子どもの思いを大事にして授業づくりをすること 【理科の壺】

連載
理科の壺/進め!理科道~理科エキスパートが教える、小学校理科の指導法とヒント~

國學院大學人間開発学部教授

寺本貴啓

子どもの思いを大切にすると、教師が思っていなかった発言が出て、そのあとどのようにすればいいのか困ってしまうということがありますね。でも、先生が主導で授業を推し進めすぎると、子どもたちにとっては「先生に言われたからやっているだけ」ということになってしまいます。子どもたちにとっては、面白くない授業になりやすいです。では、子どもたちの思いを大切にするということはどういうことなのか? そこには、子どもたち1人1人の気持ちを大切にした「配慮」と「努力」があるようです。ベテランの先生の考え方や準備の方法はどうなっているのでしょうか? 優秀な先生たちの、ツボをおさえた指導法や指導アイデア。今回はどのような “ツボ” が見られるでしょうか?

執筆/神奈川県公立小学校主幹教諭・岡田洋平
連載監修/國學院大學人間開発学部教授・寺本貴啓

1.予備実験は「子どもたちをワクワクさせる」ための大事な時間

子どもたちは理科の学習がとても好きです。とても好奇心旺盛で、早く実験がしたい。じっくりと観察がしたい。という思いをもっています。だから、私たちは子どもの思いを大事にした学習の展開を心がけたいものです。経験年数が長くなった今でも、予備実験をして、自分の目で現象を確かめ、どんな子どもへの声かけが必要か、どんな手立てが必要か、授業をする前に検討しています。経験年数の浅い先生方には、事前の予備実験は大事な時間として、確保してほしいと思っています。今回は、いくつかの事例から「子どもの思いを大事にして授業づくりをすること」について考えていきたいと思います。

2.「比べる」と子どもは考えやすくなり、発言も増える

理科の単元の導入は問題づくりが大事です。「比較しながら調べる」や子どもたち自身で「問題を見いだす」という学び方を大事にするとよいです。これはどの学年でも当てはまりますし、子どもたちの興味をより高めていくには、とても効果的な方法です。

ここでは、5年「天気の変化」を例に説明します。
晴れた日とくもりの日の写真を比較することで、子どもたちの気づきや疑問を引き出すことができます。写真は教室から見た空の様子を、「同じ場所」「同じ時刻」で撮影した(晴れの日、くもりの日の日にちが違うだけ)2種類を比較します。

その写真を見比べて子どもたちと学習するときは、1枚ずつ提示し、気づいたことをたくさん話す場面を作ります。まずは晴れの日で気づいたことをたくさん話した後、次のくもりの日の写真から気づいたことを発表します。

2枚目のくもりの日の写真で気づいたことを出すときは、「晴れの日と違って~」「晴れの日と比べると~」といった、【前の写真と比べてどうか?】といった視点が入り、子どもの話し方も高まっていきます。

その際は、先生が
【子どもの気づきを認め、称賛すること】
【子どもの話し方を価値づけること】
で、子どもたちの発言は活発になり、安心して取り組めるようになります。

子どもたちの気づきが全部出たところで、次にこのように発問してみましょう。

すると、こんなやりとりができます。

天気の変わり方って、どうなっているのかな?

雲が動いていると思うよ。

雲が動くから天気が変わるんだよ。

でも、どっちに動くのかな?

たぶん、公園の方に動いていると思うよ。

きっと、雲の動きが天気の変わり方に関係しているよ。

気づきをたくさん話すことで、子どもは自信をもつことができます。気づけば自分たちだけで話合いを進めることもできます。

子どもの疑問が全部出たところで、教師は
『どんな問題ができそうかな?』
と発問するとよいです。すると、子どもたちは『ぼくたちの学校の空にある雲は、どのように動くのかな?』などと、問題を見いだすことができます。

3.子どもの思いに沿って手立てを考える

自分たちで見いだした問題であれば、子どもたちのこだわりは強く、【しっかりと調べたい】【正しいことを知りたい】と、真剣に取り組みます。ここで、教師が注意したいことは、全員が納得できる結果を導き、みんなの意見が反映される学習展開になっているかを見極めることです。子どもたちはこだわりをもっているからこそ、もし、違う結果が出たときの支援はより重要になってきます。

3年「音の性質」を例に説明します。
【音が出ると物は震えるのかを調べる実験】では子どもによって感じ方が違います。この実験では、音楽室にある楽器を使って調べることが多いと思います。音を出した後に指で楽器を触って、音が出ているときの楽器の震えを調べます。

音が出ているときに、物をさわると、ビリビリしていました。

物が震えているから、ビリビリしたよ。

と音と震えの関係に気づく子どもたちと、

私は震えているかどうかわからなかった。

と話す子どもたちがいます。

ここで教師が、子どもの考えに触れないまま、『でも、教科書は〜』『震えたと言っている子が多いから~』とまとめてしまうと、『震えているか分からない』と思っている子どもの思いは学習に生かされません。

ここで、教師はなぜ分からなかったかを問うことが大事です。子どもたちは『触ると音が止まったから、よく分からなかった』と言うことがあります。そこで、教師は学級全体に、
『どうしたら、分かるかな? ◯◯さんが困っているけど、みんなどうしたらいいと思う?』
と、声をかけるとよいです。

すると、子どもたちは実験方法を考え直します。「実験方法の構想」は、主に5年生で育てたい力ですが、3年生でも考えることができます。そして、『手で押さえるのではなくて、紙で触れてみたらどうかな』などとある子が発言し、子どもたちは自分たちの思いで、納得できる方法を導くことができます。紙で触れると動く様子を目で見ることができるので、子どもたちは【音が出ると、物が震える】と結果に納得できます。子どもの思いを大事にすることで、子どもの学ぶ意欲は続いていきます。

4.子どもの姿をイメージしながら教材研究をしよう

6年「水溶液の性質」を例に説明します。
身近な洗剤でも、生活場面で安全に使うことができるものが多くなっています。このような水溶液は、水溶液にリトマス紙が反応した後、しばらくすると色が元に戻ってしまうことがあります。だから、子どもたちには、『リトマス紙に付けた直後の色の変化を見るんだよ』などと事前の声かけが必要になります。この声かけが子どもの観察する目を育てることにつながります。

また、最近では、薄められた塩酸が教材として販売されています。事前に薄めてある塩酸を使用すると、教材準備も短い時間で行うことができます。そこで注意したいことは、どの塩酸を購入すべきかです。教材カタログによって表記は違いますが、A社は「1mol/L塩酸」と「2mol/L塩酸」があります。B社は「4%塩酸」と「9%塩酸」があります。これは塩酸の濃度の違いを表しています。

<塩酸の種類とその用途>

金属を溶かす場合には、濃度が濃い塩酸を使う必要があります。だからと言って、塩酸は金属がすぐに変化を始める濃度ではありません。子どもたちの安全を考慮しています。そのため、少しずつ泡が出て、熱を発生させ、形が変化して溶け始めるまでには、時間を費やします。

子どもたちは5年生で食塩が水に溶けることを学習します。食塩を水に入れた瞬間、少しずつ小さくなり見えなくなったことを溶けると捉えています。しかし、金属を塩酸に入れた直後はまだ反応は見られません。子どもたちは『何も変化をしない』『金属は溶けない』と判断しがちです。だから予想の場面を大事にしたいです。水溶液に金属は溶けると予想した子どもがいたら、教師は
『すぐに溶けるかなぁ?』や
『食塩が水に溶けるときと同じかな?』
と投げかけるとよいです。そうすると、子どもたちの中には、『時間がかかるかもしれない』と発言する子どもが出てきます。子どもたちがじっくりと時間をかけて観察したいという思いをもてるようになります。教師の声かけがとても重要になります。

イラスト/難波 孝

「このようなテーマで書いてほしい!」「こんなことに困っている。どうしたらいいの?」といった皆さんが書いてほしいテーマやお悩みを大募集。先生が楽しめる理科授業を一緒に作っていきましょう!!
※採用された方には、薄謝を進呈いたします。

理科の壺は毎週水曜日更新です!


〈執筆者プロフィール〉
岡田洋平●おかだ・ようへい 神奈川県公立小学校主幹教諭/横浜市小学校理科研究会筆頭総務。研究会では主に、運営面の総括を行っている。校内では、児童支援専任・特別支援教育コーディネーターとして、特別支援教育の推進と児童や保護者との教育相談を行っている。共著に『板書で見る全単元・全時間の授業のすべて 理科 小学校4年』(東洋館出版社)等がある。


<著者プロフィール>
寺本貴啓●てらもと・たかひろ 國學院大學人間開発学部教授 博士(教育学)。小学校、中学校教諭を経て、広島大学大学院で学び現職。小学校理科の全国学力・学習状況調査問題作成・分析委員、学習指導要領実施状況調査問題作成委員、教科書の編集委員、NHK理科番組委員等を経験し、小学校理科の教師の指導法と子どもの学習理解、学習評価、ICT端末を活用した指導など、授業者に寄与できるような研究を中心に進めている。


【関連記事】
理科の壺/進め!理科道~理科エキスパートが教える、小学校理科の指導法とヒント~シリーズはこちら!
・小学校理科における1人1台端末時代の板書の意味 【進め!理科道〜よい理科指導のために〜】#16
・子どもとともに学ぶ、小学校理科授業のつくりかた 【理科の壺】
・理科をもっと好きになる! 子どもが学びに夢中になる単元のゴール 【理科の壺】
・小学校理科における1人1台ICT端末の活用 【進め!理科道〜よい理科指導のために〜】#15
・理科授業での “対話のススメ” ~子どもたちの問題解決の質を高めるために~【理科の壺】
・年末に進めておきたい!理科室・理科準備室の整備 【理科の壺】
・作っておくと便利! タブレット端末で使う「結果の共有シート」づくり 【理科の壺】
・小学校理科でのプログラミングの位置づけ 【進め!理科道〜よい理科指導のために〜】#14
・子どもの思いを大事にして授業づくりをすること 【理科の壺】
・実験の目的を明確にしたい! ICT端末を使った “予想の共有” どうする? 【理科の壺】
>>もっと見る

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
連載
理科の壺/進め!理科道~理科エキスパートが教える、小学校理科の指導法とヒント~

國學院大學人間開発学部教授

寺本貴啓

授業改善の記事一覧

雑誌最新号