小5体育「ボール運動(ベースボール型)」指導アイデア

関連タグ

執筆/滋賀県公立小学校教諭・岡山駿
編集委員/国立教育政策研究所教育課程調査官・塩見英樹、滋賀県公立小学校教頭・内藤康司

小5体育「ボール運動(ベースボール型)」指導のポイント

授業づくりのポイント

「ベースボール型」の学習は攻守を繰り返す中で、チームで得点を競い合うところに運動のおもしろさがあります。

そこで、本単元は守備側の「素早い判断」を学習内容として、守備者の送球と走者のどちらが早く塁上に到達するのかを楽しみ、鬼ごっこ感覚で学習を進めるようにしています。

単元前半では打球の位置から「どこでアウトを取るのか」を守備側が素早く判断することを学び、単元後半では「どのように役割分担してアウトを取るのか」をチームで判断し、走者より早く塁上に送球することを学んでいくようにしています。

単元計画(例)

単元計画(例)

前半は、どこでアウトを取るか、後半はどのように役割分担をしてアウトを取るかを楽しもう

楽しむ① どこでアウトを取ると得点を防げるかを楽しもう

〈楽しむ①〉では、「いろいろキャッチボール」でボールを捕球する動きを高めます。フライやゴロなどいろいろな軌道のボールを捕球できるようにしましょう。

また、「ホームランゲーム」では、ティーに置かれたボールを打ち、遠くに飛ばすための体の使い方を学んでいけるようにしていきましょう。そして、「先回り集まりっこベースボール」では、守備側が打球と走者を見て、「どの塁でアウトを取ると得点を防げるか」を素早く判断することを楽しめるように工夫しています。

道具を操作する動きを高めよう

いろいろキャッチボール

いろいろキャッチボール

ボールは正面で両手で捕球しよう。打球の方向に体を向けよう。

ホームランゲーム

ホームランゲーム

1.2.3のリズムで。ボールをよく見て最後まで振り抜こう。

メインゲーム① 

先回り集まりっこベースボール

先回り集まりっこベースボール

走者の動きを見て、チームで声を出し合えると動きが素早くなるね。

ルール

・コートは塁間12~15m。
・ボールは、ティーボール用の直径11~12cm、ゴム製ボールを使用。バットはウレタンかプラスチック製のものを使用。
・4~5人1組でチームを構成。
・攻防を2回繰り返したら試合終了。合計獲得点数の多いチームの勝利。
【攻撃側】
・打者は、ホームベースの前に置かれたティーにボールを設置し、「打つよ」という合図をしてからバットで打つ。
・打ち終われば安全のために、バット置き場にバットを入れてから走る。
・得点は、1塁までいけたら1点、2塁が2点、3塁が3点、ホームベースが4点。残塁はなし。
・チーム全員が攻撃したら攻守交代。
【守備側】
・2塁後方にチーム全員が立ち、打つと同時に飛球方向に走り出す。
・捕球後、走者よりも先回りし、塁横に置かれたアウトゾーンにボールを持って走る。そこに全員が集まって「アウト」とコールして座れば、相手チームの進塁を阻止し、得点を防ぐことができる。

楽しむ② どのように役割分担をして得点を防ぐかを楽しもう

〈楽しむ①〉で身に付けたボール操作の技能や、「どこでアウトを取ると得点を防げるか」の素早い判断をもとに、「先回り集まりっこベースボール」のルールを一部変更し、チームで役割分担をしてアウトを取ることを楽しみます。

特に、打球や走者をよく見て、自分の役割(捕球・送球、中継・集まってアウトコール・さらに先回り)を素早く判断して、「かかわり思考ツール」を使ってチームで声をかけ合い、得点を防ぐようにしていきましょう。

メインゲーム②

「先回り役割ベースボール」

メインゲーム②「先回り役割ベースボール」

ボールや走者をよく見て自分の役割を判断し、素早く動けているね。

ルール

・基本の場や道具、ルールは「先回り集まりっこベースボール」と同じ。
【変更・追加点】【守備側】
・走者よりも先回りした塁横のアウトゾーンにボールと2人が入って「アウト」と叫んだらアウト。
・内野(塁間を直線で結んだ内側と線上)はボールを保持したまま移動できるが、外野(塁間を直線で結んだ外側)ではボールを保持した状態で移動できないので、ボールをアウトゾーンに運ぶためには送球・捕球が必要になる。

かかわり思考ツール

「役割分担ワード」
1:ボールを捕球して送球
2:中継
3:集まってアウトコール
4:さらに、先回り

打球や走者の動きを見て、チームのメンバーが自分の役割を素早く判断し、チームの仲間に端的に伝えられるように「役割分担ワード」を使って番号を叫ぶようにしましょう。

また、チームの仲間に指示する場合は「○○さん、1行って」などと活用することもできます。

※バットやボールの操作など、安全には十分注意しましょう。コートの広さや道具は子どもの実態に応じて変更していきましょう。また、待機ゾーンは打者から離れた位置に設け、待機ゾーンで待っている子どもには打者が打った後に出るように指導しましょう。

イラスト/たなかあさこ、横井智美

『教育技術 小五小六』2020年4/5月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
関連タグ

授業改善の記事一覧

雑誌最新号