小1体育「ゲーム(ボールゲーム)」指導アイデア②

特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア
小1体育「ゲーム(ボールゲーム)」指導アイデア バナー

文部科学省教科調査官の監修による、小1体育科の授業案です。1人1台端末を活用した活動のアイデアも紹介します。今回は「ゲーム(ボールゲーム)」の単元を扱います。

執筆/東京都公立小学校主任教諭・板口真吾
監修/国立教育政策研究所教育課程調査官・塩見英樹
   東京都教育庁指導部主任指導主事・美越英宣

単元名

ゴー・ゴー・シュート!

「年間計画表」はこちら

単元目標

●知識及び技能
ボール投げゲームの行い方を知るとともに、簡単なボール操作と攻めや守りの動きによって、易しいゲームをすることができるようにする。
●思考力、判断力、表現力等
ボール投げゲームの簡単な規則を工夫したり、攻め方を選んだりするとともに、考えたことを友達に伝えることができるようにする。
●学びに向かう力、人間性等
ボール投げゲームに進んで取り組み、規則を守り誰とでも仲よく運動をしたり、勝敗を受け入れたり、場や用具の安全に気を付けたりすることができるようにする。

授業づくりのポイント

「ボール投げゲーム」は、主として集団対集団で、得点を取るために友達と協力して攻めたり、得点されないように友達と協力して守ったりしながら、競い合う楽しさに触れることができる運動遊びです。

ゲームにつながる運動遊びやゲームに取り組むなかで、基本的なボール操作と攻めや守りの技能を身に付けられるようにします。また、子供のよい動きを教師が積極的に称賛することはもちろん、子供が自分のよい動きに気付くことができるように、「肘が上がっていてボールの投げ方がとても上手だね」「相手がいないところに動いてシュートをすることができたね」など、子供のよい動きについて具体的な言葉がけをすることが大切です。

なお、ボールを扱うのが苦手な子供のために、柔らかいボールを用いたり、空気を少し抜いたボールを用いたりするなどの配慮もします。

そして、一年生では、規則が分かりやすく、今もっている力で十分に楽しめる易しいゲームをはじめのゲームとして提示することが大切です。はじめのゲームに取り組み、みんなが楽しくゲームができるように、子供が場や得点方法などの規則を選びます。

子供が簡単な攻め方を選ぶ段階では、教師が攻め方を提示し、子供がもっとたくさん得点するための攻め方を選ぶとともに、ボールを投げて得点した工夫を友達に伝えるようにします。

さらに、公正に行動する態度、特に勝敗については、正しい態度や行動が取れるように指導することも重要です。

感染症対策(例)
・授業前後の手洗いを徹底します。
・集合する際は、間隔を十分に取るようにします。
・場の設定では、密を避ける場の工夫や移動できる場所を制限するなどの工夫をします。

単元計画(例)

小1体育「ゲーム(ボールゲーム)」指導アイデア 単元表

工夫する段階

簡単な攻め方を選び、相手チームに勝とう

第4~6時では、たくさん得点を取るための簡単な攻め方を選んで、相手チームに勝てるようにします。簡単な攻め方をホワイトボードに掲示して、子供たちがチームで選択できるようにしましょう。

ふり返りでは、選んだ攻め方について、自分で考えて取り組んだことを友達に伝えられるようにします。その際、教師は、子供がコート内で動いて伝えたり、コート図や人を表すマグネットを用いて説明したりすることができるように、支援をしましょう。

  

単元後半(規則が変わったゲームからチームで攻め方を選ぶ/第4~6時、攻守に分かれて行う的当てゲーム)

〈ゴー・ゴー・シュート! の規則〉
・6チーム編成/1チーム5~6人
・円形のコート3つ(1コートに2チームずつ分かれて対戦)
・1ゲームの時間…1チーム前半:攻め3分・守り3分、後半:攻め3分・守り3分
・1人1つボールを持つ
・攻めは、3分以内なら何回でも投げてよい
・台の上にある的を落としたら1つにつき1点
・守りは3人(守りは、前半と後半で交代する)
・両チーム3分間の攻防(前半と後半で計2回)終了後、合計得点が多いチームの勝ち

小1体育「ゲーム(ボールゲーム)」指導アイデア イラスト

※2・3時間目に規則を選んで取り組んだゲームのなかから、子供たちが一つのゲームを選ぶようにします。

〈攻め方を選ぶ〉

※選ぶ視点を掲示して示す。

小1体育「ゲーム(ボールゲーム)」指導アイデア イラスト

〈攻め方を選択できるようホワイトボードに掲示〉

小1体育「ゲーム(ボールゲーム)」指導アイデア イラスト

〈動きをマグネットで可視化〉

第4~6時の全体でのふり返りでは、子供が「攻め方を選んだこと」について、考えて取り組んだことをチームの友達に伝えた後に、数人の子供を指名し、学級全体で発表するようにして、子供のよさを共有します。

小1体育「ゲーム(ボールゲーム)」指導アイデア イラスト

〈教師の支援〉

すべてのチームが勝つことができるように、教師は負けているチームの支援を重点的に行うようにしましょう。

1人1台端末を活用した指導アイデア

タブレットに学習カードのデータを入れ、めあてについて「 」でふり返ります。その学習カードを基に、表計算ソフトで集計表を作成して、瞬時に集計できるようにしておくことで、学級全体でのふり返りの際に活用することができます。

小1体育「ゲーム(ボールゲーム)」指導アイデア イラスト

 


学習カード
※ダウンロードはこちら

 

小1体育「ゲーム(ボールゲーム)」指導アイデア 集計表
集計表・グラフ(例)
※クリックして集計・グラフのエクセルデータをダウンロードしてください。

小1体育「ゲーム(ボールゲーム)」指導アイデア①
「知る段階」はこちら   

イラスト/みながわこう

【関連記事】
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデアシリーズはこちら!
・小2体育「器械・器具を使っての運動遊び(跳び箱を使った運動遊び)」指導アイデア①
・小2体育「器械・器具を使っての運動遊び(跳び箱を使った運動遊び)」指導アイデア②
・小1体育「器械・器具を使っての運動遊び(マットを使った運動遊び)」指導アイデア①
・小1体育「器械・器具を使っての運動遊び(マットを使った運動遊び)」指導アイデア②
・小3体育「器械運動(跳び箱運動)」指導アイデア①
・小3体育「器械運動(跳び箱運動)」指導アイデア②
・小6体育「ボール運動(ネット型)」指導アイデア①
・小6体育「ボール運動(ネット型)」指導アイデア②
・小5体育「器械運動(マット運動)」指導アイデア①
・小5体育「器械運動(マット運動)」指導アイデア②
>>もっと見る

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア

授業改善の記事一覧

雑誌最新号