YouTubeに学ぶ!新時代の授業術②リピートの効能編【動画】

連載
髙橋朋彦の「トモチャンネル」
関連タグ

千葉県公立小学校教諭

髙橋朋彦

最近Youtubeを見る機会が増えていませんか?それは子供たちも同じです。だからこそ、学校の授業にもYouTubeから学び活かせることがたくさんあります。教育技術本誌でもおなじみのトモ先生こと髙橋朋彦先生が、YouTubeを見る子供たちに合わせた授業術を紹介します。第2回目は「リピート」を授業に活かす工夫についてです!

子供たちはリピート機能に慣れている!

最近のYouTubeに慣れた子供たちは、人が話したことを1回で理解しなくてもよい、という感覚を持っていると実感しています。

「話したことを1回で理解しなくてよい」いう感覚が子供にはある

だって、YouTubeって簡単にリピートできますよね?

簡単に繰り返し見ることができる

私たち大人もですが、「あれ?なんだっけ?」となったときに、シュッ!シュッ!とスライドしますよね。

シュッシュッ!

なので、子供たちもこれ、絶対にやっています!

子供も絶対にやっている!

そのような時代に有効な授業の方法について、今回は2つ共有していきます!

1. 何度も言う

1つ目は、「何度も言う」です。

①何度も言う

私は、最初、この方法に抵抗がありました。

なぜなら、「話は聞くもの」と思っていたからです。

話は「聞く」ものだと思っていたから

でも、話しながら子供の様子をパーっと見わたすと、頭に「はてなマーク」がたくさん付いているのです!

子供の頭にはてなマークが!

このままではいけないと思って、わかるまで具体物を出したり、たとえ話を使ったりして、何度も何度も説明するようにしました。

そうすることで、子供たちも話が理解できるようになったと思います。

「1度の話しでは理解できない」ということを教師が理解して

一度の話では理解できない、ということを教師が理解して、子供の「はてなマーク」を見つけながら話すと、理解につながると思います。

子供の「?」を見つけてあげながら話す

2.「1回しか言いませんよ」と言う

2つ目は、「1回しか言いませんよ」と言う、です。

②「1回しか言いませんよ」と言う

「何度も言う」と言ったばかりですが、やはり1回で理解できることは、とても大事だと思うのです。

先ほど「何度も言う」とは言いましたがw

なぜなら、教室だけでなく、外の世界に出たら1回で理解しなければならない場面がたくさんありますよね。

世間には一度で理解しないといけない場面がたくさん!

なので、1回で理解することはとても大事です!

一度で理解できることは大事!

とは言っても、すでにこの方法を実践されている教師の方々はたくさんいらっしゃると思います。

今まで、私も実践してきましたが、この「1回しか言いませんよ」というのが、これからの時代は今まで以上に大事になってくると思います。

「1回しか言わないよ」は⋯これからの時代はもっと大事!

ですので、それに慣れさせるためにも、教室でやっていきましょう!

大切なのは「聞く雰囲気」になるまでを短縮すること!

私はこのようにしています。

まず最初に、「1回しか言いませんよ」と言います。

まず最初に「1回しか言いませんよ」という

それから、聞く雰囲気になるまで待ちます。

そうすると「聞く」雰囲気に⋯

そして、聞く雰囲気になったら話し始めます。

「聞く」雰囲気になったら話す

大切なのは、

話を聞かせること!

⋯ではなく、

聞く雰囲気になるまでの時間が短くなること!です。

聞く雰囲気になるまでが「短く」なること

でも、最初は「1回しか言いませんよ」と言ってから1分くらいかかってしまいます。

初めは1分くらいかかる

ですが、最初は「はい、今、聞く雰囲気になるまで1分かかりました!」と言って、次に「では2回目、いきます。はい、1回しか言いませんよ!」というと、2回目は進歩して、「おお!今回は短くなったね、30秒でいけたね!」というふうになり、時間を短縮していくことの積み重ねになります。

30秒でいけたね〜!

そうすると、「1回しか言いませんよ」と言った瞬間、パッと意識が集まって聞く雰囲気になります。

しかも、それだけではありません!

言わなくても、教師が話そうとした瞬間に

「1回しか言いませんよ」と言わなくても、教師が話そうとした瞬間に聞く雰囲気がパッと作れるようになっていくので、このように積み重ねていくことが大切です。

聞く雰囲気が作れるようになる

YouTubeの普及によって、1回で話を理解しなくてもよい時代がやってきました。

1回で話を理解しなくてもよい時代がやってきました

私も、その時代にあった授業ができるよう、これからも頑張っていきます。

私もその時代にあった授業ができるよう頑張ります!

それでは、みなさんの学級が素敵な1年になるように願っています!



撮影/田中麻衣

髙橋朋彦●1983年千葉県生まれ。第55回わたしの教育記録特別賞を受賞。教育サークル「スイッチオン」「バラスーシ研究会」に所属。共著に『授業の腕をあげるちょこっとスキル』『学級づくりに自信がもてるちょこっとスキル』(共に、明治図書出版)がある。算数と学級経営を中心に研究中。
Twitterアカウントは @tomotomoteacher  https://twitter.com/tomotomoteacher
トモ先生のインスタ https://www.instagram.com/tomotomotea/
トモ先生のnote https://note.com/tomotomo777

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

授業の工夫の記事一覧

雑誌最新号