小4算数「倍の見方・割合」指導アイデア

特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア
小4算数「倍の見方・割合」指導アイデア

執筆/富山県射水市立大島小学校教諭・前田正秀
監修/文部科学省教科調査官・笠井健一、前・富山県南砺市立福光東部小学校校長・中川愼一

小四算数 年間指導計画

単元の展開

第1時 何倍かを求める計算(例:親クジラ15m、子クジラ5m → 何倍?)

第2時 比較量を求める計算(例:子キリン2m、親キリン3倍 → 親キリンは何m?)

第3時 基準量を求める計算(例:親ヒョウ12㎏、子ヒョウの6倍 → 子ヒョウは何㎏?)

第4時(本時)差による比較と割合を使った比較

第5時 まとめ・たしかめ

本時のねらい

(割合を求める計算、比較量を求める計算、基準量を求める計算の3通りを学習した後)
ある二つの数量の関係と別の二つの数量の関係との比べ方について、差で比べることはふさわしくない場面があることに気付き、割合を使って比べることについて考える。

評価規準

簡単な場合について、ある二つの数量の関係と別の二つの数量の関係との比べ方を考察し、場面に合った比べ方をしている。(思考・判断・表現)

本時の展開



ある店で、トマトとミニトマトをねあげしました。トマトは1こ100円が200円に、ミニトマトは1こ50円が150円になりました。ねだんの上がり方が大きいのは、どちらと言えますか。

値段の上がり方が大きいのはどちらでしょう。

どちらも100円値上がりしています。同じだと思います。

でも、元の値段が違うよ。100円が200円になるのと、50円が150円になるのと、同じ上がり方と言っていいのかな。

同じ100円の値上げでも、トマトは2個分の値段なのに、ミニトマトは3個分の値段になっている……。

もしもミニトマトが2個なら100円から300円に、200円も値上がりする……。

それでは、どうやって比べたらよいのでしょうか。元の値段が違う場合の比べ方について、考えていきましょう。



元にする大きさが違う場合の比べ方を考え、説明しよう。

見通し

ミニトマトのほうが値段の上がり方が大きそう。(結果の見通し)

何倍かを求める割り算を使えば、比べられそう。(方法の見通し)

自力解決の様子

A つまずいている子

値段の上がり方は同じ。
・差が同じだから値段の上がり方も同じだと考えている。


B 素朴に解いている子

ミニトマトのほうが高くなっている。
・ミニトマトを100円分買うとしたら、値上がり後は300円になるから、トマトの200円よりは高くなるので、ミニトマトのほうが値段の上がり方が大きいと考えている。


C ねらい通り解いている子

ミニトマトのほうが高くなっている。
・何倍になっているかで比べればよいことに気付き、値上がり後2倍になるトマトより、値上がり後3倍になるミニトマトのほうが値段の上がり方が大きいと考えている。

学び合いの計画

比べ方には大きく分けて、差で見る場合と割合で見る場合があります。子供たちはこれまで、大きさを比べる場合には、差で比べる経験を多く積んできました。

元の大きさの何倍になっているか、割合で比べることは、子供たちにとって経験の少ない学習になります。ここでは、割合で見る比べ方を教えるだけでなく、元の大きさが違うときにはどうして差で比べてはいけないのか、間違っている理由もていねいに指導し、納得させる必要があります。

学び合いにおいてはまず、差では比べられないことについて十分に話し合います。そのことを納得したうえで、何倍になっているかで比べる方法について話し合っていきます。

何倍になっているかを求める際には、わり算を使って計算します。このやり方は、第1時において学習しました。立式にあたっては、2本のテープ図だけでなく、関係図も提示するとよいでしょう。そうすることで、子供が自分にとって分かりやすい図を選択することができます。

全体発表とそれぞれの考えの関連付け

①差で比べてよいかについての話合い

どちらも値段が100円上がっていますね。値段の上がり方は同じと言ってもよいでしょうか。

算数図1

同じ100円でも、100円から200円になるのと、50円から150円になるのとでは、なんだか違う気がします。例えば1万円から1万100円になっても、あんまり上がった気がしません。

元の値段が同じじゃないから、ちゃんと比べられないのだと思います。

もしミニトマト2個なら、元の値段はトマトと同じ100円になります。ミニトマト2個だったら、100円から300円になって、200円も値段が上がります。だから、同じとは言えないと思います。

そもそも100円上がったという言い方がおかしいような気がします。例えば、トマトは1個なら100円上がるけど、2個なら200円、3個なら300円上がります。何個買うかによって上がる金額が違います。いつでも100円増えているわけではありません。

確かにそうですね。それでは、トマトやミニトマトは、どれだけ値段が上がったと言えばよいのでしょうか。

算数図2

②何倍かで比べる方法についての話合い

値段の上がり方をどうやって比べましたか。

元の値段の何倍になっているかで比べました。トマトは元の値段の2倍になっていて、ミニトマトは3倍になっています。だから、ミニトマトのほうが値段の上がり方は大きいと思います。

差で比べると、何個買うかによって上がる金額がばらばらになってしまうので、何倍になったかで比べました。トマトは1個買っても2個買っても3個買っても、値段の上がり方は2倍になっています。ミニトマトは、3倍になっています。

どんな計算をして、2倍や3倍と求めたのですか。

トマトは200÷100で2倍、ミニトマトは150÷50で3倍と求めました。

どうしてわり算をしようと考えたのですか。

僕はテープ図を使って考えました。100円を1と見るから、100で割りました。

算数図3

私は関係図を使って考えました。100円を□倍すると200円になるので、200を□で割りました。

算数図4

ノート例

ノート例



トマト    200÷100=2    2倍
ミニトマト  150÷ 50=3    3倍
元の値段の3倍のミニトマトのほうが、値段の上がり方が大きいと言える。

・元になる大きさが違うものを比べる場合には、それぞれが元の何倍になっているかで比べる方法がある。

評価問題

フルーツトマトは、1こ200円から400円にねだんが上がりました。ミニトマトは、1こ50円から150円にねだんが上がりました。フルーツトマトとミニトマトでは、ねだんの上がり方が大きいのはどちらだと言えますか。

子供に期待する解答の具体例

フルーツトマト 400÷200=2 
ミニトマト 150÷50=3
値段の上がり方の大きいのはミニトマト。

本時の評価規準を達成した子供の具体の姿

何倍かを求めて比べることを考えて、結論を出している。

感想

  • 上がった値段の幅が同じでも、元の値段が違っていたら、値段の上がり方は同じではないということが分かりました。
  • 元の値段が違っていても、何倍になっているかを求めれば、比べることができました。
  • いろんな比べ方があるので、場面によってうまく使い分けられるようになりたいです。

1人1台端末活用ポイント

元にする大きさをそろえることを説明する際に、デジタル端末を利用するのもよいでしょう。テープ図を伸ばして提示することで、視覚的に理解しやすくなります。

算数図5

イラスト/横井智美、やひろきよみ

【関連記事】
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデアシリーズはこちら!
・小2 国語科「そうだんにのってください」 板書例&全時間の指導アイデア
・小5 国語科「グラフや表を用いて書こう」全時間の板書&指導アイデア
・小6外国語 Unit 5「We all live on the Earth.」指導アイデア②
・小5外国語 Unit 5 「Where is the post office?」指導アイデア②
・小3外国語活動Unit 5「What do you like?」指導アイデア
・小4外国語活動Unit 5「Do you have a pen?」指導アイデア
・小1 国語科「しらせたいな、見せたいな」全時間の板書&指導アイデア
・小6体育「器械運動(マット運動)」指導アイデア①
・小6体育「器械運動(マット運動)」指導アイデア②
・小2体育「ゲーム(鬼遊び)」指導アイデア①
>>もっと見る

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア

授業改善の記事一覧

雑誌最新号