小1 国語科「これは、なんでしょう」板書例&全時間の指導アイデア

特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア

文部科学省教科調査官の監修のもと、小1国語科「これは、なんでしょう」(光村図書)の各時の板書例、発問例、想定される児童の発言例、1人1台端末活用のポイント等を示した授業実践例を紹介します。

 小一 国語科 教材名:これは、なんでしょう(光村図書・こくご 一下)

監修/文部科学省教科調査官・大塚健太郎
編集委員/相模女子大学学芸学部 子ども教育学科専任講師・成家雅史
執筆/東京学芸大学附属小金井小学校・小野田雄介

1. 単元で身に付けたい資質・能力

1年生の「話すこと・聞くこと」の学習の最後の単元になります。様々な話題で話したり聞いたりしてきたことで、力をつけてきた頃ではないでしょうか。

本単元では、特に、互いの話に関心をもち、相手の発言を受けて話をつなぐ力の育成を目指します。
これまでの学習では、「一人で発表する」活動を中心に行ってきましたが、この学習では、「二人で発表する」活動を行います。発表のために、二人で話題や内容を話し合っていくことを通して、上記の資質・能力が身に付くようにしていきましょう。

二人一組での話合い活動は、話合い活動の基礎となります。相手の発言を受けて話をつないでいくことで、お互いの考えを理解し、より納得した形で考えをまとめていくことができます。

他教科等を含め、いろいろな学習場面で「おとなりの友達と話し合ってみましょう」といった活動に取り組んできた経験もあると思います。そうした経験を素地にして、本単元に取り組めると良いですね。

2. 単元の評価規準

単元の評価規準

3. 言語活動とその特徴

本単元では、「1」で示した資質・能力を身に付けていくために「二人で話し合ってクイズをつくり、発表する」という言語活動を設定しています。

「クイズをつくり、発表する」活動ならば一人でも可能ですが、あえて二人で活動することで「1」で示した資質・能力の育成を目指す形になります。そこがこの言語活動の特徴と言えるでしょう。
二人で活動する楽しさを、児童が実感できるようにしたいものです。児童は、これまでの経験から、友達と活動することの楽しさを感じているはずです。単元の導入では、そうした経験を想起することで、学習への意欲を高めていけるとよいでしょう。

クイズは、スリーヒントクイズの形式で行います。この形式にすることで、どの順番でヒントを出すか、話し合う場を自然に設定することができます。

一方で、二人で活動する難しさにも出会うことでしょう。一人であれば自分で決めることができますが、二人であれば相手と話し合って考えをまとめていかなければならないからです。
しかし、そうした難しさを乗り越えていくことで力が身に付いていきます。どうしたらお互いの考えをまとめていけるのか、児童と話し合って学びを深めていけるようにしましょう。

4. 指導のアイデア

〈主体的な学び〉 友達と話し合ってみよう「〇〇タイム」

二人で話し合う活動に名前を付け、意図的に取り入れていくようにしましょう。

学習の見通しをもつ際に、一人で考えることと、二人で考えることを比べてみて、そのよさを聞いてみます。「楽しい」「一人で考えるより色々思いつきそう」などの意見が出てくるでしょう。主体的な学びを引き出せるよう、話し合って楽しかった経験を想起するとよいです。友達の考えを聞いて、考えが広がったことなどを思い出すことで、二人で活動するよさに気が付きやすくなるでしょう。

一方で、心配なことも聞いてみます。「友達と考えが違ったらどうしよう」といった反応が予想されます。そこで「そうしたらどうしますか」などと問い返してみましょう。そうすると「相談してみる」「話し合って決める」と言った意見があがるでしょうから、そのアイデアを認め、「そうだんタイム」「はなしあいタイム」といった活動名を付けていきます。名前を付けることで、今後、他の場面でも取り入れていきやすくなります。

また「〇〇タイム」の活動を通して現れる困ったことを、解決していけるような支援も必要です。
後述する「〇〇タイムのコツ」を取り入れるなどして、自分たちの力で話合いを進められた、という実感がもてるようにしていきましょう。

〈対話的な学び〉  友達と話し合って、話す内容や構成を考える「発表メモ」

発表の内容や構成を、下のような「発表メモ」を使って可視化していくと、対話的な学びを進めやすくなります。

単元の冒頭で、教師によるスリーヒントクイズのモデルを示し、その内容や構成を振り返る時間をとるようにしましょう。そうすることで、児童はどのような発表をすればよいか「発表メモ」の形を知ることができます。

「発表メモ」の形がわかったら、それをもとに、自分たちの発表の内容や構成を考えていきます。
下の例の点線は付箋紙を示しています。ヒントをたくさん書き出し、その中から三つのヒントを選び、その順番を決める、という活動を、付箋紙を使って行うことで、話し合いを可視化することができ、対話的な学びが活性化していくでしょう。

スリーヒントクイズ例
〈深い学び〉 話合いを進めるコツを考えよう「〇〇タイムのコツ」

「〇〇タイム」の活動を通して、話合いをうまく進めるためのコツを「〇〇タイムのコツ」といった形でまとめていくと、学習が深まっていきます。

既にそうしたものが学級にある場合は、それに加筆する形で十分ですが、その中でも本単元で特に有効なものを児童と選んでいけるとよいですね。
一方、そうしたものがない場合は、この機会につくってみましょう。これまでの経験からでも、ある程度コツをまとめることはできるはずです。

本単元では「どう?」と相手に発言を促したり、「どうしてそう思ったの?」と理由を尋ねたり、「どういうこと?」と内容を確かめたりする言葉を使うことで、話をつなげていく力を育てていきましょう。
実態にもよりますが、できればこうした言葉を教師から与えるのではなく、児童から引き出してまとめられるとよいですね。そのためには、話合いで児童が困っていることを教師が見取っていくことが大切です。どちらか一方の意見だけで進んでしまう、相手と自分の考えが違う、相手が言っていることがわからない、といった状況があれば、それを学びの材料として、どうしたらよいか児童に尋ねていきましょう。きっと児童は解決の道を見つけ出します。それをコツとして言語化していくことで、学びを深めていくことが期待されます。

5. 1人1台端末活用の位置付けと指導のポイント

クイズの答えになるものを撮影し、記録する際に端末を活用できます。

答えになるものは、学校にあって、みんな知っているものとします。その上で、端末を持って二人組で答えになりそうなものをいくつか撮影する時間を取りましょう。

撮影に行くことで、考えるだけでは思いつかなったものを発見することが増えるでしょう。そうした発見は、学習意欲の高まりにつながっていきます。

またヒントを考える際にも、撮影したものが手がかりになります。形や色、近くにあるものなど、より具体的なヒントを考え出しやすくなり、学びを活性化させるでしょう。

6. 単元の展開(5時間扱い)

 単元名: ふたりでかんがえよう「これは、なんでしょう」

【主な学習活動】
・第一次(1時
① 教師の「これは、なんでしょう」クイズを聞いて、学習の見通しをもつ。

・第二次(2時3時4時
② クイズの答えになりそうなものを端末で撮影し、1つに決める。
③ ④ クイズの答えになるものを決め、三つのヒントと、どの順番で話すかを考えて「発表メモ」にまとめる。

・第三次(5時
⑤「これは、なんでしょう」クイズ大会を行い、学習を振り返る。

各時の板書例、活動例と指導アイデア

【1時間目の板書例 】

1時間目の板書例

1時間目は、単元の始まりの時間です。学習へのワクワク感を高めつつ、見通しがもてるような時間にしましょう。

まずは教師による「これは、なんでしょう」クイズを行ってみましょう。児童は喜んで考えるでしょう。クイズが終わったら、「ヒントはいくつ出しましたか?」「ヒントの一つ目は何でしたか」といった具合で、クイズの内容を振り返る時間をとります。そのとき、上の板書例にあるような、発表メモの形で板書をすると、この後の見通しをもちやすいでしょう。

やり方がわかったところで、みんなで「これは、なんでしょう」クイズをつくってみようと投げかけます。児童はすぐにつくりたがるでしょうが、今回は「ふたりで考えてみましょう」と伝えます。
いろいろな声があがると思いますが、下のようなやりとりを通して、二人で考えるよさや、心配について話し合ってみます。心配な点については、どのように乗り越えていくか、これまでの経験をもとに見通しがもてるようにするとよいです。

一人ではなく、二人で考えるよさは何ですか?

一人よりも楽しいと思います。

いろいろな意見を考えられそうです。

そうですね。反対に、心配なことはありますか?

意見が違ったら、どうしようかなと思います。

それは心配ですね。今までのことを思い出して、解決するためのよいアイデアはありませんか?

意見が違ったら相談したらよいと思います。

どうして、って聞いてみたらいいと思います。

これまでもそういうことがありましたね。今回は二人で考えるので、二人でよく「そうだんタイム」をとりながら進めていきましょう。二人で力を合わせて、面白いクイズをつくっていきましょう。


【2時間目の活動例 】

2時間目は、二人組を作って、クイズの答えになりそうなものの撮影に行きましょう。
実態にもよりますが、校庭や校舎内など、ある程度自由に撮影できるようにすると、児童は主体的に取り組みやすいでしょう。「学校にあって、みんなが知っているもの」というクイズの条件を確認してから撮影に行くようにしましょう。

教室に戻ってきたら、答えになりそうなものを「そうだんタイム」で決めます。


【3・4時間目の板書例 】

3・4時間目の板書例

3・4時間目は、活動の進度に差が生じやすいので2時間続きで学習できるようにします。
前時で決めたクイズの答えについて、ヒントを考え発表メモにまとめていきます。この時間は「そうだんタイム」であることを伝えましょう。

発表メモが完成したペアは、発表の練習時間をとるとよいでしょう。自分たちで端末を使って、発表の練習を録画し、聞きやすい発表になっているか確認するようにします。

「対話的な学び」のために

板書で、教師のクイズの発表メモを振り返る時間を作ります。
児童は「メモを埋めればいいんだ」と考えがちですが、このメモを完成させるために教師がどのような思考をたどっていったか、実態に応じながら示していくようにしましょう。

まずヒントをたくさん考えたことを伝えます。たくさん考えることで、よりよいヒントを選ぶことができることに児童が気付けるようにしましょう。
その後、ヒントを三つに絞り、順番を考えていきます。順番を考える際、例えば「じかんがわかる」をヒント1にしたらどうか、児童に聞いてみます。順番を工夫することで、クイズが面白くなることを発見できるようにします。

みなさん、前回の「そうだんタイム」では、答えになるものを相談しましたね。今回の「そうだんタイム」では何を相談するか分かっていますか。

ヒントを相談します。

そうですね。ヒントを相談するときに気を付けることは何だか分かりますか。

先生のヒントは、三つありました。

だんだんと、答えに近付くようなヒントになっていました。

すごい。よく気が付きましたね。そうでしたね。先生のヒントは、最初「まるい」でした。これだけでは、何のことか分かりませんでしたよね。二つめのヒント「ずっとうごいている」でも「何だろう?」って考えていましたね。三つめのヒント「すうじがかいてある」を出したら、「あ、もしかしたら……」という人が出てきました。

ヒントってすごく大切です。

ヒントはいっぱいあったほうがいいね。

そうですね。今回の「そうだんタイム」では、そのヒントを考えてもらいます。
まずは、たくさん考えてみましょう。
(板書に①を書く)

先生は、このようなところからヒントを考えましたよ。
(「かたち」、「いろ」、「とくちょう」、「やくわり」を板書する)

以上のような手順を示し、児童が「発表メモ」を使って対話的に学習を進められるようにしていきましょう。

「深い学び」のために

二人で考えをまとめていくために、「そうだんタイムのコツ」といった形で、互いの話をつないでいくにはどうしたら良いか言語化してみましょう。

言語化のタイミングは二つあります。

一つ目は発表メモの作り方を考える前です。
「そうだんタイムで、うまく話をつなげていくにはどうしたらよいですか」などと問いかけてみます。1時間目の学習やこれまでの学習から、ある程度考えることができるでしょう。こうした言葉を使って、互いの話をつなげ、考えをまとめていくように伝えます。

二つ目は発表メモを作っている最中です。
活動中にうまく話をつなげているペアや、逆に話がつながっていかないペアを見取っていきます。タイミングを見て、教師の見取りを全体にフィードバックし、コツを加筆していくとよいでしょう。

大切なのは、コツをいたずらに増やすことではなく、コツを意識しながら二人で考えをまとめていくことです。どちらか一方の考えだけでまとめることがないように、互いの話に関心をもって、つなげていくことができるようにしたいところです。ですので、この時間の終わりに、お互いが納得しながら考えをまとめられたか振り返る時間をとるとよいでしょう。コツを使って話し合ってみた結果、どのようなことを学ぶことができたのか、価値付けていくようにします。


【5時間目の活動例 】

5時間目は、前時までに考えたクイズを発表します。発表の形式は全体、あるいはいくつかのグループに分ける方法が考えられます。実態に応じて選択しましょう。

発表後には、学習全体の振り返りをします。
特に、「〇〇タイム」や「〇〇タイムのコツ」は、今後の学習でも生かすことができるものです。学んだことを話し合って、学級の財産にしていくとよいでしょう。

イラスト/横井智美

【関連記事】
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデアシリーズはこちら!
・小2体育「器械・器具を使っての運動遊び(跳び箱を使った運動遊び)」指導アイデア①
・小2体育「器械・器具を使っての運動遊び(跳び箱を使った運動遊び)」指導アイデア②
・小1体育「器械・器具を使っての運動遊び(マットを使った運動遊び)」指導アイデア①
・小1体育「器械・器具を使っての運動遊び(マットを使った運動遊び)」指導アイデア②
・小3体育「器械運動(跳び箱運動)」指導アイデア①
・小3体育「器械運動(跳び箱運動)」指導アイデア②
・小6体育「ボール運動(ネット型)」指導アイデア①
・小6体育「ボール運動(ネット型)」指導アイデア②
・小5体育「器械運動(マット運動)」指導アイデア①
・小5体育「器械運動(マット運動)」指導アイデア②
>>もっと見る

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア

授業改善の記事一覧

雑誌最新号