」
「端っこに重ねよう」
○準備や片付けは全員で行います。マットは四隅を4人で持ち、引きずらないようにしましょう。
○同じ種類のマットは重ねて置くようにしましょう。

準備も片付けも、あらかじめ役割を決めておくと、スムーズにできます。約束を守ろうとしている子供がいたら、しっかりとほめてあげましょう。

楽しみ①「教師と一緒に、いろいろな運動遊びをしよう」での活動例

はじめは教師が手本となり、実際に動いてみせることで、子供たちも動きがイメージしやすくなります。ここでは、教師や友達と楽しく活動する中で、自然と単元で必要な動きが出てくるようにしていきます。易しい動きから提示していくことで、子供たちの「できた!」という実感を積み重ねられるようにしましょう。

学習を進めていく際、様々な場を用意することは、子供たちの動きを引き出すだけでなく、意欲の継続にもつながっていきます。また、教師は、子供の動きがねらいとしている動きになっているかをよく観察し、動きのこつを伝えたり、子供の動きを全体で共有したりすることが大切です。

いろいろな転がり方をしてみよう

下り坂コース
後ろ転がり
「転がる勢いで後ろにも回れるよ」
前転がり
「おへそを見ながら、前に回ろう」
丸太転がり
「勢いでここまで回ったよ」

後ろ回りは、手をしっかり着いておくと、回りやすいですよ。いろいろな場で、転がってみましょう。前や後ろ、横に転がっても楽しいですよ。

凸凹コース
「おしりを遠くに着くと勢いが出るね。
「平らな所は後ろ転がりだね」
「凸凹コースも転がっていけるかな」
「はさまって止まっちゃったよ」
マットの下に手にするボールなどを入れることで凸凹になります。
ジグザグコース
「よーし、行くぞ」
「マットから落ちちゃった」
「曲がるところが難しいな」

マットから落ちずに、続けて転がりましょう。友達に押して
もらっても、いいですね。

友達に押してもらう
友達に押してもらう

体を支えてみよう

川跳び
「ジャンプ1回で行けるかな」
「僕は2回ジャンプで行くよ」
「足だけじゃなくて、腰も上がるとかっこいいね」
「手を着けるところに、目印があるとやりやすいね」

川に落ちないように、マットに手を着いて反対側にジャンプしましょう。真ん中の丸に着地して、もう一度ジャンプしても大丈夫です。

ブリッジ
「台に背中を着けてからやると、やりやすいね」
「ボールだと難しいよ。バランスがとれるところは、どこかな」
背中倒立
「背中が全部ついていると、簡単だね」
首倒立
「スカイツリーだ。背中も上げられたよ」
「足を真っ直ぐ伸ばすよ」
「おなかでも止まれるよ」

いろいろな姿勢で、何秒止まっていられるかな?

壁登り逆立ち

手をパーにして、肘をまっすぐにしましょう。手と手の間を
見るようにしましょう。頭と肘を着いてやってみても、いいですよ。

トンネルくぐり
「手と足の位置が大切だね」
「さっきより、低くなっているよ」
「次は仰向けでトンネルだ」
「犬でも通れるね。他の生き物でもできるかな」

トンネルになって、いろいろな生き物が通れるようにしましょう。

【運動が苦手な子供への配慮の例意】

平地では転がることができない子供のために、坂道をつくったり、教師が補助をしたりしましょう。体を丸めて揺れる「ゆりかご」に多く取り組み、転がるための体の動かし方が身に付くようにしましょう。また、体を支える場では、どの子供も取り組めるように動きを簡単にしたり、手や足を着く場所や目線の先にマークを置くなどの配慮も効果的です。

【意欲の出ない子供への配慮の例】

子供の実態に応じて、マットの数や向き、高さを変えることや、目印や台などを置いて、動きを易しくしたりします。また、反対に、上り坂や凸凹の場などを工夫していくことで、意欲的に活動に取り組めるようになるだけでなく、子供から多様な動きが生まれてきます。

楽しみ②「友達と一緒に遊んだり、場を選んだりしよう」での活動例

「友達と一緒に遊んだり、場を選んだりしよう」では、子供が今までに経験してきた動きを基に、友達と一緒に様々な方向へ転がることができるように場を選んだり、動物に変身して腕で支えながら移動したりと、動きを広げられるようにしていきます。

教師は、子供が考えた新しい動きを認めながら、他の子供たちに紹介するなど、動きを広げていくことを意識しましょう。なかなか動きを見付けられない子供がいれば、「何の動物になりたいかな?」などと問いかけたり、「友達の動きの真似をしよう」と促したりすることで、誰もが楽しんで活動できるように心がけましょう。

「友達と一緒に遊んだり、場を選んだりしよう」全体の場の例
クリックすると別ウィンドウで開きます
せーのでコース
「せーので転がるよ」
「僕たちは、せーので行こう」

同じ回り方だけでなく、前転がりと後ろ転がりのようにしても楽しいですよ。

トンネルコース
「トンネルをつくるよ」
「低く進むために、モグラになろう」
壁じゃんけんスペース
「じゃんけんポン」
「片手でもできるよ」

片手で、できるかな?声でじゃんけんしても、いいですね。

「危なくないように、支えているね」
「肋木がなくてもできたよ」
どーんじゃんけんコース
「前転がりで進むよ」
「よーいどん」
「同じマットになったら、じゃんけんだ」
ふわふわコース
「ふわふわでも回れるよ」
「逆立ちから前に転がれるよ」
「転んでも痛くないね」
くるくるレースコース
「馬になって競争だ」
「ガンバレ~」
「先に回るよ」

いろいろな生き物になって、1周してみましょう。

ぴたっとスペース
「誰が長く止まっていられるか、競争だ」
「僕はかえる倒立でやるよ」

何秒、止まっていられるかな?


楽しそうだね。

次はあっちで遊ぼう!

友達と一緒に、いろいろな場をローテーションして、遊んでみましょう。遊ぶときは、必ず前の人が合図を出してから、行うようにしましょう。

【運動が苦手な子供への配慮の例】 

動きが十分に身に付いていない子供には、それぞれの場で必要な動きが身に付くように練習の場を設けたり、教師の補助や声かけをしたりしましょう。

【意欲の出ない子供への配慮の例】 

事前に活動のペアやグループを決めたり、教師が一緒になって活動に取り組んだりすると、他者との関わりが生まれて、活動に意欲的になっていきます。また、友達の動きのよかったところを伝え合う場面を設定するという方法も、自分の動きに自信がもてるようになり、活動への意欲が高まっていきます。

〇評価のポイント
マットを使った運動遊びでは、約束を守って、進んで活動に取り組んでいるかを見取る必要があります。準備や片付けを進んで行うことや、安全に配慮して学習に取り組んでいるかも重要なポイントです。単元のはじめには、逆さ感覚や回転感覚、腕支持感覚など、日常生活では味わうことの少ない感覚を十分に味わえることを大切にしてください。動きが「できた」「できない」という観点で見るのではなく、子供の動きに変容が見られれば、その部分を大いに認めてあげることが大切です。また、子供たちが活動に取り組む中で、友達のよいと思った動きを真似たり、自分の考えを伝えたりすることができたときは、「友達と上手に遊べたね」などと、動き以外でも、細かく子供たちを見取っていくことが教師の役割です。

教育課程調査官からのアドバイス

国立教育政策研究所教育課程調査官 高田彬成

マットを使った運動遊びでは、前や後ろ、横など、いろいろな方向に様々な転がり方で繰り返し回ったり、手や背中で体を支持して逆さになったりして、マット遊びの特性にふれながら楽しさを味わうことを目指します。そのためには、子供のいろいろな動きを引き出すための場の工夫が大切です。
本稿で紹介されているように、様々なコースを設定するなど、思わずやってみたくなるような場の準備や動きの紹介があるかどうかで、子供の意欲や学習の成果は大きく変わってきます。「○○ランド」や「○○探検」などのように、テーマを設定して意欲を喚起する方法もあります。
安全面に留意しながら、上手な動きや工夫した楽しい動きなどを大いにほめ、子供たちの「楽しい」「もっとやりたい」「先生、見て見て」と言う声をたくさん引き出していきましょう

イラスト/栗原清・横井智美
『小一教育技術』2018年6月号より

★小学館『みんなの教育技術』Webサイトでは小学校の先生に役立つ情報を毎日発信中★ぜひお気に入り登録して最新記事をチェックしてください!
↓↓↓
『みんなの教育技術』トップへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連する記事

授業記事一覧

クラス全員がわかる国語の授業をしていますか?
小学1年国語:話す聞く読む書く「4つの格差」を正す授業の工夫

小学校就学前の学習量には個人差があるものの、学校で「教えられていない子」が、「できない子」になるのはおかしいですよね。いますでに格差があるとしたら、どう是正して…

2019/12/14

音楽体育|ミニゲームで授業の空気を変える!

ちょっとしたゲームを取り入れれば、ダレてきた授業の雰囲気を一気に払拭できます! 音楽と体育の授業で使える楽しいミニゲームの紹介です。

小学5年6年「道徳科の授業レポート」スペシャル授業動画【教育技術小五小六1月号購入者特典PR】

道徳、5年教材『新聞投書記事「まっすぐな少年は大リーグに」』の授業実践と、6年教材『日本一短い「家族」への手紙』の授業実践の動画です。導入から終末までの授業の組…

小六算数 「つまり」や「だったら」が生まれる授業
小六算数 「つまり」や「だったら」が生まれる授業とは

凄腕実践者・前田正秀先生が、「子供自身のリフレクション」により深い学びが生まれる条件について考察。さらに、算数の授業実践例の中で、実際に機能させるための様々な工…

2019/12/12

小学6年算数『量の単位(2)』教科指導のヒントとアイデア

量の単位について、1㎡と1㎤の実際の大きさを見せるなどの実感を伴った活動を導入として、単に暗記するのではなく、それぞれの接頭語は十進法を基につくられていることや…

2019/12/11

小学6年算数『量の単位(1)』教科指導のヒントとアイデア

「1か月に使う水の量」を表す単位であるkLの読み方を予想する活動を通して、これまでに学習した量の単位の仕組みを統合的に捉え、基本単位前につく「k(キロ)」などの…

2019/12/10

外国語アクティビティで使える「15分でできる英語ゲーム」2種

小学校五年生の外国語アクティビティのアイディア。ここでは、繰り返し英語表現を使えるように、身近な食べ物や形を用いたり、コミュニケーションを楽しめるようにすごろく…

【小六国語】リフレクションを促す6ステップとそれを学びのルーティンにする工夫
小学6年国語『海の命』生徒の深い学びを促す工夫と仕掛け

凄腕実践者・松山康成先生が、「子供自身のリフレクション」により深い学びが生まれる条件について考察。さらに、6年国語『海の命』の授業実践例の中で、実際に機能させる…

2019/12/9

4年体育 キャッチソフトバレーボール

四年生の体育でのネット型ゲームの紹介です。ネット型ゲームは、ネットで区切られたコートの中で攻防を組み立て、得点を競い合う楽しさや喜びを味わうことのできる運動です…

2019/12/8

1年体育(鬼遊び)にげろ! おいかけろ!! わくわく どきどき おにあそび

小学1年生の体育での鬼遊びを紹介します。鬼遊びは、一定の区域で逃げたり追いかけたり、相手の陣地を取り合ったりしながら勝敗を競い合うゲームです。区域や用具などを工…

2019/12/7

もっと見る