小6国語「漢文を読んでみよう/日本の文字に関心を持とう」指導アイデア

関連タグ

教材名:「漢文を読んでみよう/日本の文字に関心を持とう」 東京書籍

指導事項:伝統的な言語文化と国語の特質に関する事項 ア(ア)、ウ(イ)

執筆/新潟県公立小学校教諭・井上幸信
編集委員/文部科学省教科調査官・菊池英慈、新潟県公立小学校教諭・井上幸信

小6国語「伝統的な言語文化に親しもう」指導アイデアのイメージ画像
イラストAC

単元で付けたい資質・能力

①身に付けたい資質・能力

本単元は「漢文を読んでみよう」「日本の文字に関心を持とう」の二つの小単元を組み合わせて実施するものです。漢文という新しく出合う表現の形式やその読み方等や、私たちが普段使っている文字の由来、言葉の歴史に興味を持つことができることを目指します。

②言語活動とその特徴

本単元は、まず、教科書に示された漢文を読むことを楽しむことから始めます。教科書に示された順ではなく、「温故知新」で漢字だけで表記された文に目を向け、「春暁」で漢詩、漢文に慣れていきます。細かいことにこだわらず、リズムよく楽しく読むことを意識させましょう。

次いで「百聞不如一見」「聞一以知十」「十七条の憲法」を読むことで、中国の書き文字が日本に伝わってきたこと、日本人はそれを日本語で読むための工夫や、日本語を漢字だけで書き表すための様々な工夫をしてきたことを学習します。

そして、その工夫の中で仮名が生まれ、現在の漢字仮名交じり文があることに気付かせていきます。日本語が常に変化、進歩してきていることを学ばせたい単元です。

単元の展開(5時間扱い)

主な学習活動

(1~2時)

①漢文・漢詩を音読したり、大体の意味を知ったりする。
・「温故知新」「春暁」を教材に、漢字から意味を推し量ったり、漢詩独特のリズムを感じながら音読したりする。
②「百聞不如一見」「聞一以知十」の読みと意味を考える。
→アイデア1
・日本のことわざにも、同様のものがあるのはなぜかを考え、漢文訓読について知る。

【学習課題】日本の文字文化について学ぼう。

(3時)

③「十七条の憲法」が、漢字だけで書かれているのはなぜかを考える。
→アイデア2
・かつて日本語には文字文化がなく、渡来した漢字を使って日本語も表記していたことを知る。
・万葉仮名について知る。

(4~5時)

④平仮名、片仮名の由来、変遷について知る。
・教科書を参考に、漢字がくずれて平仮名ができたこと、漢字の部分から片仮名ができたことを知る。
⑤漢字仮名交じり文の良さを確かめる。
→アイデア3
・「子子子子子子、子子子子子子。」を題材に、漢字と仮名とを組み合わせて使うことの便利さを知る。

アイデア1

「百聞不如一見」「聞一以知十」の読みと意味とを考える

一次では、教科書の当該ページは開きません。授業を通して考えたり、知ったりしてほしいことが全て書かれているからです。1時間目は、プリント等を用いて「温故知新」や「春暁」を読んで漢文、漢詩について知ります。

「温故知新」も「春眠暁を覚えず」も、耳にしたことがある子供は多いでしょう。音読をしたり、暗唱にチャレンジしたりして、1時間目を終えます。

2時間目は、まず「百聞不如一見」「聞一以知十」を提示し、どのように読むか、どのような意味かを予想させます。「百聞」「一見」「聞一」「知十」などの文字が、「百聞は一見に如かず」「一を聞いて十を知る」と考えるヒントとなるでしょう。

子供たちは、日本で使われている慣用的な表現と、漢文とがよく似ていることに興味を持つはずです。日本に漢文が伝わってきたとき、当時の日本人は漢字で書かれたことを理解し、日本語として読むための工夫をしたことを伝えます。

音読みも、漢字が伝わってきたときの中国での読み方を元にしているって習ったね。

アイデア2

「十七条の憲法」が漢字のみで書かれているのはなぜかを考える

漢文で書かれた「十七条の憲法」を示し、聖徳太子も漢文を使って言葉を書き記していたことを伝えます。なぜ、日本人が日本の役人のために作った規則が、漢文で書かれているのかを子供たちに問います。

前時の学習や社会科の学習、漢字の音読み・訓読みの既習と関連付けて考えることができれば、漢文が伝わってきた頃の日本には、話し言葉はあったけれど、書き言葉はなかったことを推し量ることができる子供もいるでしょう。

しかし、ここではそれを考え出すことが学習内容ではないので、ある程度子供たちの予想が出たら、当時の日本人が伝来した漢文、漢字を用いて、表記を残す工夫をしたことなども伝えます。その上で、「日本の文字に関心を持とう」につなげ、万葉仮名についても押さえてしまいます。

アイデア3

漢字仮名交じり文の良さを確かめる

4時間目は、前時の万葉仮名の学習を受け、教科書を用いて平仮名、片仮名の成り立ちを学習します。5時間目では、本単元のまとめとして、「漢字仮名交じり文」の良さを確認していきます。

「子子子子子子、子子子子子子。」
(出典『宇治拾遺物語』「小野篁広才の事」)

と黒板に書き、読み方を問います。「子」という字の読み方(こ、し、ね)を確認し、本時までに学んできた漢文の知識を組み合わせれば、「ねこのここねこ、ししのここじし。」という読みに近付ける子が出てくるかもしれません。

ある程度話し合ったところで、読み方を確認します。子供たちからは「読みにくい」「わかりにくい」と言う声が上がるでしょう。そこで、平仮名で「ねこのここねこ、ししのここじし。」と板書します。

子供たちは、「『子』だけよりはわかるけれど、やはりわかりにくい」と反応するはずです。最後に「猫の子 子猫、獅子の子 子獅子。」と板書します。子供たちは、「そのほうが意味がわかりやすい」と反応するでしょう。

その反応を受けて、「なぜ、この書き方が一番わかりやすいのか」を問います。

最終的には、「現代の私たちにとって読みやすいのは、今使っている漢字と仮名」「漢字の読みだけを使った万葉仮名的な書き方より、表意文字としての使い方をしたほうが、意味がわかりやすい」などの意見に落ち着くように支援します。

「現代の漢字仮名交じりの文の書き方は、このような歴史の積み重ねがあって成り立っている」ことを押さえて、単元を終えます。

イラスト/横井智美

『教育技術 小五小六』2019年9月号より

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

授業の工夫の記事一覧

雑誌最新号