• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

【構造的板書】国語「動物の体と気候」「なまえつけてよ」

2019/5/23

スッキリした分かりやすい構成で、子どもたちに伝わりやすい板書の書き方を指南する本シリーズ。 構造的板書を長年研究している樋口綾香先生(大阪府公立小学校教諭)に、チョークとふきだしの効果的な使い方を教えていただきました。

樋口綾香先生
樋口綾香先生 撮影/水本克美(桑島写真スタジオ)

国語スキル1:色チョークを使い分ける

色チョークとは、基本の白色チョーク以外のチョークのことを指します。白色チョークだけでも板書はできます。それなのに、色チョークを使うのはなぜなのでしょうか。色チョークにはよさがあるからです。

まず第一に、大事なことが一目で分かることです。黒板に文字や資料などの情報があふれていると、内容を理解しづらい子もいます。色チョークを使うことで、その都度大切なことを言葉だけでなく視覚的にも確認でき、さらに一時間の学習が終わったときに、重要なところが目に飛び込んでくる板書にできます。
第二に、子供の発言による学習の深まりやみんなで押さえておきたい言葉に価値づけができることです。「○色チョークは深まった意見だよ」と伝えておくと、子供たちは学習の深まりを実感してより主体的に学ぼうとします。

「動物の体と気候」の板書例
「動物の体と気候」の板書例
(クリックすると別ウィンドウで大きくなります)

「動物の体と気候」(東京書籍 五年上)

白色のチョークで、題名、筆者、めあてを書きます。めあてにある「問い」や「構成」は、説明文を学習する上で重要な用語になります。そのため、色チョークで

問 い
構 成
 と文字のまわりを囲むようにします。

子供に、「問いを探してみよう」と投げかけると、すぐには見つからないという言葉が返ってきます。この返答も板書すると、
「問いがすぐに見つからないこともあるんだ。そんなときにはこう考えたらいい」
と、子供に考える道筋を与えてあげることができます。その後は、
「題名をヒントにしていいよ」
「話題はどんなことが書かれているかな」
とヒントを与え、ペアで相談したり、全体で意見を出し合いながら協働的に考えさせます。そこから考えた問いは、深まった考えとして色チョークで囲むようにしましょう。

問いを基に筆者の論じ方を調べて、序論・本論・結論に分けさせます。筆者の一番伝えたいことはどこに書いてあるか確認し、説明文が尾括型であることを確認します。

尾 括 型

も色チョークで囲み、全員で意味を押さえます。

国語スキル2:ふきだし

ふきだしは、自分が思ったことを自由に書いたり、登場人物になりきって考えたり、写真や挿絵から読み取れることを書いたりと、いろいろな使い方ができます。ノートに書く際に、文字の量に合わせてふきだしの大きさを変えられることは、書くことが苦手だと思っている子にとってとてもよい機能です。「たくさん書かないといけない」という義務感から解放され、書くことへの抵抗感を少なくして、学習に臨むことができるでしょう。
ふきだしの形を工夫すると、分かりやすい板書にすることができます。

ふきだし画像
使いやすいふきだし

左のふきだしの形は、漫画やアニメでも馴染みがあり、想像しているように見えることから、登場人物の気持ちや子供のつぶやきを書くときにぴったりです。
右のふきだしは、読み取ったことや分かったことを書くときに使いましょう。

「なまえつけてよ」(光村図書 五年上)

「なまえつけてよ」の板書例

「なまえ つけてよ」の板書例(クリックすると別ウィンドウで大きくなります)

この物語文教材には、中心人物である春花の気持ちが大きく揺れ動くところが3箇所あります。

① 牧場のおばさんに、「名前、つけてよ」と頼まれたとき
② 子馬が他の人にもらわれることになり、名前をつけられなくなったとき
③ 勇太に紙で折った小さな馬をもらい、そこに「なまえつけてよ」という字を見つけたとき

①は、初めに春花が、勇太のことをどう思っていたかと比べ、②は③と比べます。
気持ちを比べるときは、まず、ノートにふきだしを使って書かせます。一人一人のふきだしは小さいかもしれませんが、全体で意見を出し合えば、大きなふきだしに春花の気持ちをたくさん書けるようになります。

登場人物になりきったり、本文中から気持ちにつながる叙述を見つけて具体的な気持ちを考えることは子供たちにとって難しいことではありません。しかし、黒板に多くの言葉があふれると、何が大切かぼやけてしまうため、具体的な表現から抽象的な表現に変え、それらを色チョークで書いて、囲みます。


『小五教育技術』2018年5月号より

関連する記事

授業記事一覧

【指導計画】5年体育 表現運動「対決だ!激しい攻防・追いつ追われつ」

表現運動は、自己の心身を解き放し、リズムやイメージの世界に没入して、なりきって踊ることが楽しい運動であり、互いのよさを生かし合って仲間と交流し、踊る楽しさや喜び…

2019/8/18

視写を生かしたシンプルな国語授業で語彙力、文法力を伸ばす

体全体で文の内容を読み、それを書き写しながら意味を理解していくこと。それが視写です。視写にしっかり取り組めば、子どものやる気と集中力が高まったり、先生にとっては…

『ドラえもん』で授業を! 漫画を教材として活用しよう

「漫画は授業の教材として魅力がある」――そう語るのは、漫画を活用した授業実践で注目され、「学年別ドラえもん名作選」の監修者でもある、早稲田大学系属早稲田実業学校…

2019/8/15

【指導計画】5年国語 多様な情報を読み取り、自分の考えを深めよう

本単元では、自然保護のあり方に対して課題意識をもち、意見文にまとめていきます。意見文は、自分の立場を明確にしたあと、その立場から調べたことや考えたことを読み手に…

2019/8/13

くり~ごんぎつねが猟師にとどけたもの
【指導計画】4年国語「ごんぎつね」読んで考えたことを話し合おう

4年生国語「ごんぎつね」の指導計画です。叙述を根拠に話し合うことで、作品に対する理解を深めることができるようにします。また、読後の感想をまとめ、話し合うことで、…

2019/8/11

【指導計画】6年理科「月と太陽」

新・学習指導要領の「主体的・対話的で深い学び」に完全対応。6年生理科「月と太陽」をテーマに、生活経験を本単元で育んだ見方・考え方を働かせて関連付けて考えられるよ…

2019/8/8

【指導計画】4年体育 体つくり運動(多様な動きをつくる運動–移動・力試し・組み合わせ)

「体つくり運動」は、体を動かす楽しさや心地よさを味わいながら、体の基本的な動きを培うことのできる運動です。「体ほぐしの運動」では、誰もが楽しめる手軽な運動を行う…

2019/8/7

「対話的な学び」が深まる学校にするため管理職がすべきこと

ここ十年で間違いなく増えてきた、生徒たちの対話によって学びを深めていく方法。しかし、本当に効果的な対話になっているのか、それとも単なる会話に終わっているのか、指…

【指導計画】3年体育 みんなで Run! Run! Run! ~かけっこ&リレー~(走の運動)

走の運動は、かけっこ・リレー・小型ハードル走で構成されています。本単元では、意欲的に学習に取り組めるような活動の場を用意して、いろいろな競走を経験するようにして…

2019/8/5

【指導計画】1年算数「10より大きいかず」

「10より大きい数」の単元では、10 のまとまりに着目して、20 個より少ないブロックの数え方について考える活動を通して、「10 のまとまりといくつ」に分けて数…

2019/8/3

もっと見る