小4国語「ヤドカリとイソギンチャク」指導アイデア

関連タグ

教材名:「ヤドカリとイソギンチャク」(東京書籍 四年上)

指導事項:〔知識・技能〕(1)カ(2)ア 〔思考力、判断力、表現力等〕C(1)ア、オ 
言語活動:ア

執筆/香川大学教育学部附属坂出小学校教諭・片岡亜貴子
編集委員/文部科学省教科調査官・菊池英慈、香川県公立小学校校長・川井文代

小4国語「ヤドカリとイソギンチャク」指導アイデアのイメージイラスト
イラストAC

単元で付けたい資質・能力

①身に付けたい資質・能力

本単元では、段落相互の関係について考えながら、意味段落(文章の内容面でのまとまり)を捉え、文章を読んで理解したことについて、自分の考えをもつことがねらいです。

筆者の考えがどのような事例で具体化して説明されているかだけでなく、考えが伝わる事例の挙げ方として、

  1. 実験や観察などの事例を挙げること
  2. その内容は考えとつながりがあり、考えの根拠となったり具体化したりしていること
  3. それを言葉で表記すること

などを学び、自分の表現に生かしたり、構造的な読みができたりすることをねらっています。

②言語活動とその特徴

筆者の考え「ヤドカリとイソギンチャクは、たがいに助け合って生きているのです」を説得力のあるものにするために、筆者はどのような説明をしているのかを考えて、筆者の説明のしかたの工夫について話し合う言語活動を設定します。

取り上げる事例の内容、実験、観察などの説明が考えを伝えるのに有効かどうかを検討していきます。その過程で考えが分かり、筆者の考えやその伝え方に対しての考えがもてるようになります。

単元の展開(10時間扱い)

主な学習活動

第一次(1時)

①これまで学習した説明文を思い出し、考えを説明するための文章構成や例の挙げ方をまとめる。
→アイデア1 主体的な学び
学習課題を設定し、学習計画を立てる。

第二次(2~9時)

②~⑧「中」の部分について、筆者が取り上げた事例とその順序について考える。
→アイデア2 対話的な学び

⑨それぞれのまとまり(事例)の書きぶりを比較し、まとまり三の書き方について考える。
→アイデア3 深い学び

第三次(10時)

⑩筆者の説明のしかた(書き方のよさ、よりよい文章にするための工夫など)について、自分の考えをまとめる。

アイデア1 既習事項を基に、考えを説明するための文章構成や例の挙げ方をまとめる

主体的な学び

子供たちはこれまでの学習で、説明文は「はじめ」「中」「終わり」に分かれていて、「はじめ」の部分は話題提起や筆者の考え、「終わり」の部分は文章のまとめや筆者の考え、「中」の部分では考えについて詳しく述べられていることを学んでいます。

本単元では、【筆者の考えを説得力のあるものにするためには、「中」でどのような説明をすればよいのか】を学習課題として設定します。

▼文章量のバランス

文章量のバランスを図で示したもの

▼既習の説明文での学び

『自然のかくし絵』(三年上)
・一つ一つの段落の内容から全体を捉える
・「はじめ」「中」「終わり」の文章構成
・問いと答え
・事例の挙げ方・・・複数の事例を示してそれらを比較することで、より説得力が増す

『「ほけんだより」を読みくらべよう』(三年上)
・同じ内容でも、書き手が何を一番伝えたいかによって、取り上げる事例や説明のしかたは違う

『パラリンピックが目指すもの』(三年下)
・要約するためには、文章中の大事な言葉や文を見付けてまとめることが大切

アイデア2 筆者の事例の取り上げ方について交流する

対話的な学び

まず、筆者の考え「ヤドカリとイソギンチャクはたがいに助け合っている」ことを説明するために、「中」ではどんなことを説明すればよいのか予想させます。子供たちは、「ヤドカリが助けられていること」と「イソギンチャクが助けられていること」の両方の説明が必要だと考えるでしょう。

それを確かめるために、「中」の部分を見ていくと、次の三つのまとまりに分かれていることに気付きます。

まとまり二は、みんなの予想と違っていたね。まとまり二はなくても、「助け合っている」ことは説明できているのに、どうして筆者はまとまり一の後に二の観察を取り上げたのかな? 【新たな課題】

まとまり一を読むと、読んでいる人は、どうしてヤドカリだけイソギンチャクに刺されないのか、不思議に思うよ。

読む人の疑問を解決するためには、ヤドカリがイソギンチャクに刺されない理由を説明したほうがいいよね。【事例の取り上げ方】

筆者は、読んでいる人の気持ちに合わせて、まとまり一の後にまとまり二のことを説明したんだね。【事例を取り上げる順序】

はじめの予想とのズレから生まれた新たな課題について話し合うなかで、子供たちは、筆者の考えを説得力のあるものにするためには、ただ「互いに助け合う」という言葉だけを説明するのではなく、読み手の意識に沿った内容を取り上げて、多面的に説明する必要があることに気付いていきます。

▼魚の図

魚の図

魚の図を活用しながら、

  1. 「中」の各まとまりが「はじめ」や「終わり」とつながっているか
  2. 「中」のまとまりどうしのつながりや順序は、このままでよいのか変えたほうがよいのか

などを考えさせることもできます。そして、「中」での説明のポイントもまとめておきましょう。

「中」での詳しい説明のポイント
・実験や観察などを行ったら、それを書く。
・読み手が知りたいこと、疑問に思うことを説明する。
・いくつかの面や観点から説明する。

アイデア3 筆者の書きぶり(表現)について考える

深い学び

三つのまとまりの書きぶりを比較すると、まとまり一と二では、それぞれ問いの後の段落で「次のような実験をしました」「水そうで観察しました」と明記されているのに対して、まとまり三ではそれが書かれていないことに気付きます。

書くほうが説得力が増すことを確認します。また、まとまり三は実験か観察かを考えて、よりよい説明にするためにはどのように書けばよいのか考えさせます。

筆者の書きぶりに着目することで、図や挿絵の効果、問いと答えの対応関係などにも気付いて、自分の文章に生かすことができるでしょう。

▼まとまり三を書き直す際のポイント

実験としたら
・「実験をしました」と明記する。
・変えた条件(ヤドカリに付いている・いない)とその結果をはっきり書く。
・実験ごとに段落を変える。

観察としたら
・「観察しました」と明記する。
・時系列で書く。

イラスト/横井智美

『教育技術 小三小四』2020年4/5月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
関連タグ

授業改善の記事一覧

雑誌最新号