小4道徳「スーパーモンスターカード」指導アイデア

関連タグ

執筆/北海道公立小学校教諭・石丸里沙
監修/北海道公立小学校校長・荒井亮子、文部科学省教科調査官・浅見哲也

小4道徳「スーパーモンスターカード」指導アイデアのイメージイラスト
イラストAC

授業づくりで大切にした3つのこと

四年生の児童たちは、成長とともに判断力が高まっているものの、正しいと分かっていても実行できなかったり、よくないことと知りながらも周囲に流されたりしてしまうことも少なくありません。

今回の授業は、そんな人間のもつ弱さを踏まえたうえで、正しいことを行う勇気について一人ひとりが考えを深めていけるように、三つの視点を大切にしながら授業づくりをしました。

①「ぼく」の心情に意識を向けさせる

教科書教材「スーパーモンスターカード」(光村図書出版)は、友人の万引きを止める「ぼく」の姿を通して善悪の判断や自律について考える教材です。教材の冒頭部分で、友人は万引きをほのめかしますが、ここで「ぼく」は注意することを躊躇してしまいます。

万引きを止めるという状況ではないにせよ、「ぼく」と同じように友人に注意することを躊躇したという経験をもつ児童も少なくありません(資料1・事前アンケート)。

▼資料1 事前アンケート

資料1 事前アンケート
クリックするとPDFがダウンロードできます

そこで、自分の経験と重ねてこの時の「ぼく」の心の中に意識を向けて考えることができるように、心情メーターを活用しました。心情メーター(資料2)は、メーターを動かすことにより、「万引きを止めなければ」「まあ、いいか」という二つの気持ちの度合いを表します。

メーターを使用することで、「万引きを止めなければ」という気持ちが高まっていく様子や、正しくないと分かってはいたものの、すぐに止めることができなかった弱さなどを視覚的に表現することができます。

▼資料2 心情メーター

資料2 心情メーター
クリックするとPDFがダウンロードできます

※授業では2枚の円形の紙に切り込みを入れて動かせるようにした心情メーターを使っていますが、ダウンロード資料は色をぬるようにしています。

②対話を通して自分と向き合う

「ぼく」に寄り添って、なぜ万引きをほのめかしていた友人を止められなかったのか考えることは、自分の生活をふり返る機会にもなります。

「ぼく」の心情を想像し、心の弱さを互いに発表し合うことは、自分の弱さを認め、その弱さに向き合う態度を育てることにもつながります。発表の根拠である児童の経験を意識して引き出し、自分の生活と関連を感じられるようにしました。

③よりよい生き方について考えを深める

弱さについて共感が広がった後は、迷っても正しいことをするためには何が大切かについてさらに話し合います。大切にしたいのは、「自分だったら」といった視点で学習をふり返る時間です。

自分に自信があり、考えたことや思ったことをすぐに行動に移せる子、一人では難しくても誰かと一緒なら勇気が出せる子、考える時間があれば正しい行動ができる子などさまざまな児童がいます。

自分だったらどう行動するのか、どういう思いを大切にするのかといった選択肢を増やしてほしいと願っています。

実際の授業展開

タイトル
「スーパーモンスターカード」 ~正しいことを行う勇気~

指導目標
もっと早く止めればよかったと後悔する「ぼく」の姿を通して、正しいと判断したことを自信をもって行おうとする実践意欲と態度を育てる。

内容項目
A 善悪の判断、自律、自由と責任

準備するもの
・ワークシート(児童配付用)  
・場面絵①②③(板書用)
・心情メーター(板書用・児童用)

ワークシートと資料のダウンロードはこちらからできます
小四道徳学習プリント「スーパーモンスターカード」

指導の概略(板書計画例)

指導の概略(板書計画例)

導入

①間違っていると分かっていても、見過ごしてしまった経験がなかったかを問う。(事前アンケートを活用)

  • 出てきたエピソードは板書しておく。

展開1

②教材を範読する。

  • 範読をする前に、場面絵を示し、「ぼく」の立場で範読を聞くように伝えておく。

③内容を把握する。

  • 「ぼく」が正しいと思ったことを行動に移そうとする気持ちの強さを、心情メーターを用いながら想像する。

展開2

④中心発問「帰り道ぼくはどんなことを考えているのか」

  • 万引きを止めることができたのに、「ぼく」の表情がくもっていることに注目させ、「もっと早く」という後悔の気持ちについて深く考える。

⑤自分の考えをワークシートに書き、交流する。

  • ワークシートが書けた児童から、黒板に自分のネームプレートを貼り、自分とは違うところにネームプレートを貼っている児童と考えを交流する。
  • 全体交流の際には、注意することを躊躇してしまったという「後悔」する気持ちに焦点化し、どうして止めることができなかったのかを考えさせる。

展開3

⑥正しいことを自信をもって行うために大切なことは何かを考える。

  • 導入で聞き出していた経験を、ふり返りながら考える。

終末

⑦学びをふり返る

  • 今までの自分をふり返ったり、これからの自分について考えたりしながら、学びのふり返りをワークシートに書く。

ここがアクティブ!授業展開の補足説明

授業では、児童一人ひとりがどのような考えをもっているのか明確になるように、黒板にネームプレートを貼りました。教師は、机間指導の際に、ワークシートに書かれていることから児童がどのような考えをもっているのかを把握し、キーワードを板書していきます。

そして、児童は、自分の考えを表しているキーワードのところにネームプレートを貼り、その後、立ち歩いて自分とは違うキーワードにネームプレートを貼っている友達と考えの交流を進めます。

自分と違う考えの友達と対話をするきっかけとなります。全体交流の際には、どのキーワードの考えから話し合っていくかが重要となります。

この授業では、友人に注意をしなかったことを後悔する気持ちに焦点を当て、授業の展開後段へとつなげたかったため、先にその他の考えについて取り上げ、最後に後悔する気持ちについて話し合いました。

話合いを進めるうちに自然と他のキーワードの考えともつながっていきます。さらに、なぜそのように考えたのか理由を聞いたり、問い返したりしていくことでさまざまな視点から多面的・多角的に考えを深めていくことができます。

授業をするうえでの注意点・ポイント解説

教材の中で取り上げられている万引きをするという行為は、議論の余地もなく間違った行動であると児童は判断することができるでしょう。

しかし、学習を進める中で、万引きを注意されて落ち込む友人の姿をかわいそうに思い、「サッカーでもして忘れよう!」と声をかけて話を逸らすとよいと発言をする児童がいることも予想されます。

そういった発言があった際には、「友人はまた同じことをしないかな?」と問い返して、 友人のことを思ったら何を伝えるべきかを考えることで、言うべきことはしっかりと伝え る大切さに気付かせたいところです。

伝える方法にもいろいろあります。この授業では時間を設けることができませんでしたが、「ぼく」役と「友人」役を決めて友人になんと声をかけるか役割演技をしてみることもできます。

役割演技をすることで、このような時にどのような態度をとればよいのかさまざまな立場から考えたり話し合ったりすることができます。正しいことを伝える際に、相手の気持ちを考えてから伝えることの大切さに気付くための手立てとなるでしょう。

教科調査官からアドバイス

文部科学省初等中等教育局教育課程課教科調査官・浅見哲也

「勇気」という言葉を聞いただけで「希望と勇気、努力と強い意志」という内容項目を捉えがちですが、「勇気」はさまざまな道徳的価値を実現するときに必要な心の働きであり、この授業では、中学年の「善悪の判断、自律、自由と責任」つまり、正しいと判断したことは、自信をもって行うことについて、児童が正しいことへ一歩踏み出せるように、「勇気」を捉えて授業を展開しています。

そのためにも石丸先生は、心情メーターという教具を工夫して、正しいと分かっていてもなかなか踏み出せない人間の弱さは誰にでもあるということを受け止め、また、そのままにすることの後悔を味わわせ、勇気を出して正しいことを行おうとする実践意欲や態度を育てようとしています。

この授業の指導方法の工夫として紹介されていた役割演技で、勇気を出して伝える疑似体験をするのも、実践意欲や態度を育てる授業では効果的と言えるでしょう。

『教育技術 小三小四』2020年4/5月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
関連タグ

授業の工夫の記事一覧

雑誌最新号