梅雨の時期の休み時間にぴったりなゲーム

特集
とっておきのアイデアいっぱい!小学校のゲーム・レク・アイスブレイク記事まとめ

梅雨に入ると、休み時間に外で遊べないことが増え、学級もなんとなく落ち着かない……なんてことはありませんか。けがやけんかの心配をせずに、休み時間を安全に楽しく過ごして、次の授業も気持ちよくスタートできるとよいですね。楽しく過ごせるこんな遊びはいかがでしょう。

執筆/東京都県公立小学校主任教諭・柳生実華

ダック&グース〜ハンカチ落としを英語バージョンで〜

みんなで丸くなり、鬼になった子が、ダック、ダック……と言いながら、肩や頭を触って円の外側を歩いていきます。

「ダック、ダック、……グース!」で触られた子は、ハンカチ落としと同様に、鬼に向かってダッシュ! ハンカチがなくても、盛り上がります。「どっちの人にハンカチを落としたの?」なんていうこともなく、楽しく盛り上がります。

ペアフル

椅子なしでできるフルーツバスケットのペアバージョンです。子供たちは円をつくり、まん中を向きます。隣の人同士で手をつなぎ、ペアをつくります。

鬼になった人は、円の中心で「○○の人!」とお題を出します。お題に当てはまった人が、ペアのどちらにもいる場合、もしくは、ペアのどちらか一人でもいる場合は、ペアは解散。手を離して、別の人とペアになります。

ペアをつくれなかった人が次の鬼となり、お題を出します。

かくれんぼうさんを探せ〜名探偵28(クラスの人数)〜

名探偵になった子(グループでもよい)は、廊下に出ます。その間に、一人〜二人(かくれんぼうさん)は、教卓の下などにかくれます。他の子は、友達同士で席を替わったり、フードをかぶったりして待ちます。名探偵は、教室に入ってきて、かくれんぼうさんを探すというゲームです。席を替わったところも一緒に当てさせても楽しいですね。

イエス・ノーゲーム

答える人(グループでもよい)には分からないようにお題を決めたら、みんなにはお題を紙に書いて知らせます。「質問ある人?」と呼びかけ、「見たことはありますか?」「学校に持ってきていますか?」などと、みんなから質問をさせます。みんなの反応を見て、お題がなんなのかを当てるというゲームです。

みんなでめざせ! ○○名人

「けん玉名人」「早口言葉名人」「暗算名人」などの中からエントリーするものを決めます。

エントリーした人で、トーナメント形式で対決。エントリーしなかった人は、応援で参加するなどして、学級全員で盛り上げましょう。

名人になったら名人証をもらえるなど、工夫するのもよいですね。

人間知恵の輪

4〜5人で内側に向かい合って円になり、両隣以外の人とランダムに手をつなぎます。そこから、手を離さないようにしながら、円の状態に戻れたら成功です(円の外側を向いている人がいてもOK)。

まずは、二人組から始めるとよいですね。チーム対抗にしてもよいでしょう。人数が多いほど、難しくなります。

気分もアゲアゲ! ステレオゲーム

5〜6人で「せーの!」の合図で、同時にほめ言葉を言います。言われた人は、よく聞いて、誰がどんな言葉を言ったのかを当てます。ほめ言葉は、言われた人もうれしくなりますよね。

クラスの実態に応じて、ドラえもんなどのキャラクターの特徴をほめ言葉にしても、面白いですね。

係ごとにイベントを考えよう!

雨が降った日の中休みは、係ごとに考えた、みんなが楽しめる企画を行うのもよいですね。はじめは、なかなか思い付かないかもしれませんが、継続して行っていくことで、いろいろなアイデアが出てくるはずです。

例えば、

  • ○○クイズ大会(生き物係など)
    ○○に関するクイズを出して、答えてもらいます。たくさん答えられた人には、手作りの賞状を渡すなどの工夫をするのもよいですね。
  • ○○発表会(お笑い係・ダンス係など)
    ふだん、みんなのためにネタを考えたり、練習したりしている係が、教室を会場にして発表します。優先的に前の席で見られるグリーン席チケットなどを発行すれば、盛り上がります。
  • 体を動かせ! 鉄腕ダッシュ(遊び係)
    歩数計をいくつかと、ストップウォッチを用意します。3〜4人が前に出て、体のどこかに歩数計を付けます。30秒間、思いきり体を動かし、歩数計の歩数が一番多かった人の勝ちです。雨で体を動かせないでうずうずしている子も、これでばっちり。トーナメントにして競って、みんなで応援し合うのもよいですね。

安全に楽しく遊ぶために…

「雨の日グッズ」を用意しよう!

外で遊べないときには、カルタやトランプ、ウノ、百人一首などを教師が何セットか用意しておきます。

「雨の日にだけ使っていいよ」「片付けのしかたは……」などとルールをあらかじめ示し、外で遊べないときなどに使えるようにしておくことで、子供たち同士で、楽しく遊ぶことができます。

他学年との交流も

他の学年の教師の理解も得られれば、昔遊びの教え合いや、教室観光ツアーなどを企画してみてはいかがでしょう。「こんな係活動をしているよ」「こんな勉強もするよ」と、二年生から一年生に説明したり、こまの回し方を教えたりするのもよいですね。

ただし、「あのクラスだけ……」なんていうことがないように、同じ学年の教師とも連携を取りながら、調整をしておくことも必要です。

雨の日だからこそできる過ごし方を、子供たちと一緒に考えて、安全に楽しく過ごしていきましょう。

イラスト/佐藤雅枝

『教育技術 小一小二』2021年6/7月号より

【関連記事】
とっておきのアイデアいっぱい!小学校のゲーム・レク・アイスブレイク記事まとめシリーズはこちら!
・梅雨の時期の休み時間にぴったりなゲーム
・<小4・小5・小6>梅雨も元気 雨の日の 子供の心と体を育てる「折々のレク&ゲーム」②
・学年末や新学期におススメの学級レク④「ならびっこ」
・仲が深まるミニゲーム~年度末でも自己紹介~
・授業の隙間のミニゲーム〜算数じゃんけん編~
・みんなで楽しく一年を締める!思い出づくりの「学年末レク」
・授業の隙間5分でできるミニゲーム【国語】
・授業の隙間5分でできるミニゲーム【算数】
・学習とアイスブレイクを同時に! 授業隙間のミニゲーム【国語】
・授業の隙間のミニゲーム【算数】
>>もっと見る

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
特集
とっておきのアイデアいっぱい!小学校のゲーム・レク・アイスブレイク記事まとめ

学級経営の記事一覧

雑誌最新号