小1算数「あわせていくつ」指導アイデア(1/2時)《合併の場面の加法の計算》

特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア
タイトル 小1算数「あわせていくつ」指導アイデア

執筆/埼玉県さいたま市立大谷場中学校教諭・西村良平
監修/文部科学省教科調査官・笠井健一、浦和大学教授・矢部一夫

単元の展開

第1時(本時) 2つの数量の合併の場合について、加法の意味や式の表し方を理解する。

第2時 合併の場面を加法の式に表し、答えを求めることができる。

本時のねらい

ブロック操作や言葉を用いて、合併の場面を加法として捉えさせる。

評価規準

合併の場面について、ブロック操作や言葉を用いて、解決過程を説明している。

本時の展開



(さしえ②を みて)すいそうに きんぎょは なんびきいるでしょうか。

挿し絵①は、何をしているのでしょうか。

①の左の絵は、お皿に2個と1個のクッキーを入れています。

①の右の絵は、じゃがいも掘りかな。2人でかごに4個入れています。

数えると、クッキーは全部で3個だね。

じゃがいもは全部で4個ね。

では、挿し絵②を見てください。

金魚を水槽に入れるところだね。

あれ、「はてな」があるよ。

水槽に、金魚はなん匹いるでしょう。

数えないと分からないんじゃないかな。

水槽の中には、きっと5匹いるよ。

え、見えないのに5匹と分かるのですか。本当に5匹になるか、確かめましょう。



水槽の中の金魚がなん匹なのか、確かめましょう。

見通し

水槽と金魚の絵を描いて確かめよう。

算数ブロックを使って確かめてみよう。

図(金魚を〇にして)にかいて、確かめられないかな。

自力解決の様子

A つまずいている子

なん匹になるか分からない。
・ブロックを正しく置けない。→ワークシートの金魚の上に、ブロックを置いてみるよう助言する。
・ブロック移動が正しくできない。→2人が金魚を水槽に入れていることを確認し、操作を促す。


B 素朴に解いている子

ブロックの移動が正しくでき、5匹となることが分かる。

算数図1

C ねらい通り解いている子

ブロックの移動を、図や言葉を用いて表すことができる。

【図】

算数図2

【言葉】

3匹と2匹を合わせて、5匹になります。

学び合いの計画

本時は、演算を初めて学ぶところなので、「場面」「ブロック操作」「『3と2を合わせると5になる』という言葉」をていねいに確認し、関係付け、最後に「たし算と等号の記号」を指導し、図・式・言葉を結び付けていきます。

具体的には、まず、全体で予想した答えになったかの確認をします。その後、どうして水槽の中の金魚が5匹となるのか、半具体物(ブロック)による操作、図を用いた説明を発表させて、二人の持っていた金魚の移動の様子を全体で共有します。その際、「3と2を合わせて5」という言葉も板書し、視覚的にも確認します。

その後、図と操作の発表を比較することで、「合わせる」というキーワードに気付かせていきます。その際、「合わせるということは、今までもしたことはありましたか」と学びをふり返ることで、「5は3と2」という「いくつといくつ」の学習とのつながりに気付かせていきます。

最後に、「合わせる」ということを加法の演算記号「+」と書くことを指導し、本問題場面では、お話の順序通り「3+2」と書くことを確認します。

ワークシート例

ワークシート例

全体発表とそれぞれの考えの関連付け【まとめ後に、加法の演算記号を指導】

水槽の中の金魚は、なん匹になりましたか。

5匹になりました。

予想通りになりましたね。どのようにして確かめましたか。

私は、ブロックを使いました。まず、女の子の袋に金魚が3匹います(と言って、ブロックを置く)。男の子の袋に金魚が2匹います(と言って、ブロックを置く)。どちらも水の中に入れると、5匹になります。

算数図3

どうして、水の中に入れると5匹になるのですか。

みんな一緒になるからです。

(ブロックを両手で合わせる操作をしながら)3匹と2匹が合体すると、5匹になるからです。

水の中に入ると、合体するのですね。水の中に入る前は……。

バラバラ!!

なるほど。「バラバラ」と「合体」に注意して、みんなも机の上で、今のやり方をやってみましょう。

女の子の袋に3匹。男の子の袋に2匹。合わせて5匹。

算数図4

ブロックをまっすぐ並べると見やすいですね。

ブロックでやると、「がっちゃん」だね。

「がっちゃん」とは、どういうことですか。

(両手でこのように)合わせるということです。

音で表したのですね。図で書けた人はいますか。

女の子の袋に金魚が3匹います。男の子の袋に金魚が2匹います。どちらも水の中に入れると、合わせて5匹になります。

算数図5

なるほど。図に○が出てきているのだけど、○が何か分かる人はいますか。

金魚です。

どうして金魚を○でかこうと思ったのですか。

絵を描くのは大変だからじゃないかな。

ブロックの□より、○は簡単にかけるから。

なるほど! そこまで考えているのはとてもいい工夫ですね。ほかに工夫はありますか。

矢印がかいてあります。

合わせていることが分かります。

たくさん工夫しているのですね。みんなもノートに図をかいてみましょう。

女の子の袋に3匹。男の子の袋に2匹。合わせて5匹。

算数図6

ブロックと図で、同じところはありましたか。

3と2を合わせているところです。

今までも、「合わせる」勉強はしてきましたか。

「いくつといくつ」の勉強で、「5は3と2」とやりました。

そうですね。「3と2を合わせると5になる」ということですね。

※この後演算記号「+」と等号「=」を用いて、場面を式に表すことを押さえます。



3匹と2匹を合わせると5匹になる。
このことを「3+2=5」と書きます。これを「式」と言います。
ブロックで表すと、こうなります。

評価問題

くるまは あわせて なんだいですか。しきに かいて こたえましょう。ブロックを うごかして こたえを たしかめましょう。

算数イラスト

子供に期待する解答の具体例

式 1+2=3  答え3台

算数図7

感想例

  • 合わせるときは、 「+」を使うことが分かりました。
  • 二つの物を、がっちゃんと合わせることを「たし算」と言いました。
  • ほかのたし算問題もやりたい。

イラスト/横井智美、やひろきよみ

小1算数「あわせていくつ」「ふえるといくつ」指導アイデア(1/6時)

小1算数「あわせていくつ」「ふえるといくつ」指導アイデア(5/6時)

【関連記事】
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデアシリーズはこちら!
・小4外国語活動 Unit 7「What do you want?」指導アイデア
・小5外国語 Unit 7「Welcome to Japan.」指導アイデア②
・小5外国語 Unit 7「Welcome to Japan.」指導アイデア①
・小6 国語科「狂言 柿山伏」「柿山伏について」板書例&全時間の指導アイデア
・小3外国語活動 Unit 7「This is for you.」指導アイデア
・小4体育「ゲーム(ゴール型ゲーム)」指導アイデア①
・小4体育「ゲーム(ゴール型ゲーム)」指導アイデア②
・小1体育「器械・器具を使っての運動遊び(マットを使った運動遊び)」指導アイデア②
・小3体育「器械運動(跳び箱運動)」指導アイデア①
・小3体育「器械運動(跳び箱運動)」指導アイデア②
>>もっと見る

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア

授業改善の記事一覧

雑誌最新号