小1生活「がっこうたんけんたい」指導アイデア

関連タグ

執者/神奈川県公立小学校指導教諭・荒木昭人
編集委員/文部科学省教科調査官・渋谷一典、神奈川県公立小学校校長・二宮昭夫

小1生活「がっこうたんけんたい」指導アイデア
写真AC

期待する子どもの姿

【知識及び技能の基礎】

学校での生活はさまざまな人や施設と関わっていることに気付く。

【思考力、判断力、表現力等の基礎】

学校の施設の様子や学校生活を支えている人々や友達、通学路の様子やその安全を守っている人々などについて、自分との関わりを考える。

【学びに向かう力・人間性等】

学校の施設の様子や学校生活を支えている人々や友達、通学路の様子やその安全を守っている人々などに関心をもち、楽しく安心して遊びや生活をしたり、安全な登下校をしたりしよ うとする。

子どもの意識と指導の流れ  

こんな声や姿を学習につなげたいですね。

男の子「登校班の班長の6年生はどこで勉強をしているのかな」「休み時間が終わって戻る時、教室の場所がわからなくなることがあるんだ」
クリックすると別ウィンドウで開きます
先生「お友達が困っているね。こんな時はどうしたらいいと思う?」

○がっこうには だれが いるかな? なにが あるかな?

●学校探検に行くという目的意識をもつ。

男の子「○○さんが校長先生のお部屋を見付けたって言っていたよ。みんなも何か見付けたかな。」
女の子「学校は園より大きいね。どんな部屋があるのかな。」
男の子「給食がとてもおいしいよ。」「不思議なものを見付けたよ。あれは何だろう。」

目指したい子どもの姿・気付き

男の子「学校のことをもっと知りたいな』「学校を探検して、もっと仲よくなりたいな。」

○がっこうたんけんを して、がっこうと なかよくなろう。

●学校探検に行く。

男の子1「ぼくたちも校庭で遊んでみたいな。」「いいにおいがするね。何の部屋かな。」男の子2お兄ちゃんの先生と会ってうれしかったよ。挨拶したよ。」

目指したい子供の姿・気付き

男子「職員室には、1年1組〇〇です。入ってもいいですか、と言って入るんだよ。行程で遊ぶときのきまりを教えてもらったよ。」

○たんけんたい さくせんかいぎを しよう。

●次に探検したいところや会いたい人について話し合う

女の子「給食室はいいにおいがするよ。誰がつくってくれているのかな。」「図書室にはたくさんの本があったよ。司書さんは本の博士なのかな。お話したいな。」男の子「作業員さんがおお花の水やりをしていたよ。他にはどんなお仕事をしているのかな。」

目指したい子供の姿・気付き

女子「たった10人で全部の給食をつくっているんだって。作業員さんは〇〇さんっていう名前だよ。今度、お仕事を教えてもらおう。」

○がっこうの そとも たんけんしてみよう。

●通学路探検に行く。

交通安全ボランティア「横断歩道があるよ。気を付けて渡らないと危ないね。」子供1「こんなところに公園があったんだ。みんなで遊びたいな。」子供2「朝、いつもおはようって言ってくれる人がここに立っているんだ。」

目指したい子供の姿・気付き

女の子「狭い道を登校班で合歩くときは、しっかり並んで歩くよ。」「通学路で挨拶してくれる人ともっと仲よくなりたいな。」

○たんけんほうこくかいを ひらこう。

●学校探検で見付けたことを  友達に伝える。

女の子「学校には、私たちのためにお仕事をしてくれている人がたくさんいるんだよ。」男の子「通学路にも、私たちのために頑張ってくれている人がいるんだ。何だか嬉しいな。」

目指したい子供の姿・気付き

男の子「学校では、たくさんの人がみんなのたえにお仕事そしています。」「通学路に立ってくれている人に、ちゃんと挨拶しなくちゃね。」

活動のポイント1 
人との関わりを通して、学校生活に対する安心感をもたせる

スタートカリキュラムの中で、少しずつ学校に慣れてきた子どもたちですが、学校生活への不安がまだ残っている子どももいるでしょう。学校探検で多くの人たちと関わることを通して、安心感をもたせましょう。

○ 全教職員間で学校探検についての目的の共通理解を図り、活動のねらいを達成できるようにする

先生1「学校探検を通して、学校生活への安心感につなげたいと考えています。」先生2「子供たちには、考えることを促すような言葉がけをお願いします。」

○ 多様な関わり方を通して、安心できる関係を創り出す

司書の先生の読み聞かせ

司書の先生が子供たちに読み聞かせをしているイラスト

保健室の先生へのインタビュー

子供たちが保健室の先生にインタビューしているイラスト

作業員さんや事務の先生と握手

子供と作業員さんが握手をしているイラスト

活動のポイント2  気付きの質を高める  

生活科は、身近な環境と直接関わる活動や体験の中で生まれる気付きを大切にします。学校探検を行う中で、気付きが生まれ、その質が高まるような多様な活動を行ったり、手立てを講じたりすることが大切です。

○多様な活動を通して気付きを促す

見付ける 

▷教師の発問

先生「探検で、どんな人に会いましたか。」

▷子どもの反応例

  • 音楽室でお姉ちゃんたちが勉強していたよ。いろいろな楽器があったよ。触ってみたいな。
  • 事務室の先生に会ったよ。画用紙やテープが足りなくなったら来てね、って言ってくれたよ。

比べる

▷教師の発問

先生「 幼稚園や保育園,こども園と同じところと違うところはあるかな。」

▷子どもの反応例

  • 校庭がものすごく大きくて、びっくりしたよ。
  • 校長先生と園長先生のお仕事は似ているよね!

例える

▷教師の発問

先生「校庭の桜がとてもきれいだったね。みんなはどう思いましたか?」

▷子どもの反応例

  • 桜の花が雨みたいだなって思ったよ。
  • 下に落ちている桜の花がじゅうたんみたいに見えて、きれいだったよ。

○ 「なりきる」 活動を通して気付きを促す

 •探検隊グッズを活用する。

双眼鏡・虫眼鏡

象嵌教徒虫メガネのイラスト

探検隊秘密マップ

探検隊秘密マップのイラスト

探検バッジ

探検バッジのイラスト

自作のものでもいいですね。

•活動にも「探検隊」 であるということを反映させる。

探検隊作戦会議

子供たちがグループで話し合いをしている様子のイラスト

探検報告カードをかこう

子供たちが探検報告カードを記入してる要求のイラスト

活動のポイント3 
他教科・他単元等と関連させながら学びを深める

スタートカリキュラムで行った合科的・関連的な指導を、意図的に行っていきましょう。他教科等との関 連的な指導は、資質・能力の育成に大変有効です。低学年の子どもが人・もの・ことを一体的に捉えるという実態にあることや、幼児期における教育で、遊びを通した総合的な学びをしていることがその理由です。

○各教科等の学習との関連を図り、学びを深める

国語

男の子「話をする時は、背中をピンとして、口を大きく開けると、よく声が聞こえるよ。」

算数

男の子「チューリップがたくさんあるね。」女の子「赤いチューリップが8本で、黄色いチューリップが5本だ!」

道徳

女の子「みんなできまりを守ると危なくないね。何だか気持ちがいいよ。」

イラスト/熊アート

『教育技術 小一小二』2019年5月号より

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

授業の工夫の記事一覧

雑誌最新号