小4体育「ベースボール型ゲーム」指導アイデア

執筆/新潟県公立小学校教諭・相田洋輔
編集委員/国立教育政策研究所教育課程調査官・塩見英樹、新潟県公立小学校校長・長谷川智

授業づくりのポイント

中学年のベースボール型ゲームは、打つ・投げる・捕るなどの基本的なボール操作と、ボールの飛球方向に移動したり、全力で走塁したりするなどのボールを持たないときの動きによって、攻守を交代する易しいゲームをすることをねらいとしています。

単元前半では、ボールを遠くへ打ったり、投げたり、捕ったりする技能を身に付けることや、ゲームの行い方を知ったり、課題を見付けたりすることに重点を置きます。

単元後半では、「たくさん得点する」や「早くアウトにする」などの課題を解決しながら運動を楽しむために、規則を工夫したり、簡単な作戦を選んだりしながらゲームを行います。また、自分のチームやペアチームのよい動きを伝えたり、自主的にゲームを進行したり、友達を応援したりすることで、運動との多様なかかわり方をすることができ、より楽しむことができます。

単元計画(例)

単元計画(例)

※単元前半では、練習ゲームで基本的なボール操作を身に付けたり、メインゲームで課題を見付けたりします。単元後半では、課題を解決しながら運動を楽しむために、規則を工夫したり、簡単な作戦を選んだりしてゲームを行います。

楽しむ①基本的なボール操作を身に付け、ゲームを楽しもう

どの子供も楽しんでゲームに参加するためには、基本的なボール操作を身に付けることが大切です。そこで、練習ゲームを設定し、楽しみながらボール操作の機会を増やします。メインゲームは、規則を知ったり、攻めや守りそれぞれの解決したい課題を見付けたりする時間にします。練習ゲームは、慣れてくると短時間で行うことができ、メインゲームの時間を確保することができます。また、安全面に配慮したゲームをすることが大切です。

授業を行う際には、新型コロナウイルス感染症予防対策として、子供たちに授業前後の手洗いを徹底するように指導しましょう。活動中は地域の感染レベルに応じて、適切な身体的距離を確保するようにしましょう。

「打つ」練習ゲーム
「バッティングゲーム」

「打つ」練習ゲーム「バッティングゲーム」
※コーンやティ―スタンドを使います。

〈規則〉
・1チーム4人程度。
・1人3~5球打つ。
・前時よりも遠くへ打った(飛球距離が伸びた)人数を数える
〈動きのポイント〉
・振り抜く。
・腰を回転する。
・腕が伸びる位置に立つ。
・ボールのやや下を打つ。

飛球距離だけでなく、打球の「強さ」に着目してもいいね。チームで行うと、友達の「伸び」が分かるね。

「投げる・捕る」練習ゲーム
「スロー&キャッチゲーム」

「投げる・捕る」練習ゲーム「スロー&キャッチゲーム」
※投げるときはラインを踏むかまたぐかします。

〈規則〉
・1チーム4人程度。
・壁にボールを投げる。
・次の人が捕って投げる(ラインより後ろで捕球する)。
・30秒で何回投げたかを数える。
〈動きのポイント〉
・足を一歩前に出す。
・力強く投げる。
・跳ね返ったボールの正面に移動する。

次の人がラインより後ろで捕球できるように強いボールを投げよう。

メインゲーム(規則を知る・課題を見付ける)

メインゲーム(規則を知る・課題を見付ける)

練習ゲームで身に付けたポイントを意識してゲームをしよう。チームの課題を見付けられたかな?

〈規則〉
・4対4で行う。
・手や用具(バットやラケット)で打つ。
・「攻め」が全員打ったら攻守交代。
〈攻め〉
・打ったら、塁上(コーン)を走る。
・1塁1点、2塁2点、3塁3点、本塁4点と得点する。(2周目は5点、6点…となる)
・アウトになるまで走り続ける。
〈守り〉
・ボールを捕球したら、先回りしたアウトゾーンにボールを持って集まる(走者のほうが早い場合は、プレー継続)。
・守る側の全員がアウトゾーンに集まり、「アウト!」とコールできたらアウトになる。

アウトの方法

楽しむ②課題を解決しながらゲームを楽しもう

イラスト/高橋正輝、横井智美

『教育技術 小一小二』2021年10/11月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!

授業改善の記事一覧

雑誌最新号