小1体育「走の運動遊び」指導アイデア

関連タグ

執筆/千葉県公立小学校教諭・伊藤正樹
編集委員/国立教育政策研究所教育課程調査官・塩見英樹、千葉県公立小学校校長・小野史博

小1体育「走の運動遊び」指導のポイント

授業づくりのポイント

「走の運動遊び」は、いろいろなレーンを走る楽しさや、友達と競い合って走る楽しさを味わうことができる運動遊びです。毎時間の学習のはじめには、「かけっこタイム」を行い、「まっすぐ思いきり走る」楽しさを十分に感じられるようにします。そして、易しいルールでの折り返しリレー遊びにつなげていきます。

単元前半は直線のコースで、単元後半はいろいろなコースで競走に挑戦することで、子供たちの意欲がさらに高まります。そして、友達のよい走りを見付けて真似できるようにします。チームで競う学習を初めて行う子供たちも多いため、きまりを守り、誰とでも仲よく運動遊びができるようにすることも大切です。

かけっこタイム

○○にタッチ

「遊具」にタッチして戻ってこよう! ヨーイドン!

○○にタッチ

「緑色のもの」など、色をテーマにするのもおすすめです。目標物までまっすぐに走れた子や、タッチ後に素早く方向転換できた子を紹介するとよいでしょう。

※スタートや方向転換時に、子供同士がぶつからないように声をかけましょう。

じゃんけんおいかけっこ

じゃんけんおいかけっこ

じゃんけんをして、勝った人が追いかけ、負けた人が逃げます。安全地帯まで逃げ切れるか、途中でタッチされるかで勝負します。相手を変えて、繰り返し楽しみます。

単元計画(例)

単元計画(例)

楽しむ① 直線での折り返しリレーを楽しもう

4人から5人のチームをつくって、直線での折り返しリレー遊びを行います。これまでの運動経験に差があるため、分かりやすい場、易しいルールにして、折り返しリレー遊びや勝敗を楽しめるようにすることが大切です。

対戦相手に勝つために、友達のよい走り方を伝えたり走る順番を話し合ったりする時間を設けることもよいでしょう。そして、きまりを守ることや折り返しリレー遊びの行い方を知るようにしましょう。

直線での折り返しリレー

各コースごとにラインで囲むことで子供たちは、まっすぐ走りやすくなります。安全面も考慮した手立てです。

直線での折り返しリレー

折り返しリレーの対戦方法
・1回目の競走を楽しむ。
・走る順番をチームで話し合う。
・同じ相手と2回目の競走を楽しむ。

↓結果

2勝:勝ち、1勝1敗:引き分け、2敗:負け

↓結果

・対戦相手を替えて、同じように競走を楽しむ。
※勝ちチーム同士などで競走できるようにすると、子供たちが盛り上がります。

楽しむ② いろいろなコースで折り返しリレーを楽しもう

まっすぐ思いきり走る楽しさを十分に味わった子供たちが、今度は蛇行やジグザグなど、体を巧みに操作しながら走る楽しさを感じられるように、いろいろなコース(1時間ごとに1つのコースを紹介)での折り返しリレーを行います。

まっすぐ走るときとの動きの違いを伝え合ったり、走り方の工夫を学級全体で共有したりすることが大切です。友達のよい動きを見付ける視点が広がり、さらに充実した学習ができるでしょう。

いろいろなコースでの折り返しリレー

  • 帰りはまっすぐ走るようにします。
  • リレーを行う前には、子供たちがそのコースを試しに走る時間を確保します。

今回は、3つのコース(くねくね・ジグザグ・ぐるりん)を教師から提示します。その時間に使用するコース名を子供と相談しながら決めるようにすると、さらに走る意欲が高まるでしょう。

コーンの置き方(数や間隔)で子供たちの動きが大きく変わってきます。一斉に競走できるように、必要な場を準備しましょう。

いろいろなコースでの折り返しリレー

※対戦表を作り、勝ち、引き分け、負けのシールで集計します。

イラスト/たなかあさこ、横井智美

『教育技術 小一小二』2020年6月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
関連タグ

授業の工夫の記事一覧

雑誌最新号