2022年度 第58回 『実践!わたしの教育記録』 入選者発表

第58回「実践! わたしの教育記録」に、全国の先生方から多数のご応募をいただき、誠にありがとうございました。119編の応募記録の中から、一次選考、二次選考で18編に絞り、最終選考にて、下記の通り、受賞記録を決定いたしました。受賞された先生方に心よりお祝い申し上げますとともに、ご応募いただきましたすべての先生方に重ねて御礼を申し上げます。

 主催:一般財団法人 日本児童教育振興財団
 後援:小学館・教育技術研究所

各部門受賞作品と受賞者発表

各部門の受賞作品と受賞者は以下の通りです。特選作品は全文を公開中です。
特別賞、各入選作、新採・新人賞の各作品は、順次公開いたします。

特選(賞状と研究助成金50万円)
【1編】

クラウドファンディングを通して中学生が学んだこと
~ICTを活用したPBLの可能性~
(全文公開中)

<沖縄県今帰仁村立今帰仁中学校・北島幸三>

特別賞(賞状と研究助成金20万円)
【1編】

「発信・共有」をベースにした「創造」する社会科
~子どもも大人も「全員ファースト」の学びを目指して~
<バルセロナ日本人学校・久冨哲朗>

入選(賞状と研究助成金10万円)
授業・学級づくり部門【2編】

バックキャスト思考で議論する「めだま会議」の実践
~「学級の未来」の姿から「学級のこれから」を見据える取り組みを通して~ 
<愛知県豊橋市立二川小学校・水流卓哉>

「やる気にさせる」から子どもたち自身が「やる気になる」へのマインドセットの変換
~UDLガイドラインに基づいた授業実践~
<広島県府中町立府中小学校・友田真>

入選(賞状と研究助成金10万円)
授業・学校づくり部門【2編】

“面白そう” から始めよう ~主体性を高めるきっかけづくり~
<北海道札幌市立札幌開成中等教育学校・宮森正人>

新しいPTAの在り方 ~保護者も主体的で対話的な活動を目指して~
<埼玉県さいたま市立大宮国際中等教育学校・窪田悠>

新採・新人賞(賞状と研究助成金10万円)
【1編】

こうやって動けばいいんだ!こうやって動きたい!
~プログラミング的思考を取り入れた表現~
<愛知県名古屋市立神の倉小学校・中原修平>

審査員

  • 赤坂真二(上越教育大学教職大学院教授)
  • 岩瀬直樹(学校法人 軽井沢風越学園校長 軽井沢風越幼稚園園長)
  • 菊池省三(教育実践研究家)
  • 木村泰子(大阪市立大空小学校初代校長)

※50音順・敬称略

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!

教師の学びの記事一覧

雑誌最新号