小1国語「ものの 名まえ」指導アイデア

関連タグ

教材名:「ものの 名まえ」(光村図書 一年下)

指導事項:Aオ 伝国(1)イ(ア)(ウ)
言語活動:言葉集め・分類

執筆/東京都公立小学校主任教諭・岡﨑智子
編集委員/文部科学省教科調査官・菊池英慈、東京都公立小学校校長・河村祐好

小1国語「ものの 名まえ」指導アイデアのイメージイラスト

単元で付けたい資質・能力

①身に付けたい資質・能力

言葉には、意味によるまとまりがあることや、上位語と下位語の関係を理解して使う力を身に付けます。

②言語活動とその特徴

「ことばカードゲーム」では、子どもに語句のまとまりを意識させます。神経衰弱のように同じ仲間の言葉が出たら、カードをもらう遊びです。「ことばのおみせやさん」では、上位語と下位語の概念理解を確かにします。

商品の「ことばカード」づくりの際に、お店(上位語)に合った言葉(下位語)を探したり、買った「ことばカード」を種類ごとに分類して紹介したりと、何度も言葉と向き合って操作する機会を設けることが大切です。

単元終末には、「おみせやさんごっこ」で増えた「ことばカード」を使って遊んだり、新たな遊び方を考えたり、また、別の機会に違う種類(動き・気持ち等)のカードを増やすなど、帯単元としても展開できます。

単元の展開(6時間扱い)

主な学習活動

1時

①「ことばカードゲーム」で遊ぶ。

②「ものの 名まえ」を読み、言葉の上位語と下位語の概念を理解する。

2時

③「名まえの ことばを あつめよう」という学習課題を設定する。

④ 言葉を集めてどうするか、そのために何をしたらよいか話し合い、学習計画を立てる。
→アイデア1 主体的な学び

3時

⑤自分の店に合った言葉を集め、カードに書く。
→アイデア2 対話的な学び

4時
⑥「ことばの おみせやさん」をする。

5時
⑦買った「ことばカード」を仲間分けし、買った言葉を紹介し合う。
→アイデア3 深い学び

⑧「ものの 名まえ」を読み、学習したことを振り返る。

⑨「ことばカードゲーム」で遊ぶ。(子どもとともに新たな遊び方を考えるとよい)

アイデア1 子どもとともに学習課題を設定し、学習計画を立てる

主体的な学び

「ことばカードゲーム」をしたり「ものの 名まえ」を読んだりして気付いたことを出し合い、学習課題を設定した後、やりたいことや必要なことを出し合いながら学習計画を立てていきます。

やりたいことや必要なことを出し合いながら学習計画を立てていきます。

キウイもぶどうもいちごも果物の仲間だよね!
虫や乗り物みいに、違う仲間もあるよね。

まだまだ、ほかにもありそうだよ。探してみたいな。

【学習課題】
「名まえの ことばを あつめよう」

言葉を集めるのに本を見たらいいんじゃない。友達にも聞いてみたいな。

教科書みたいにお店屋さんをしてみたいな。

まずは、売るものを集めなくっちゃね。

学習計画を考える際、教師は、子どもに問い返したり順番を確認したりしながら、発言を整理する役割を担います。

アイデア2 お店グループの友達と一緒に言葉を集める

対話的な学び

言葉を集める際には、数人のグループで相談できるようにします。魚屋・果物屋・乗り物屋・動物屋……のように上位語を店の名前にし、二~四人のお店グループをつくるとよいでしょう。

集める方法を相談したり、お店(上位語)に合った言葉(下位語)を集めることができているか確認し合ったりしながら言葉を集めるようにします。

集める方法を相談したり、お店(上位語)に合った言葉(下位語)を集めることができているか確認し合ったりしながら言葉を集めるようにします。やり取りの中で新たな言葉との出合いも期待できます。

ほかに果物ないかなあ。

この前、きんかんを食べたよ。オレンジより小さくて、ちょっと酢っぱいの。喉にいいってお母さんが言ってたよ。

言葉は、体験やエピソードとともに記憶されます。子どもが新たな言葉と出合う場面では、教師も感心しながら聞き、「どんなもの」「いつ食べた」等のエピソードを引き出すようにします。

▼果物やグループのやり取り

りんごと一緒のページにあるけれど、トマトは、果物じゃないよねえ。

トマトは、野菜の仲間だから、ぼくたちのお店の言葉じゃないよ。

カードの枚数を増やすことに夢中になり、上位語と下位語が結び付いていない言葉を集め続けてしまうことがあります。途中で一度立ち止まり、集めた言葉を確かめる機会を設けるとよいでしょう。

自分のお店に合った「ことばカード」になっているか、グループの友達と確かめてみましょう。

▼振り返り

きんかんを初めて知ったよ。今度食べてみたいなぁ。
〇〇さんに相談したら、迷っていたことが解決して、うれしかったよ。

子どもは、友達とのやり取りの中で、間違いに気付いたり教えてあげたりすることができるようになってきています。

教師がすぐに間違いを指摘したり教えてしまったりすると、「先生に正解を聞けばいいや」と考えてしまい、友達同士の対話が生まれません。

まずは、子どものやり取りに耳を傾けてみることが大切です。

アイデア3 自分が買った「ことばカード」を分類する

「ことばの おみせやさん」ごっこが終わったら、お店で買った「ことばカード」を分類します。同じ仲間は線で囲み、名前を書くようにします。はじめは店ごとに仲間分けしていきますが、次第にいくつかの店の「ことばカード」をまとめて線で囲む子どもが現れてきます。

その子どもの分け方を全体で共有し、まとめた仲間の名前を考えることで、「食べ物」や「生き物」等、さらに上位の言葉でまとめられることに気付きます。

▼〇〇さんがつくった分類表

「ことばカード」分類した表
クリックすると別ウィンドウで開きます

〇〇さんがつくったこのグループの名前は何かな。

果物とお菓子は全部食べる物だから食べ物グループにしたんじゃないかな。

じゃあ、魚と虫と動物は、全部生きているから生き物グループかなあ。

自分で分類をすることで、語句のまとまりをより意識することができます。個々の作業を大切にするようにしましょう。名前を付けることで、上位語と下位語の関係も意識できます。

さらに大きなまとまりが、何のまとまりかを考えることで、言葉の仕組みへの理解が深まります。

りんごとなしと、みかんときんかんは、果物グループだね。
発見! 果物グループと野菜グループと魚グループは、みんな食べ物だ。

言葉遊びをする子どもが現れたら、次の活動につなげます。言葉遊びは、語彙を豊かにするために大変有効です。

▼振り返り

ことばカードを使って、「しりとり」や「だじゃれ」ができそう。
言葉には仲間があることが分かったよ。

イラスト/やひろきよみ 横井智美

『教育技術 小一小二』2020年1月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
関連タグ

授業改善の記事一覧

雑誌最新号