小1算数「ひきざん」指導アイデア《13-9のけいさんのしかたをかんがえよう》

執筆/東京都公立小学校主幹教諭・小泉友
編集委員/文部科学省教科調査官・笠井健一、東京都公立小学校校長・長谷豊

本時のねらいと評価規準

ねらい

11~18から1位数を引くくり下がりのあるひき算で、被減数を分解して計算する方法(減加法)を理解する。

評価規準

13 -9などの計算のしかたを、数の見方(10 といくつ)を活用して、操作や図、式を用いて考え、説明している。

もんだい
どんぐりが 13 こ あります。
9こ つかいました。
どんぐりは なんこ のこっていますか。

(まず、ばらばらのどんぐりの絵だけを見せ、口々につぶやかせる)

どんぐりがあるよ。

全部で13個ある。

このどんぐりを使って工作をしようと思います。2つ使ったら、いくつ残りますか。

11個残ります。

どうやって考えましたか。

13ー2= 11 と考えました。

ひき算で考えたんですね。では、今日の問題です。
(上の問題を提示する)
どんな式になりますか。

13ー9になります。

のこりはいくつになりますか。

なんか難しそう。

みんな、13-2はすぐにできましたね。この13-9は13-2とどこが違いますか。

3から9が引けません。

では、どうやって考えたらいいでしょう。

学習のねらい

13ー9の けいさんの しかたを かんがえよう。

見通し

図を使ってみたらいいよ。

ブロックを使いたいな。

計算できそうだよ。

自力解決の様子

A 素朴に解いている子

ブロックや〇の図を使って、数えびきで考えている。


ねらい通りに解いている子

ブロックや〇の図を使って、10 から9をひく方法で考えている。


C ねらい通りに解いている子

13 を10 と3に分け、計算して考えている。

自力解決の様子から、子供たちの状況を評価します。そして、子供たちの学習の状況によって個別指導を行い、一度全員の手を止めさせて、「ヒントを言える人はいるかな」と困っている子へのヒントを出させるなどし、全員が解決に向けて動き出すことができるような指導を行います。

学び合いの計画

学び合いのねらいは、13 という一の位から引くことができないくり下がりの場面について、数を柔軟に見て、ひき算の解決に向かうということです。

具体的な操作も大切ですが、13を10と3に分けて計算することのよさを子供が実感することができるようにします。そのために、ブロックの操作や図を使った考え方と、数を分けて計算する考え方を関連付けていきます。

ブロックの10のまとまりからまず9を取る操作と、計算での10と3に分けた考えとを関連付け、式と具体をつなぎます。

子供たちに「似ているところはどこかな」と投げかけたり、「〇〇さんの考えのどんなところがいいのかな」と問うことにより、子供たちから関連付けたり、よさに目を向けたりする態度を引き出し、それを板書したり、言葉で伝えたりして価値付けていきます。

ノート例

全体発表とそれぞれの考えの関連付け

13ー9はどのように考えて答えを求めましたか。

私は図を描いて考えました。

C1さんの考え方

ということは、答えは4になりますね。

僕はブロックを使って考えました。

C2さんの考え方

計算で考えました。

C3さんの考え方

C2さんとC3さんはどんなところが似ていますか。

C2さんは10個のところからブロックを取っています。

C3さんは、10と3に分けた10から9個をひいているところが似ています。

では、一の位の数からひくことができないひき算は、どうすれば計算することができそうですか。

10といくつに分けて、10からひけば計算することができそうです。

学習のまとめ

子供たちの「似ている」という言葉から、操作と式との共通点を引き出し、10と3というように、被減数を分解して、10-9=1と3を合わせて計算していることをまとめます。

評価問題

12-9は いくつですか。ずなどを つかって、けいさんの しかたを かきましょう。

※ 12-9の計算のしかたについて、学習したことを基に図などを使ってノートにかかせるようにする。

感想例

・一の位がひけないひき算でも、10と3に分けて10からひけばよいことが分かりました。
・C2さんのブロックを使って10からまとめて9をひくのと、C3さんの10と3に分けて9をまとめて取るのが似ていました。


イラスト/松島りつこ、横井智美

『教育技術 小一小二』2021年10/11月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!

授業改善の記事一覧

雑誌最新号