小4社会「ごみの処理と再利用」指導アイデア

関連タグ

執筆/東京都公立小学校主任教諭・新宅直人
編集委員/文部科学省教科調査官・小倉勝登、東京都教育庁指導部義務教育指導課・秋田博昭

小4社会「ごみの処理と再利用」指導アイデア
写真AC

ねらい

ごみを処理する事業について、処理の仕組みや再利用、県内外の人々の協力などに着目して、見学・調査や資料を通して調べ、その事業が果たす役割を考え、ごみを処理する事業は、衛生的な処理や資源の有効利用ができるよう進められていることや、生活環境の維持と向上に役立っていることを理解できるようにする。

学習の流れ(10時間扱い)

問題をつくる(2時間)

○ 家や学校から出るごみの種類や量を調べる。
○ 一人が1日に出すごみの量や、1年間に出されるごみの量を調べ、疑問に思ったことを話し合う。

学習問題
私たちが出す大量のごみは、だれが、どのように処理しているのだろう。

矢印

追究する(6時間)

○ ごみを収集する人々の仕事の様子を調べる。
○ 清掃工場の仕組みや清掃工場で働く人々の工夫や努力を調べる。
○ 不燃ごみや粗大ごみの処理のしかたを調べる。
○ 再利用の仕組みや取り組みを調べる。
○ 東京都がごみ処理に取り組んできたあゆみを調べる。

矢印

まとめる(2時間)

○ ごみを処理する事業が果たす役割を考える。
○ 学習してきたことを基に、これから埋め立て処分場を少しでも長く使うために、自分たちが協力できることを考える。

導入のくふう

導入の場面で、家や学校から出ているごみの種類や量について調べ、「ごみは種類によって集める曜日が違うのはなぜだろう」「私たちが出している大量のごみは、どこに行くのだろう」という問いをもち、主体的に追究できるようにする。

第1時

「ごみは、種類によって集める曜日が違っている」ということを学習します。

第2時

私たちは、毎日の生活のなかでどのくらいのごみを出しているのでしょう。

私の家では、燃やすごみを出す日には、45Lのごみ袋を1つ出しています。

学校では、1日に20kgものごみを出すこともあると、主事さんが教えてくれました。

日本で出るごみの量の年度別グラフ
クリックすると別ウィンドウで開きます

このグラフからは、どのようなことが分かりますか。

2000年度は1日に一人あたり1,185g のごみを出しています。

2014年度は日本全体で、1年間で4,432万t(25mプールで約42万杯分)にもなります。

私たちが出しているたくさんのごみは、いったいどこへ行っているのだろう。

ごみがたくさん出されるから、種類によって集める曜日を変えているのかな。

2000年からは、私たちが出すごみの量が減ってきているのはどうしてだろう。

問題をつくる (1、2/10時間)

学校や家で出されているごみの種類や一人が1 日に出すごみの量について調べ、疑問に思ったことについて話し合う。

学習問題
私たちが出す大量のごみは、だれが、どのように処理しているのだろう。

まとめる (9・10/10時間)

学習してきたことを基に、ごみを処理する事業が果たす役割を考えるとともに、自分たちの関わり方を選択・判断する。

まとめ方のくふう

東京都の最後の埋め立て処分場は、あと50年しか使えないという事実を示し、「このままごみを出し続けてもよいのか」という問いに対する自分の考えとして、自分たちの関わり方を選択・判断できるようにします。

第10時

東京湾の埋め立て処分場

埋め立て処分場の人の話

23区のごみは、燃やすなどの中間処理をした後、埋め立て処分場に運ばれます。今使われている新海面処分場は、あと50年くらいは埋め立てできるようですが、東京港に作ることができる最後の埋め立て処分場であるため、少しでも長く使う必要があります。

これらの資料から分かることや考えたことを発表しましょう。

埋め立て処分場の場所は、昔から今まで変わっていて、どんどん広がっています。

最後の埋め立て処分場は、あと約50年しか使えません。このままたくさんのごみを出し続けていてもよいのでしょうか。

東京都の最後の埋め立て処分場は、あと50年しか使えないと言われています。埋め立て処分場を少しでも長く使うために、私たちには何ができるでしょうか。

ごみを分別することが清掃工場での処理に影響するので、分別やごみ出しのきまりを守りたいです。また、ごみを減量する大切さを家族や地域の人に伝えたいです。

自分たちが気持ちよく生活するために、資源はリサイクルに出すようにしてごみの減量に取り組み、埋め立て処分場を少しでも長く使えるようにしたいです。

「ごみを減らす努力をしなければならない」という課題から、学習してきたことを基に自分たちの関わり方を選択・判断できるようにすることが重要です。

単元づくりのポイント

★東京都がごみ処理に取り組んできたあゆみを調べる

本単元では、「廃棄物を処理する事業は、現在に至るまでに仕組みが計画的に改善され、公衆衛生が向上してきたこと」や「社会生活を営むうえで大切な法やきまり」について学習する必要があります。

そのため、「時期や時間の経過」に着目して、東京都がごみ処理の施設や設備を整備してきたこと、廃棄物の処理に関する法律や条例等が制定されたことなどを年表に示し、東京都がごみ処理に関する課題の解決に取り組んできたことで、ごみ処理の仕組みが改善され、公衆衛生が向上してきたことを捉えることができるようにすることが大切です。


イラスト/横井智美、佐藤雅枝

『教育技術 小三小四』2019年6月号より

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

授業の工夫の記事一覧

雑誌最新号