「予習」の力でコロナ休校の学力差をカバーする

特集
新型コロナ対策 全国の教育現場の知恵を続々更新中!

コロナ休校中、自主的に学ぶことができた子とそうではなかった子では、学力差が非常に大きくなっていることでしょう。この記事では、学校再開時に、学力が落ちた子へのフォローや、きちんと勉強を進めてきた子をさらに伸ばすために、「予習」を取り入れるアイデアを紹介します。

執筆/愛知県市立小学校教諭・八神進祐

コロナ休校の学力格差に対応!家庭学習の仕組みを構造化しよう
写真AC

予習・授業・復習の構造化

小学校では馴染みの薄い「予習」を取り入れていくのはどうでしょうか。

勉強が苦手な子は、授業での理解度が「半わかり(半分くらいわかる)」の状態であることが多いです。

そして、復習(宿題など)で、「本わかり(本当にわかる)」にたどり着ける子と、「半わかり」のままの子に分かれてしまいます。

勉強が苦手な子は、授業での理解度が「半わかり(半分くらいわかる)」の状態であることが多いです。そして、復習(宿題など)で、「本わかり(本当にわかる)」にたどり着ける子と、「半わかり」のままの子に分かれてしまいます。

予習を入れることで、「半わかり」状態の子を多くして、授業において多くの子を「本わかり」にたどり着かせることができると考えます。

さらに、復習を取り入れることで「本わかり」にたどり着ける子が増えます。

予習を入れることで、「半わかり」状態の子を多くして、授業において多くの子を「本わかり」にたどり着かせることができると考えます。さらに、復習を取り入れることで「本わかり」にたどり着ける子が増えます。

では、どのような「予習」が効果的なのかを紹介していきます。

予習

基本的には、子どもが自力で取り組むものなので、無理はさせません。

ちょっぴりわかるだけでいいんだよ。

と声をかけると安心感を与えることが出来ます。

お家で教科書を読むだけでも、大事だなというところを書き写すだけでも、実際に問題を解いてみてもよいです。

できれば、その授業で使用するノートを使うと、予習と授業とのノートが比べられて成長を実感できます。

授業

子どもの中には、「本わかり」に近い状態の子も出てくると思います。しかし、その子たちを退屈させてはいけません。

私がよく話をするのは、勉強には【3つの段階】があるということです。

  • 一段階目は【わかる】(話を聞いて理解できる)
  • 二段階目は【できる】(実際に問題が解ける)
  • 三段階目は【説明できる】(下の学年の子が理解できるように)
勉強には【3つの段階】がある。わかる→できる→説明できる

自分が今、どの段階なのかをメタ認知させながら授業に参加させることで、目指すべき自分が明確になります。

勉強が苦手な子の中には、予習ができない環境の子もいます。家庭での予習は強制ではありません。授業の前や授業冒頭に行うことも十分可能です。

例えば、授業の前の休み時間に、勉強が苦手な子を集めて、

先生と授業の予習をしちゃおう!

などと声をかけると、喜んで参加する子が出てきます。

教科書を一緒に読みながら、

授業でここまで進んだら、○○くんを当てます。どう答えるか考えておいてね。

と言うと、その子にとって特別な舞台が整います。恥をかかせるわけにはいかないので、

このように答えるといいかも。

と、答えを与えてもいいかもしれません。

授業で活躍できた経験や、予習をすると授業がわかるという感覚をつかむことができれば、自ら進んでいくようになります。

注意したいのは、反転授業のように「予習ありき」で授業をするのではないということです。

※反転授業……ビデオ講義で予習を済ませておき、教室での授業では講義は行わずに演習を展開するという学習形態。

【教育用語】反転授業(フリップド・クラスルーム)とは

あくまで、「本わかり」へのサポートとして、予習を活用していきます。

続いて、授業冒頭においての予習です。
例えば、「6年理科 水溶液のはたらき」で、塩酸にアルミニウム箔を溶かす実験があります。この授業の課題やめあてはこのようなものが考えられます。

塩酸にアルミニウム箔を入れたらどうなるか考えよう。

私ならこれを結論から述べます。

◎塩酸にアルミニウム箔を入れると溶けます。どのように溶けるか観察しよう。

なぜなら、一番押さえたいところは「塩酸はアルミニウムを溶かす」ということになるはずです。それにプラスαとして、どのように溶けるかを付帯することで、理解度が「本わかり」に近づいていきます。

中には、「実験結果を知っていたらつまらない」という考えもありますが、

あれ? すぐには溶けると思っていたけれど、少し時間がかかるんだな。

本当に溶けてる!

おー! 熱くなってる。

動きながら溶けてる。

なんだか音も聞こえる。

と、子どもたちの興味津々に取り組む姿が見られます。押さえたい内容がわかっているからこそ、ブレずに実験をすることができます。

復習

復習は、宿題としてプリント課題を出しても、ノートをまとめさせても、お家の方に授業内容を説明させてもよいと思います。

ただ、私は算数であれば、授業で扱った教科書の問題を宿題に出すことが多いです。

友達がこのように発言していたなあ。

先生がこう説明していたなあ。

と、授業を思い出すきっかけにもなりますし、何より教科書は良問が多いからです。

そして、子どもたちにはこう伝えます。

同じ問題を解くときには、【意識したい三段階】があります。それは前回よりも【正確に】→【速く】→【カッコよく】解くということ。

同じ問題を解くときには【意識したい三段階】がある。前回よりも【正確に】→【速く】→【かっこよく】解くということ。

ゆっくり歩けるからこそ、駆け足ができます。だから、まずは正確性を重視します。次第にスピードを上げていけばよいのです。そして、美しいフォーム(解法)ができれば、なおよいのです。

予習に適した教科や単元の見極めを

小学校に馴染みの薄い「予習」を主に取り上げてみました。

もっとも大切なのは、予習に適した教科や単元を見極めることだと考えています。

子どもの思考を深める学習や、発見する喜びを味わわせる授業においては、予習はときに弊害となり得ます。

しかし、予習は大きな推進力になることもあります。


百々進祐先生
八神進祐先生

八神進祐(やがみ・しんすけ)●教育サークルMOVE代表。道徳教育、学校図書館教育や人権教育、プログラミング教育など幅広く学びを深める実践に取り組む。Twitterでは「どどっちteacher」として“三行教育技術”を毎朝更新中。教育論文入賞多数、第5回・第7回全国授業の鉄人コンクール優秀賞、フォレスタネットグランプリ月間MVP、フォレスタネットselection監修。共著に「学校現場発、これが本物の道徳科の授業づくり 主体的・対話的で深い学びの原点は道徳科の授業の中にある」がある。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

授業の工夫の記事一覧

雑誌最新号