小2体育「器械・器具を使っての運動遊び③(マットを使った運動遊び)」指導アイデア

特集
1人1台端末時代の「教科指導のヒントとアイデア」
小2体育「器械・器具を使っての運動遊び③(マットを使った運動遊び)」指導アイデア バナー

文部科学省教科調査官の監修による、小2体育科の授業案です。1人1台端末を活用した活動のアイデアも紹介します。今回は「器械・器具を使っての運動遊び③(マットを使った運動遊び)」の単元を扱います。

執筆/高知市立公立小学校教諭・山城達大
監修/国立教育政策研究所教育課程調査官・塩見英樹
   高知市立公立小学校校長・田所潤子

単元名

マットランドにぼうけんにいこう!

年間計画表 

小2体育「器械・器具を使っての運動遊び③(マットを使った運動遊び)」 年間計画表

単元目標

●知識及び技能
マットを使った運動遊びの行い方を知るとともに、いろいろな方向への転がり、手で支えての体の保持や回転をして遊ぶことができるようにする。
●思考力、判断力、表現力等
マットを使った簡単な遊び方を工夫するとともに、考えたことを友達に伝えることができるようにする。
●学びに向かう力、人間性等
マットを使った運動遊びに進んで取り組み、順番やきまりを守り誰とでも仲よく運動をしたり、場や器械・器具の安全に気を付けたりすることができるようにする。

授業づくりのポイント

低学年では、マットを使った運動遊びの楽しさに触れ、その行い方を知るとともに、回転、支持、逆さの姿勢、手足での移動などの基本的な動きや技能を身に付けるようにし、中学年のマット運動の学習につなげていくことが大切です。

また、マットを使った運動遊びを楽しく行うために、簡単な遊び方を工夫するとともに、きまりを守り誰とでも仲よく運動遊びをしたり、場や器械・器具の安全に気を付けたりすることなどができるようにすることも大切です。

マットを使った運動遊びの授業づくりでは、転がったり逆さになったり、支持したりする面白さや楽しさを味わいながら、運動経験や体力、技能の程度に関わらず意欲的に運動遊びに取り組むことができるように、楽しい活動の仕方や場を設定することが大切です。

1人1台端末を活用したアイデア

タイムシフトカメラ(映像遅延装置)を用いることで、自分の動きをすぐに確認したり、友達に動画を撮影してもらい、自分の動きと手本の動きを見比べたりすることができます。

また、授業の最後にはGoogleフォームを活用して、めあてについて「できた」と「次はがんばる」でふり返ります。

そして、めあての達成についてこの時間でできたこと、次の時間にがんばりたいことなどを互いに伝え、学級全体の状況を子供と共有することで、次の学習に生かしていくようにしましょう。

単元計画(例)

小2体育「器械・器具を使っての運動遊び③(マットを使った運動遊び)」 単元計画

授業の流れと指導のポイント

楽しく運動しよう(第1時~第5時)

動きの面白さを味わったり、友達と一緒に活動したりすることの楽しさに気付きながら、マットを使った運動遊びを楽しもう。

めあて

マットを使った運動遊びの行い方を知り、いろいろな遊びにチャレンジしてみよう。

授業のポイント

「やってみたいな」「できそうだな」「友達と一緒にもっとやりたいな」といった気持ちを大切にした場づくりや言葉がけを行います。

・低学年の子供たちは、運動経験に大きな差があることがあります。誰もが楽しめる簡単な運動遊びから学習を始めるとともに、単元を通してその運動遊びを行います。

・1年時の学習のつながりを大切にした単元計画と、子供達が進んで運動遊びに取り組むことができるような場の設定を行いましょう。

・運動遊びが苦手な子供たちがいろいろな遊びに進んで挑戦できるように、指導者は常に前向きな言葉がけを行うことと、楽しそうな表情で学習を進めることを心がけます。合わせて、少しでも成長が見られたときには、その場ですぐ認めたり、褒めたりするようにします。

授業の流れ

(1)集合、整列、あいさつ、健康観察、めあてや学習内容の確認、場の準備(5分)   
 ●感覚つくりの運動遊び(10分)
くまくもあざらしうさぎ跳びかえるの逆立ちかえるの足打ち
(2)スキルアップタイム(15分)
ゆりかご丸太転がりだるま転がり前転がり後ろ転がり
アンテナじゃんけん支持での川跳び壁登り逆立ち
(3)●チャレンジタイム・ワクワクタイム(10分) 
(4)整理運動、ふり返り、片付け、あいさつ(5分)

 

【場の設定】転がる遊びに取り組もう 

スキルアップタイム・チャレンジタイムの場

小2体育「器械・器具を使っての運動遊び③(マットを使った運動遊び)」 イラスト

【場の設定】転がる遊びに取り組もう 

ワクワクタイムの場

小2体育「器械・器具を使っての運動遊び③(マットを使った運動遊び)」 イラスト

「いろいろな遊びに取り組もう」の場

小2体育「器械・器具を使っての運動遊び③(マットを使った運動遊び)」 イラスト

 

感覚つくりの運動遊びの行い方

くま

小2体育「器械・器具を使っての運動遊び③(マットを使った運動遊び)」 イラスト

〈動き方〉
①腰を高く上げながら、大きく進む。
②進むスピードを速くしたり、遅くしたりして進む。       

〈指導ポイント〉
・指を伸ばしマットに着ける。両腕で体をしっかり支える。
・少し前を見る。
・腰を頭より高く上げて進む。

 

くも

小2体育「器械・器具を使っての運動遊び③(マットを使った運動遊び)」 イラスト

〈動き方〉
①おへそを上にして手と足で支える。
②足の方向に進む。
③進むスピードを速くしたり、遅くしたりして進む。 
      
〈指導ポイント〉
・「おへそが天井に着くように」などの言葉がけを行い、背中と床が平行になるようにする。

 

あざらし

小2体育「器械・器具を使っての運動遊び③(マットを使った運動遊び)」 イラスト

〈動き方〉
①肘を伸ばして、胸を張る。
②うつ伏せの状態から手だけで進む。     

〈指導ポイント〉
・腕だけで支持し、大きく進むように声をかける。

 

うさぎ跳び

小2体育「器械・器具を使っての運動遊び③(マットを使った運動遊び)」 イラスト

〈動き方〉
①しゃがむ。
②両手をそろえて前に手を着く。
③両手のなかに足(膝)を入れる。
①~③を繰り返して、手→足→手→足……の順に進む。

〈指導ポイント〉
・動きに慣れるまでは、指導者の「手」「足」「手」「足」といった言葉がけに合わせて、動くようにする。
・慣れてきたら、「できるだけ遠くに手を着こう」と助言する。

 

かえるの逆立ち

小2体育「器械・器具を使っての運動遊び③(マットを使った運動遊び)」 イラスト

〈動き方〉
①膝の内側に肘をつける。
②両手と目線で三角形をつくる。
③おでこを地面につけるようなイメージで体重を前にかける。       

〈指導ポイント〉
・マットの上で行う。
・はじめはおでこをつけた状態でもよいので、足を上げるようにする。

 

かえるの足打ち

小2体育「器械・器具を使っての運動遊び③(マットを使った運動遊び)」 イラスト

〈動き方〉
①両手を肩幅に開いてマットに手を着く。
②両手と目線で三角形をつくる。
③マットを強く蹴り、腰を高く上げる。
④足を高く上げ、足の裏で「パン」と鳴らす。
⑤慣れてきたら鳴らす回数を増やす。     

〈指導ポイント〉
・くまと同じ動きで、両腕でしっかり支えて、目線を少し前にして行う。
・腰が頭より高く上がるように言葉がけをする。

 


いろいろなゆりかごの行い方

小さなゆりかご

小2体育「器械・器具を使っての運動遊び③(マットを使った運動遊び)」 イラスト

〈動き方〉
①膝を抱えて座る。
②おへそを見ながら、前後に転がる。

〈指導ポイント〉
・尻→背中→後頭部の順に、滑らかにマットに接することができるようにする。
・「ゴローン、ゴローン」といったオノマトペで動きのイメージを高める。

〈動きのつながり〉
・前転、後転など

 

大きなゆりかご

小2体育「器械・器具を使っての運動遊び③(マットを使った運動遊び)」 イラスト

〈動き方〉
①手をバンザイにした状態から膝を曲げて転がる。
②手はバンザイの状態で、転がったときに、つま先が頭側の床につくようにする。
③起き上がるときは、足を振り下ろすときの反動を使って立ち上がる。       

〈指導ポイント〉
・小さなゆりかごと同じく、尻→背中→後頭部の順に滑らかにマットに接することができるようにする。
・「ゴローン、シュタッ」といったオノマトペを使って動きのイメージを高める。
・立ち上がるときに、手を着かなくても、ふらふらせずに立てている子供をお手本として紹介する。

〈動きのつながり〉
・前転、後転など

 

ゆりかごブリッジ

小2体育「器械・器具を使っての運動遊び③(マットを使った運動遊び)」 イラスト

〈動き方〉
①大きなゆりかごと同じ手順で行う。
②立ち上がる場面のときに、足の裏を地面に強くつく。
③足が地面につくと同時に手のひらで床を押してブリッジの姿勢になる。     

〈指導ポイント〉
・足の裏が床につくのと、手で押し上げるタイミングを合わせる。
・「グー、ドン!」などのオノマトペを使って動きのイメージを高める。
・ブリッジができない場合は、無理してやらなくてよい。

〈動きのつながり〉
・首はね起き、頭はね起きなど

 


ワクワクタイムでの遊びの行い方

丸太転がり

小2体育「器械・器具を使っての運動遊び③(マットを使った運動遊び)」 イラスト

〈動き方〉 
①腕はバンザイの状態にして、マットの上に寝転ぶ。
②腕を伸ばした状態のまま、転がる。     

〈指導ポイント〉
・平坦な場に置いたマットだけではなく、ワクワクタイムでは、傾斜した場に置いた坂道マットや段差マットを活用するとより楽しく活動ができる。

 

だるま転がり

小2体育「器械・器具を使っての運動遊び③(マットを使った運動遊び)」 イラスト

〈動き方〉
①足の裏をつけて座り、足首を持つ。
②前や横に転がり、起き上がる。  

〈指導ポイント〉
・「ゴローン、グッ」などのオノマトペを使って動きのイメージを高める。
・「4回転がって元の場所に戻ってこられるかな?」などの言葉がけを行う。

〈動きのつながり〉
・前転、後転など

 

前転がり

小2体育「器械・器具を使っての運動遊び③(マットを使った運動遊び)」 イラスト

〈動き方〉
①両足で軽く踏み切る。
②手を着いて体を支える。
③頭の後ろ→背中→尻の順に回る。
④できれば、手でマットを押さずに立つ。  

〈指導ポイント〉
・おへそを見るようにして、背中を丸めて転がることができるようにする。

〈動きのつながり〉
・前転

 

後ろ転がり

小2体育「器械・器具を使っての運動遊び③(マットを使った運動遊び)」 イラスト

〈動き方〉     
①手で押して起き上がることが苦手な子供は、手を耳の横にして構える。
②背中を丸めて転がる。
③転がるときに、手のひらが床に着くようにする。
④足が頭を越えたら、両手でマットを押して立ち上がる。    

〈指導ポイント〉
・上手に転がることができない子供には、まずは斜めに回ったり、肩で回ったりして、後ろ転がりに近い動きからやってみるようにする。
・足が頭を越える動きが分からない子供には、前述の大きなゆりかごで、足のつま先を頭側の床につくようにした動きを思い出すように言葉がけをする。
・踏切り板をマットの下に敷いて傾斜をつけると、転がりやすくなる。

 

アンテナ(背支持倒立)

小2体育「器械・器具を使っての運動遊び③(マットを使った運動遊び)」 イラスト

〈動き方〉
①ゆりかごを始める前のように座る。
②背中をマットにつけて足を上げる。
③腰を手で支える。
④膝は曲げずに、ピンと伸ばす。

〈指導ポイント〉
・膝が伸びていることをペアの友達に確認してもらうようにする。

 

壁登り逆立ち

小2体育「器械・器具を使っての運動遊び③(マットを使った運動遊び)」 イラスト

〈動き方〉
①肋木や壁に背中を向けた状態で立つ。
②両手を肩幅の広さで床に着け、目線と両手で三角形をつくる。
③足を段々と上げる。    

〈指導ポイント〉
・腹を凹ませて、足を開くと支えが楽になる。
・慣れてきたら、片手で行い、横の友達とじゃんけんをするとより盛り上がる。
・目線は両手の少し前にする。

 

川跳び

〈動き方〉
①しゃがんだ状態から、両手を同時にマットに着ける。
②手で支えながら両足を揃えてマットを跳び越す。
③慣れてきたら、立った姿勢から跳び越す。       

〈指導ポイント〉
・はじめは足を同時に踏み切ってマットを跳び越えることを、何回も連続で行う。
・慣れてきたら、左側からは右足から、右側からは左足から川を跳び越すようにする。

〈動きのつながり〉
・側方倒立回転

 

指導のポイント

・感覚つくりの運動遊びの動物歩きでは、腰の高さや手の向きなどを意識できるような言葉がけをしながら、動きの高まりをめざしましょう。

・マットを使った運動遊びにおける、いろいろな方向に転がる楽しさや、手で支えての体の保持や回転の楽しさを味わうことができる動きを工夫しながら行うようにしましょう。

・前転がり、後ろ転がりで上手に回ることができない子供には、坂道マットの場で行うと勢いがついて転がったり、立ち上がったりすることが容易になります。

・坂道マットには、マットの下に踏切り板を置いたり、丸めたマットの上にマットを敷いたりすると高さを調節することができます。

・ペアでICT端末を活用し、動画を見ながら自分が工夫したことを友達に伝えるようにしましょう。

 

安全のポイント

・場の準備や片付けは協力して行いましょう。

・転がる方向に人がいないことを確認してから行いましょう。

・マットの持ち手が出ている場合は、必ずマットの下に入れるようにしましょう。

小2体育「器械・器具を使っての運動遊び③(マットを使った運動遊び)」 イラスト

手の着き方

 

活動の広げ方

よい動きをしている子供を取り上げて動きを共有し、お手本としましょう。

 

工夫して楽しく運動しよう

「楽しく運動しよう」で行った動きをいろいろな場で行ったり、友達と一緒に工夫して活動したりしよう。

めあて

いろいろな場所で、友達と一緒に活動しよう。

授業のポイント

「これまでやった動きをいろいろな場所でやってみたいな!」「友達と一緒にやってみたいな!」といった子供の気持ちを大切にした場づくりや言葉がけを行います。

・第6時、第7時は、第5時までの学習を受けて、習得した動きをさらにいろいろな場で友達と一緒に活動する学習です。友達といろいろな場所に冒険へ出かけるイメージで学習を広げます。自分がやってみたいと思う場や動きを選びます。そこで出会った友達とどんな動きができるかを考えながら、運動遊びにチャレンジしていきます。

・BGMを流しながら活動すると、冒険のイメージを味わうことができ、楽しみながら活動するこができます。

イラスト/斉木のりこ

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
特集
1人1台端末時代の「教科指導のヒントとアイデア」
関連タグ

授業改善の記事一覧

雑誌『教育技術』各誌は刊行終了しました