小4国語「ウナギのなぞを追って」指導アイデア

関連タグ

教材名:「ウナギのなぞを追って」(光村図書 四年下)

指導事項:読むこと(3)エ・オ 伝国 イ(ア)
言語活動:エ

執筆/京都府公立小学校教諭・深田知子
編集委員/文部科学省教科調査官・菊池英慈、京都府公立小学校校長・藤本鈴香

小4国語「ウナギのなぞを追って」指導アイデアのイメージ画像
イラストAC

単元で付けたい資質・能力

①身に付けたい資質・能力

本単元では、目的や必要に応じて文章を要約する力の育成を図ります。このとき、文章の中心となる大事な事柄や、読み手がそのような考えや感想をもつようになった理由、事例として挙げられている事実などに注意しながら読むことを大切にする必要があります。

また、一人ひとりの文章から考えたことや感想に違いがあることから、要約文にも違いが出てきます。そこで、互いの要約文を基に感想を交流することで、一人ひとりの感じ方に違いがあることに気付くことができるようにします。

②言語活動とその特徴

要約は、その目的や必要に応じて元の文章のどの部分を,どの程度取り上げるかが変わってきます。要約する目的を明確にして、分量、元の文章の構成や表現の生かし方などを考え、要点や細かいところに注意しながら要約する経験を重ねていくことが大切です。

本単元では、筆者とともに生き物のなぞに迫る本を読み、興味をもったところや感心したところを見付け、「生き物のふしぎのとびら」に、自分が興味をもったことや感心したことを中心に要約した文章を書いて紹介する言語活動を設定しました。

単元の展開(9時間扱い)

主な学習活動

第一次(1時)

①科学読み物を読んで「ふしぎのとびら」で紹介するという学習課題を設定し、学習計画を立てる。
→アイデア1 主体的な学び

【学習課題】きょうみをもったところや感心したところを中心に、文章を要約して「ふしぎのとびら」でしょうかいしよう

第二次(2~8時)

②「うなぎのなぞを追って」を読んで事柄を整理し、興味をもったところを話し合って文章を読む観点を見付ける。

③興味をもったところを中心に、要約に必要な言葉や文を見付ける。
→アイデア2 対話的な学び

④見付けた要約に必要な言葉を使って、興味をもったことを中心に要約する。
→アイデア3 深い学び

⑤「ウナギのなぞを追って」の要約文を読み合って、考えを交流する。

⑥「ふしぎのとびら」にまとめるために、自分が選んだ本を読み、興味をもったところを中心として、要約するうえで必要な言葉や文を見付ける。

⑦「ふしぎのとびら」にまとめるために、自分で選んだ本を、興味をもったところを中心に要約する。

⑧要約したことを基に、自分の考えを書き足して「ふしぎのとびら」にまとめる。

第三次(9時)

⑨「ふしぎのとびら」で科学読み物を紹介し合い、お互いの感じ方の違いに気付く。

アイデア1 課題意識を明確にして、単元に入ろう

主体的な学び

単元の導入で子供たちに捉えてほしい課題意識として次の二点があります。

①生き物の不思議に興味をもつ
②文章を読んで要約文を書けるようになる

「要約する」ということに抵抗感を感じ、難しく思う子供も少なくありません。そこで、単元の導入では「ウナギ」をはじめとする生き物の不思議や、不思議について書かれた本について紹介し、子供たちの興味を喚起する工夫が必要です。

「ウナギ」をはじめとする生き物の不思議や、不思議について書かれた本について紹介し、子供たちの興味を喚起する工夫が必要です。

そのうえで、言語活動のモデルを示し、「生き物の不思議について、自分も調べて紹介してみたい」と思えるようにしましょう。「生き物の不思議Q&A」のようにして要約を生かし、紹介する方法も考えられます。

ペンギンは、飛べないのにどうして「鳥」?
ダチョウも、飛べないけど「鳥」だね。どうしてかな。

▼ふしぎのとびらのモデル例

ふしぎのとびらのモデル例
クリックすると別ウィンドウで開きます

アイデア2 似た興味の友達と協力しながら必要な言葉を見付けよう

対話的な学び

まず、自分の興味の中心をはっきりさせます。この興味をもったところを紹介するために要約するからです。初発の感想を基に、自分の興味の中心を決めていきましょう。

そして、要約文を書くために、自分の興味の中心に沿って、必要な言葉や文を選んでいきます。このとき、同じようなところに興味をもった子供とチームを組み、どこが必要か相談しながら言葉を選んでいきます。

どの言葉や文が必要かをグループで話し合い、協力して見付けていくことで、要約に対し抵抗を感じていた子供も、自分の興味につながる言葉や文を見付けていくことができます。

その後、グループで線を引いたところから自分に必要な部分を選び、付箋に書き出します。この付箋に言葉を付け足したり並べ替えたりして構成を考えていきます。

▼教材文全文を掲載したワークシート例

教材文全文を掲載したワークシート例
クリックすると別ウィンドウで開きます

アイデア3 興味や関心が違っている友達に聞いてもらって、伝わるか確かめよう

深い学び

付箋に書き出したものを、接続詞などを使ってつないでいくと要約文にすることができます。その前に、違う興味をもった視点で要約するグループの人に、自分の選んだ大事な言葉や文を話すことで、興味の中心が伝わるかを確かめます。

そうすることで、自分が選んだ言葉や文で、興味をもった中心を伝える要約文を書くことができるかを、確かめることをねらいます。違う視点で興味や関心をもっている友達だからこそ、選んでいる言葉の妥当性を客観的に判断した評価が期待できます。

僕は「長い時間をかけて研究した、研究者の苦労」に興味をもったよ。この要約文で伝わるかな

「長い時間をかけて」だから、時間が分かるようにしているんだね。

一人ひとりの興味の中心をカードなどに書いて掲示しておき、誰が・どのような興味をもっているのか確かめられるようにしておきましょう。そうすることで、自分とは違う立場の友達を選んで交流することができます。

「ウナギのなぞを追って」で、自分の興味の中心に沿って要約した経験を生かし、自分で選んだ生き物の不思議について書かれた本を要約して、「ふしぎのとびら」にまとめていきます。

文章を要約する経験を重ねていくことで、自分にとって必要な言葉や文を選んで要約する力を育てていくことにつながります。

【関連記事】 小四「国語」授業の指導案の記事一覧はこちら!

イラスト/佐藤道子 横井智美

『教育技術 小三小四』2020年1月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
関連タグ

授業の工夫の記事一覧

雑誌最新号