小1体育「器械・器具を使っての運動遊び③(マットを使った運動遊び)」指導アイデア

特集
1人1台端末時代の「教科指導のヒントとアイデア」
小1体育「器械・器具を使っての運動遊び③(マットを使った運動遊び)」指導アイデア  バナー

文部科学省教科調査官の監修による、小1体育科の授業案です。1人1台端末を活用した活動のアイデアも紹介します。今回は「器械・器具を使っての運動遊び③(マットを使った運動遊び)」の単元を扱います。

執筆/札幌市立公立小学校教諭・早川詩織
監修/国立教育政策研究所教育課程調査官・塩見英樹
   北海道教育大学教職大学院特任教授・大牧眞一

単元名

マットランドにちょうせんだ!

年間計画表 

小1体育「器械・器具を使っての運動遊び③(マットを使った運動遊び)」  年間計画表

単元目標

●知識及び技能
マットを使った運動遊びの行い方を知るとともに、いろいろな方向への転がり、手で支えての体の保持や回転をして遊ぶことができるようにする。
●思考力、判断力、表現力等
マットを用いた簡単な遊び方を工夫するとともに、考えたことを友達に伝えることができるようにする。
●学びに向かう力、人間性等
マットを使った運動遊びに進んで取り組み、順番やきまりを守り誰とでも仲よく運動をしたり、場や器械・器具の安全に気を付けたりすることができるようにする。

授業づくりのポイント

器械・器具を使っての運動遊びは、「固定施設を使った運動遊び」「マットを使った運動遊び」「鉄棒を使った運動遊び」及び「跳び箱を使った運動遊び」で構成され、さまざまな動きに挑戦し、それらができる楽しさに触れることのできる運動遊びです。

「マットを使った運動遊び」では、マットに背中や腹などをつけていろいろな方向に転がったり、手や背中で支えて逆立ちをしたり、体を反らせたりするなどして遊ぶことができるようにします。

授業づくりにおいては、目の前の子供が、幼児期にどのような運動遊びを経験してきたのか実態を把握し、円滑な接続を図ることが大切です。

本単元の前半では、動物に変身したり、転がったり手や背中で支えたりしながら、基本的な動きを身に付けられるようにします。

単元の後半では、条件を変えた運動遊びの場を新たに設け、これまでに身に付けた動きを生かして、遊び方を工夫したり、友達と遊び方の工夫を伝え合ったりして楽しく取り組むことができるようにします。

指導に当たっては、友達のよい動きを見付け合いながら簡単な遊び方を工夫し、工夫した遊び方を友達に伝えるなかで、基本的な動きを身に付けられるようにするとともに、順番やきまりを守り誰とでも仲よく運動遊びをしたり、場や器械・器具の安全に気を付けたりする姿をめざします。

 

動画① 「小学校低学年~05 マットを使った運動遊び」文部科学省

単元計画(例)

小1体育「器械・器具を使っての運動遊び③(マットを使った運動遊び)」  単元計画

楽しもう

いろいろなマットランドに挑戦しよう

1時間目は、マットを使った運動遊びの行い方を指導します。特に、マットの準備・片付けの仕方や、前の人が試技を終えて合図を出してから始めるなど、安全に関するきまりなどをていねいに確認することが大切です。

また、動物になりきって遊ぶ「へんしんランド」では、マットに両手をしっかりと着いて体を支えながら進む動きに取り組めるようにします。

1時間目に取り組んだ運動遊びを、2時間目以降は感覚つくりの運動として毎時間取り組むことで、手で体を支える基本的な動きを身に付けられるようにします。

2・3時間目は、3つのマットランド(ころころ・さかさま・ぴょんぴょん)の場を設定し、マットに背中や体をつけて揺れたり、いろいろな方向に転がったり、手や背中で体を支えていろいろな姿勢で逆立ちしたり、移動したりして、楽しめるようにします。

教師は積極的によい動きに対する称賛の声をかけるとともに、転がったり手で体を支えたりすることが苦手な子供には、マットの下に踏切り板などを入れて傾斜のある場で勢いよく転がったり、手や足を移動する場所や目線の先にマークを置いて、支持で体を移動したりする場を設定して取り組めるようにすることで、子供がよい動きを捉えることができるようにしていきます。

4・5時間目は、レベルアップした場を設定して、これまでに身に付けた動きを生かして楽しめるようにするとともに、友達のよい動きを見付ける活動を行います。

「ボールみたいに回れているね」「丸太みたいにまっすぐ回っているね」などと、物に例えてよい動きを価値付けたり、「手でぐっと押しているね」「体を丸めてくるっと回っているよ」「足がぴょーんとあがっているね」と擬態語や擬音語なども使って表現したりできるようにすると友達のよい動きを表現しやすくなります。

単元全体では、「マットランドの旅に出よう」など子供がワクワクするようなテーマを設定したり、学習の足跡が実感できるスタンプカードやパスポートなどを作ったりするなど、子供ができるようになる楽しさに触れることができるような工夫をすることも効果的です。

なお、マットを友達と協力して安全に運ぶことができているか、運動時はマットの持ち手(みみ)をしまっているか、マット上に危ないものがないかなど、単元を通して安全に関する指導を行い、子供自身が安全に気を付けて取り組めるようにしましょう。

※指導のポイントや運動例などは、以下の資料も参考になります。
・幼児期の運動(スポーツ庁)
・小学校体育指導の手引(スポーツ庁)
・器械・器具を使っての運動遊びについて~マットを使った運動遊び 小学校体育まるわかりハンドブック(文部科学省)

  


「マットを使った運動遊びの行い方」と「運動遊びが苦手な子供への配慮の例」

◇安全な場や器械・器具の準備の仕方

・運動遊びをする場所に危険物がないか気を付けて、見付けたら先生に知らせましょう。
・器械・器具などは、友達と一緒に決まった場所から安全に気を付けて運びましょう。
・安全に運動遊びができるように、服装などが整っているか、気を付けましょう。

小1体育「器械・器具を使っての運動遊び③(マットを使った運動遊び)」 イラスト
小1体育「器械・器具を使っての運動遊び③(マットを使った運動遊び)」 イラスト
小1体育「器械・器具を使っての運動遊び③(マットを使った運動遊び)」 イラスト
小1体育「器械・器具を使っての運動遊び③(マットを使った運動遊び)」 イラスト

 

◇へんしんランド

さまざまな動物になりきって、腕で体を支えて移動する動きを楽しみます。

うま

小1体育「器械・器具を使っての運動遊び③(マットを使った運動遊び)」 イラスト

あざらし

小1体育「器械・器具を使っての運動遊び③(マットを使った運動遊び)」 イラスト

うさぎ

小1体育「器械・器具を使っての運動遊び③(マットを使った運動遊び)」 イラスト

しゃくとり虫

小1体育「器械・器具を使っての運動遊び③(マットを使った運動遊び)」 イラスト

 

◇ころころランド

マットに背中や腹をつけて揺れたり、いろいろな方向に転がったりして遊びます。

丸太転がり

小1体育「器械・器具を使っての運動遊び③(マットを使った運動遊び)」 イラスト

だるま転がり

小1体育「器械・器具を使っての運動遊び③(マットを使った運動遊び)」 イラスト

前転がり

小1体育「器械・器具を使っての運動遊び③(マットを使った運動遊び)」 イラスト

後ろ転がり

小1体育「器械・器具を使っての運動遊び③(マットを使った運動遊び)」 イラスト
小1体育「器械・器具を使っての運動遊び③(マットを使った運動遊び)」 イラスト

運動が苦手な子供への配慮の例

体を丸めて揺れるゆりかごに取り組んだり、マットの下に踏切り板などを入れて傾斜のある場で勢いよく転がるように取り組んだりして、体の動かし方が身に付くようにしましょう。   

ゆりかご

 


レベルアップした場の例

・さかみちコース

小1体育「器械・器具を使っての運動遊び③(マットを使った運動遊び)」 イラスト
小1体育「器械・器具を使っての運動遊び③(マットを使った運動遊び)」 イラスト
小1体育「器械・器具を使っての運動遊び③(マットを使った運動遊び)」 イラスト

・ほそみちコース

小1体育「器械・器具を使っての運動遊び③(マットを使った運動遊び)」 イラスト
小1体育「器械・器具を使っての運動遊び③(マットを使った運動遊び)」 イラスト

 

◇さかさまランド

手や背中で体を支えていろいろな姿勢で逆立ちして遊びます。

かえるの逆立ち

小1体育「器械・器具を使っての運動遊び③(マットを使った運動遊び)」 イラスト

タワー(背支持倒立)

小1体育「器械・器具を使っての運動遊び③(マットを使った運動遊び)」 イラスト

壁登り逆立ち

小1体育「器械・器具を使っての運動遊び③(マットを使った運動遊び)」 イラスト

◯運動が苦手な子供への配慮の例

手を着く場所や目線の先にマークを置いて、体を支える姿勢を身に付けられるようにしましょう。
 

 

レベルアップした場

・肋木に印をつける

小1体育「器械・器具を使っての運動遊び③(マットを使った運動遊び)」 イラスト

 

◇ぴょんぴょんランド

手で体を支えて、体を移動させて遊びます。

かえるの足打ち

小1体育「器械・器具を使っての運動遊び③(マットを使った運動遊び)」 イラスト

支持での川跳び

小1体育「器械・器具を使っての運動遊び③(マットを使った運動遊び)」 イラスト

◯運動が苦手な子供への配慮の例

平均台や1段の跳び箱を置いて川跳びをすることで、体の動かし方を身に付けます。その際、足や手の場所にマークを置くことで、より体の動かし方が明確になります。
 

 

レベルアップした場

・川の幅を広げる

小1体育「器械・器具を使っての運動遊び③(マットを使った運動遊び)」 イラスト
小1体育「器械・器具を使っての運動遊び③(マットを使った運動遊び)」 イラスト

 

もっと楽しもう

工夫してもっと楽しく遊ぼう

単元の後半は、マットを使った運動遊びの遊び方を工夫したり、遊び方の工夫を友達と伝えたりして、もっと楽しく遊ぶことができるようにします。

「お試しタイム」と「みるみるタイム」を設定し、遊びの工夫を試すことと互いに見合うことを繰り返すことで、遊び方の工夫を広げていけるようにします。

その際、それぞれのマットランドで行ってきた遊びを提示することで、子供がさまざまな運動遊びを組み合わせたり友達と一緒に活動したりすることができるようにしましょう。

6時間目は、マットの並べ方を変えた2つのコース(ジグザグコース、ひろびろコース)を設け、【組み合わせの工夫】と【人数の工夫】に目を向けて活動します。

「お試しタイム」では、これらの工夫の観点を生かして運動している子供を積極的に取り上げて紹介することで、「やってみたい」という思いをもてるようにします。

7時間目は、さらにコースを増やし(へいきんだいコース、めいろコース)、前時に学んだ観点を生かして遊び方を工夫する活動を行います。それぞれのコースを複数用意することで、両方の観点に目を向けられるようにします。

8時間目の「みるみるタイム」では、工夫した遊び方を見せる子供と、その工夫した遊びを見る子供に分けて、交代して見せ合う活動を行います。

「友達とタイミングを合わせて回ります」「向かい合って進んで、出会ったらじゃんけんをします」など、友達に見せる前に工夫を伝えることで、互いの工夫を見付けやすくします。

また、「お試しタイム」では、友達と見せ合うことで発見した遊び方の工夫を、実際に動いて試しながら、さらに工夫ができるようにします。

イラスト/みながわこう

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
特集
1人1台端末時代の「教科指導のヒントとアイデア」

授業改善の記事一覧

雑誌『教育技術』各誌は刊行終了しました