• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

子どものやる気を引き出す! 授業開始1時間目の即効アイディア・算数

2019/4/14

算数の授業スタート1時間目は、楽しく数を学習することで、大きな数への抵抗をなくしましょう。はじめの授業で数を覚える成功体験をすれば、算数への苦手意識を払しょくし、自信をもって授業に挑めるでしょう。

【小三・小四共通】替え歌で覚えよう!

~数の単位~

算数の授業開きには、替え歌がおすすめ。数の学習を歌のリズムに合わせて覚えることができるのです。例えば、「替え歌ウィンウィン」の2ページ目「数の単位」を見ながら、「うさぎとかめ」のリズムに合わせて、教員が手拍子やカスタネットなどで拍子を取り、みんなで歌いましょう。子どもであれば、何回か歌えば、すぐに覚えてしまいます。

数の単位を替え歌で覚える

~「1÷」の段~

三・四年生では、分数に苦手意識をもつ子どもも少なくありません。まずは、分数とはどういう数なのかということを覚えさせましょう。さきほどの「替え歌ウィンウィン」15ページには、分数1/1から1/16までを「山の音楽家」に合わせて覚えるアイディアが紹介されています。「分数=小数」と考えることができれば、分数は分母が大きくなればなるほど、値が小さくなっていくということが理解できます。この「山の音楽家」を使った替え歌では、分数と小数を一度で覚えることができます。覚えてしまえば、計算問題でも分数どうしを比べたときに、どちらの数のほうが大きいかなど、考えるヒントになります。たとえ子どもたちが分数を完全に理解できていない場合でも、一緒に歌って分数に親しみをもってもらいましょう。分数と小数に苦手意識をもっている子どもでも、歌に合わせれば簡単に覚えられるという成功体験を通して、自信をもたせることができます。

1÷の段

プリントを使って九九より大きな数の計算にトライ

九九は、クラスや学校によって差が出やすい単元です。三・四年生になっても全部を覚えきれていなかったり、苦手な段があったりなど、課題をもつ子どもは多くいます。先生にとっても、教室の壁に九九の表を貼る、九九の診断テストをするなど、工夫をして授業を進めていく必要があります。さらに、たとえ九九が得意な子どもでも、大きな数のわり算やかけ算は苦手意識をもつことがあります。大きな数がどんな数で割り切れるかがわかりやすい「約数一覧表」を使って、大きい数のかけ算と、大きい数の約数の感覚をつかみとってもらいましょう。

約数一覧表

「約数一覧表」のルール
・各マスの列に1つずつ、問題となる数字を書く
・書き入れる数字は、下のマスになるにつれて大きくする

「約数一覧表」は、どの数をかければ上にある数字になるかを考えて、穴を埋めていくものです。例えば24という数は、2×12、3×8、4×6が約数になります。上から2、3、4、下から12、8、6というように、上下の外側から書き込みます。中央の点線を軸にして、かける数どうしが対称に位置するよう、組にして記入します。中央の点線に向かうにつれて、かける数字どうしの値が近くなります。この「約数一覧表」は、慣れれば10分ほどで全て解けるようになります。最初は初級編の50までの数で取り組みます。九九の復習になるうえ、九九には出てこない大きな数の計算の練習にもなります。初級編に慣れてきたら、100までの数にも挑戦してみましょう。

ノートの取り方を確認しよう

ノートの取り方指導
ノートの取り方指導 イラスト/畠山きょうこ

算数の授業では、ノートの取り方も大切です。授業では、毎回必ず、日付・学習するテキストのページ・学習する単元・本時のめあてを書きます。板書でも、日付は左上、ページはその右隣、めあての下は1行空けるなど、事前にルールを決めて書く位置を固定しておくと、子どもたちも意識しながらノートを取るようになります。行を空けてノートを取らせたい場合は、色付きチョークなどで斜線を引き、見やすくする方法も効果的です。板書の内容を忠実にノートに取れているかをチェックして、取れていない子どもにはどこが違うのかを説明しましょう。はじめの段階でノートの取り方を決めておけば、以後の授業の進行もスムーズになります。また、その時間に学習したことを正しくノートに記録させることで、保護者に対してのアピールにもなります。

教えてくれたのは・・・

鈴木夏來先生
1974 年生まれ。公立小学校教諭、三浦市教育委員会教育研究所指導主事、学校教育課主幹(指導主事)を経て、現職。モジュール学習やカード・カルタによる自主学習、ICT教育、ユニバーサルデザインなどを得意分野とする。趣味は、オリジナル教材の開発。著書に『安心と安全指導のコツ』(ナツメ社) がある。

取材・文/浅海里奈・加藤隆太郎(カラビナ)

『教育技術 小三小四』2019年4月号より

関連する記事

授業記事一覧

【先生のための学校】「音読」でクラスをつくる

今回は、 14回も二年生を担任し一年生で難儀になったクラスの立て直しを何度も実現された、「先生のための学校」に所属される、ある講師の先生のお話を紹介しましょう…

【指導計画】6年理科 土地のつくりと変化①

地面の下の様子を想像して絵や言葉で表現したり、ボーリング資料や崖の写真を見るなどして気づいたことを話し合ったり調べたりする活動を通して、土地のつくりや変化につい…

2019/9/17

子どもたちを変える!魔法の音読指導

日々の音読がいつの間にか惰性化し、易きに流れていませんか? 身体を使って音読する「あいうえ音読」などの実践で知られる佐藤隆史先生の音読指導を手本にすれば、子ども…

【指導計画】1年算数 「3つの かずの けいさん」

数量の関係に着目し、挿絵と半具体物などを関連付けて考える活動を通して、3つの数の加法の式の意味を理解し、その計算をすることができるようにします。

2019/9/15

【教育技術小五小六10月号特典】「外国語の授業レポート」動画(本誌連動企画)

『教育技術 小五小六』10月号本誌に掲載されている「外国語の授業レポート」特集と合わせて視聴するための授業動画です。本誌記事中に掲載されているパスワードを入力し…

【指導計画】5年国語 日本の文化を考えよう

【教材名】「古典」を楽しむ(教育出版 五年下)の授業アイディアです。本単元では、「好きな古典作品を読んで感想をまとめる」言語活動を行います。感想には、「あらすじ…

2019/9/14

【教科調査官に聞く】国語科の新学習指導要領-改訂ポイントと授業改善の視点

小学校学習指導要領の改訂にあたり、国語科における授業改善の重要な点を、文部科学省・菊池英慈教科調査官にうかがいました。

【小六道徳】「ここを走れば」授業展開と板書

「考え、議論する道徳」を実践するために、板書に力を入れているのが愛知県西尾市立横須賀小学校。この小学校で行われた小六の道徳「ここを走れば」の授業展開と板書の工夫…

【指導計画】1年算数「どちらが おおい」

1年算数「どちらがおおい」では、身の回りにあるもののかさに関心をもち、2つの入れ物に入っている水のかさを比較する活動を通して、直接比較、間接比較を使って、かさを…

2019/9/13

【小五道徳】「友のしょうぞう画」授業展開と板書

「考え、議論する道徳」を実践するために、板書に力を入れているのが愛知県西尾市立横須賀小学校。この小学校で行われた小五の道徳「友のしょうぞう画」の授業展開と板書の…

もっと見る