小2体育「ボールゲーム」指導のポイント

関連タグ

執筆/埼玉県公立小学校教諭・西川裕樹
編集委員/前スポーツ庁政策課教科調査官・高田彬成、埼玉大学教育学部附属小学校副校長・河野裕一

小2体育「ボールゲーム」指導のポイント

授業づくりのポイント

チームで協力! シュートゲーム!

ボール投げゲームでは、簡単な規則で楽しくゲームができるようにすることが大切です。そのため、簡単なボール操作と簡単な攻めや守りの動きなどのボールを持たない時の動きによって取り組めるやさしいゲームを行います。

そこで、単元前半は、1人1つボールを持ってシュートゲームを行い、ボール操作を身に付けます。

単元後半は、チームでボールが1つのシュートゲームへと発展し、身に付けたボール操作とボールを持たない時の動きによってチームで協力して攻め方を考えていきます。全員が得点できるように規則を工夫し、意欲的にゲームに取り組めるようにしましょう。

単元計画(例)

単元計画(例)
クリックすると、別ウィンドウで開きます

※2・3時間目はボール操作を身に付けるとともに、思い切り投げる楽しさを味わい、4~6時間目は、身に付けたボール操作とボールを持たない時の動きによってチームで協力して投げる楽しさを味わうことを想定しています。

楽しむ① シュートとキャッチのポイントを見付けて、シュートゲームを楽しもう

単元前半のねらいは、ボールの投げ方と捕り方の動きを身に付けることです。子どもの困り感を引き取り、ねらいと関連させながら発問をしていきます。そこで、子どもが見付けたよい動きを取り上げ、慣れの運動で繰り返し行うことで、動きの定着を図っていきます。

そして、シュートゲームでよい投げ方や捕り方をしていた子どもを振り返りで発表し、学習したことを確認することも大切です。また、ゲームの中で生じた問題を取り上げ、子どもと話し合いながら規則を選択していきましょう。

シュートとキャッチのポイントを見付けよう

シュート

「ぐるっ!」ボールの位置は頭の後ろに!「りん」体をひねって、おへそを前に!「ぱー」腕を大きく振って、体重を前足に!
クリックすると別ウィンドウで開きます

口伴奏しながら投げると、投動作のこつを体で覚え、自然と体が動くような感覚を育てることができます。


キャッチ

「ボールの正面に入って、お腹にボールを付けて抱えるように捕ろう!」

苦手な子には、バウンドしたボールをキャッチするように助言したり、適度に空気を抜いたボールを用意してあげたりするとよいでしょう。

思い切り投げたり、ねらって投げたりして楽しもう

バンバンシュート

〇〇さん、腕を振って大きく振って力強く投げているね。

ポートボール台に置いた踏み切り板にボールを当てます。
ボールが跳ね返る位置に1mごとのラインを引き、跳ね返った距離に応じて得点が与えられます。
個人の記録やクラス全体の記録の伸びから、できる喜びを味わえるようにしましょう。

苦手な子どもには、足を踏み出す位置に「ステップリング」を用意してあげるとよいでしょう。


対面パス

対面パス

3~4mの幅で引かれたラインの間で対面パスを行います。投げる時、前に出す足はラインをまたぐように声掛けをしましょう。

守りをかわしてシュートしよう

シュートゲームI

守りがいない所に動いたら、ねらいやすいな!

コートや的の大きさを工夫するとよいですね。

当たっても痛くない柔らかいボールを使ってゲームを行うとよいでしょう。「どこに動いたらシュートしやすいかな」等、学習内容に即した発問を行い、よい動きを見付けたら全体に広めていきましょう。

【基本の規則】

  • 攻めは3人、守りは2人で行う
  • 前後半3分ずつで行う
  • 攻めの3人全員が1つずつボールを持ち、外側の円からシュートする。ボールを持って移動してもよい
  • 守りの2人は、外側と内側の円の間を動き、ボールを的に当てられないように守る
  • 的の三角コーンが落ちたら1点
  • コーンが落ちたら、落とした攻めの人がコーンを立てる
  • ゲームに出ない人は、得点係やボールを拾う係を行う

楽しむ② チームで協力して、シュートゲームをもっと楽しもう

単元後半のねらいは、単元前半で身に付けた動きを生かし、チームで協力して攻め方を工夫していくことです。

単元後半になると守りの動きも上達し、点が入りにくくなります。そのため、チームで協力することに必要感をもって攻め方を考えていきます。

また、単元後半の最初に定位置を学習内容に位置付けることで、どのチームも同じ条件から攻め方を考えることができます。ゲームの中のよい動きを取り上げ、攻め方を見付けていけるとよいでしょう。

チームで協力して、シュートしよう

シュートゲームⅡ

「守りがいない味方のほうにパスしよう!」「守りがいなからシュートできそう!」

【基本の規則】

  • 攻め3人でボールはチームで1つ。その他は、シュートゲームⅠと同じ

ゲーム中に出たよい動きから攻め方を全体で確認しましょう。そして、チームで攻め方を選んでゲームを行いましょう。

攻めの3人が三角に広がった位置からゲームを始めると、チームで選んだ攻め方を実行しやすいですね。苦手な子どもも自分がどこにいるとよいか気付くことができます

子どもが見付けたよい動きや攻め方の例

【手わたしシュート】

  1. 守りのいない味方のほうに走る
  2. 味方へ手渡し
  3. シュート
手わたしシュート

【おとりシュート】

  1. 隣の味方のほうに走る
  2. 味方へ手渡し
  3. 隣の味方の方に走る
  4. 味方へ手渡し
  5. 守りがいないスキにシュート
おとりシュート

【手わたしパスシュート】

  1. 隣の味方のほうに走る
  2. 味方へ手渡し
  3. 反対側の守りがいない味方へパス
  4. 守りがいないスキにシュート
手わたしパスシュート

【パスパスシュート】

  1. 隣の味方へパス
  2. 隣の味方へパス
  3. 守りがいないスキにシュート
パスパスシュート

イラスト/たなかあさこ、横井智美

『教育技術 小一小二』2019年9月号より

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

授業の工夫の記事一覧

雑誌最新号