小5国語「次への一歩|活動報告書」指導アイデア

関連タグ

教材名:「次への一歩 ―活動報告書」 光村図書

指導事項:B「書くこと」ウ
言語活動:イ

執筆/福岡県公立小学校教諭・片山隆洋
編集委員/文部科学省教科調査官・菊池英慈、福岡県公立小学校校長・城戸祥次

小5国語「事実と考えを区別して、活動を報告する文章を書こう」指導アイデア
photo by David Pennington

単元で付けたい資質・能力

①身に付けたい資質・能力

文章全体の構成の効果を考え、事実と感想、意見などを区別するとともに、目的や意図に応じて、簡単に書いたり詳しく書いたりする力を育成します。

②言語活動とその特徴

本単元には、「活動計画に沿って、活動したことを報告する文章を書く」という言語活動を位置付けます。学校生活で、子供は係活動や委員会活動を行っています。 そこでの活動をより主体的に行うことができるように、本単元では「活動の計画―実行(報告)―考察」という構成の文章を書きます。

その際、実行(報告)と考察とを分けて、まとまりを意識して書くようにすることが大切です。活動の経過などでは事実の記述を、成果や今後の活動では意見・感想の記述を中心に書くことの大切さを、文末表現に注意することはもちろん、友達との対話も通して学ぶようにしていきます。

報告文は、日常の学校生活や他教科との関わりが大きいものです。活動報告書を書くことは、今後の実生活においても、活動を見直したり充実させたりするために役立つものだと考えます。

単元の展開(10時間扱い)

主な学習活動

第一次(1~3時)

①教科書90~91ページの作例を読んで感想を交流し、活動報告書を書く学習課題を設定する。

【学習課題】事実と考えを区別して、活動を報告する文章を書こう

②教科書90~91ページの作例を読んで、活動報告書の構成や内容について話し合う。
→アイデア1 主体的な学び


③報告書にまとめたい活動を決めて、学習計画を立てる。

第二次(4~8時)

④報告書の構成に合わせて、書く事柄を集める。

⑤教科書90~91ページの作例を読んで、書き表し方の工夫を話し合うとともに、自分の集めた材料を見直したり、友達と見合ったりする。
→アイデア2 対話的な学び

⑥報告書の構成メモをつくる。

⑦⑧構成メモを基に下書きを書く。

第三次(9~10時)

⑨推敲の観点を確かめ合い、活動報告書を推敲・清書する。

⑩活動報告書を読み合い、感想や意見を交流し、学習をまとめる。
→アイデア3 深い学び

アイデア1  学習のゴールを明確にし、見通しをもって学習するための導入の工夫

主体的な学び

・二年生……………観察記録・報告文
・三年生・四年生…調べて得た情報を基に、結果を考察する調査報告文

五年生の子供は、これまでに書く学習をしてきています。しかし、活動を報告する文章としてまとまった形で書く経験は、本単元が初めてになります。これから書いていく文章が、どのようなものなのかがわからないと、戸惑ってしまう子供がいることが予想されます。

そこで、教科書90~91ページの作例を読み、何がどのような構成で書かれているのかを話し合い、活動報告書の特徴を簡単に捉えておきます。このような場を設定することで、学習のゴールが明確になり、主体的に学習することへとつながります。

また、話し合いを通して、活動(事実)だけを書けばよいのではなく、考えたこと(意見・感想)を書く必要性や失敗したことも、大切な材料であると気付くことができるはずです。

このような気付きは、取材・構成・記述の場面においても、見通しをもって学習することにつながります。

【活動報告書の形式~教科書の作例~】

活動報告書の形式
クリックすると別ウィンドウで開きます

アイデア2  集めた材料を友達と見合う、対話の場の設定

対話的な学び

①詳しく書く部分と簡単に書く部分
②事実と意見・感想の書き分け
③活動内容と考えたこと・今後の活動のつながり

まず、教科書の作例を基に表現の効果について、上の3つが大切であることを学級全体で確かめます。

この3観点を基に、お互いの取材シートを見ながら、足りない材料や余分な材料がないかを友達と見合う場を設定します。その際、活動の内容を詳しく思い出したり、成功点や反省点を話し合ったりすることができるよう、同じ活動をした友達同士でグルーピングすると、より効果的です。

【Aさんの取材シート】

Aさんの取材シート
クリックすると別ウィンドウで開きます

▼Aさんの取材シートを基にした詳しく書く部分についての対話の例

活動内容の5月のアンケートに、どれくらい時間がかかったのか覚えていますか?

作成に2日、回収に3日、計5日かかりましたよ。

そんなに? どれくらい大変な仕事かを伝えるためには、もっと詳しく書いた方がよいので、日数という「事実」も書くとよいと思いますよ。でも、どうして回収に3日もかかってしまったのですか。

持って帰る人が多かったのです。質問の数が多すぎて、休み時間では答えられなかったのかもしれません。

それは、反省点ですね。次の活動のためには、どうしてそうなったのかという自分の「考え」も書いておくとよいと思いますよ。

このような対話を通して、取材シートに足りないものを書き足したり、余分なものを消したりして、書く材料を整理します。

アイデア3  付箋紙を活用した読み合いの場の設定

深い学び

自分が書いた文章の目的や意図が、読み手にどのように伝わっているかを確かめることは、学習の成果を感じることができ、深い学びにつながるものと考えます。そこで、読み合いの場では観点に応じて、二種類の色付箋紙を活用します。

・青(意欲面)……活動を報告し、次への活動に生かせそうか。
・緑(能力面)……読み手に活動の内容(事実)や、それに対する考え(意見・感想)が正確に伝わるように書いているか。

友達の活動報告書を読んだ感想や意見を、観点に応じて書き分け、作品に貼って返します。

【友達の報告書】

友達の報告書
クリックすると別ウィンドウで開きます

深い学びへ誘うヒント

書く目的や意図を意識して、見通しをもって書く活動に取り組んだり、友達との対話を通して、自分の考えを整理したりすることが大切です。また、目的に応じて詳しく書いたり、簡単に書いたりする項目は変わるので、題材に応じた指導も必要です。

イラスト/横井智美

『教育技術 小五小六』2019年7/8月号より

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

授業の工夫の記事一覧

雑誌最新号