小学1年生の心とからだのデータ集:身長・体重・学習時間ほか

ピカピカの笑顔で入学してきた一年生の子どもたち。
今年の一年生をよりよく理解するために、最新データを集めました。

男女6歳の身長体重平均値
男子身長116.5CM 体重21.4kg
女子身長115.6cm 体重20.9kg

1.体力・運動能力

体力・運動能力調査結果

スポーツ庁「体力・運動能力調査」によれば、最近10年の傾向として、青少年期(6~19歳)では、男女のボール投げ、高校生男子の握力以外、ほとんどの項目で横ばい、または向上傾向にあります。


朝食の摂取状況と体力テストの合計点比較

「朝食の摂取状況と体力テストの合計点」を比較すると、朝食を「毎日食べる」子どもが、「時々食べない」「毎日食べない」子どもを体力面で上回っており、6歳では特に男子にその傾向が顕著でした。

2.家での学習時間

東京大学社会科学研究所とベネッセ教育総合研究所は共同研究で、全国の小学一年から高校三年までの親子(約2万1000組)に、「子どもの生活と学びに関する親子調査」を2015年より毎年実施しています。

平均学習時間

2016年の同調査(7~8月実施)では、小学一年生の家庭での平均学習時間は「学校の宿題」が約26分、「宿題以外(学習塾を除く)」が約13分、学習塾が約2分でした。

3.入学後の学習面での不安なこと

入学後に学習面で不安を感じたことのグラフ

2016年8月、小学館集英社プロダクションでは、小学一年生の子どもをもつ保護者221名に「入学準備および現在の学習状況」について調査を行いました。「入学後にお子さんの学習面で不安に感じたこと」という質問では、「不安に感じたことがない」34 .4%が最も多く、他には「集中力がない」31.7%、「時計がよめない」24.4%、「字がきたない」21.3%、「家庭での学習習慣が身についていない」12.7%、「少し長い文章が読めない」10.9%が上がっています。

4.将来就きたい職業

株式会社クラレでは、小学一年生4000名(男女各2000名)とその保護者4000名を対象に「将来就きたい職業」アンケートを実施。子どもが将来就きたい職業の第1位は、調査開始以来20年連続で、男子が「スポーツ選手」、女子が「ケーキ屋・パン屋」でした。
男女ともに「医師」が過去最高の比率(男子4.5%、女子4.6%)となり、男子では「ユーチューバー」が15位に入ってくるなど、新旧様々な職業に対する関心の高さがうかがえます。
子どもの願いを受け止めて、家庭と学校が協力して、将来に向かって努力できる環境を整えていきたいですね。

イラスト/斉木のりこ
『小一小二教育技術』2019年4月号より


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

クラス運営のヒントの記事一覧

雑誌最新号