• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

国語のマンネリに喝!授業にアクセントを作る技16【♯三行教育技術】

2020/3/30

時数の多い国語だからこそ、子どもを飽きさせない授業を行いたいもの。漢字、音読などルーティンになりがちな活動をどうエキサイティングするか、学級経営にも良い影響を及ぼす仕掛けなど、♯三行教育技術のツイートから集めました!

写真AC

引き続きご応募お待ちしています!

引き続き、みなさまのご応募をお待ちしています!
ご応募はこちら!
↓↓↓
Tweet #三行教育技術

★小学館『みんなの教育技術』Webサイトでは小学校の先生に役立つ情報を毎日発信中★ぜひお気に入り登録して最新記事をチェックしてください!
↓↓↓
『みんなの教育技術』トップへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連する記事

『授業の工夫』の記事一覧

3観点の趣旨を共通理解し、子どもの学習改善につながる評価を

新学習指導要領の下で、学習評価はどう変わるのでしょうか。基本的な考え方や具体的な改善の方向性について、中央教育審議会の評価に関する議論に主査として関わった東京大…

2020/5/26

小4社会「ごみの処理と再利用」指導アイデア

小4社会「ごみの処理と再利用」の指導アイデアです。ごみを処理する事業について、処理の仕組みや再利用について調べ、その事業が果たす役割を考えていきます。ごみを処理…

小4算数「四角形を調べよう」指導アイデア

小4算数「四角形を調べよう」指導アイデアです。四角形を分類する活動を通して、台形と平行四辺形の意味を理解します。

カリスマ教師ぬまっちが休校中にしていること、子供に出した課題とは?

新型コロナウイルスの影響で休校が長引いている学校が多い中、子供たちの学びを止めないために、試行錯誤を重ねている学校も多いと思います。
子供の自主性を伸ばす教育…

小6理科「植物の養分と水の通り道」指導アイデア

生活経験を基に、植物の体のつくりと働きについて問題を見いだし、既習の知識と関連づけながら、自然の事物・現象について理解を図り、観察、実験などに関する技能を身に付…

音読指導どうする?ウィズコロナの国語授業のつくり方

新型コロナ対策で、音読や交流活動に制限がある中、国語の授業をどのようにつくるべきか? 長年音読活動を重視して教育を行ってきた佐藤隆史先生が、このコロナ禍の中でで…

オンライン授業で現場教師が直面する5つの課題

多くの自治体で小学校の長期休校が続く中、今年度初めてオンライン授業導入に踏み切ったという京都教育大学附属桃山小学校。校内でプロジェクトを先導してきた二人の先生に…

小5社会「稲作の盛んな地域」指導アイデア

小5社会「稲作の盛んな地域」の指導アイデアです。生産量の変化、生産工程、人々の協力関係、技術の向上、稲作に関わる人々の工夫や努力を調べてまとめ、国民の食料を確保…

小5体育「ボール運動(ゴール型)」指導のポイント

小5体育「ボール運動(ゴール型)」の指導ポイントです。ハンドボールは、ボール操作やシュートが比較的簡単なので、「ボールを持たないときの動き」を身に付けやすい教材…

アルファベットの書き順は指導すべき?外国語学習指導のQ&A

本格的に始動した小学校での外国語学習。 見取りの視点や興味・関心の引き出し方など、 教科書だけではわからないかもしれないポイントを、小学校外国語科検定教科書の編…

もっと見る