小3外国語活動Unit1「Hello!」指導アイデア

「外国語活動」がスタートして3年目。授業において、さらに子供たちが楽しみながら外国語に慣れ親しむ活動を考えたいところです。小三のActivityとその他の活動をビジュアル豊かに紹介します。

執筆/沖縄県宮古島市立東小学校教諭・平良 優
監修/文部科学省視学官・直山木綿子

教材/『Let’s Try! 1』

小3外国語活動Unit1「Hello!」指導アイデア

単元計画(全2時間)主な活動

第1時

①Let’s Watch and Think バリエ1
映像を見て、世界のいろいろな国のあいさつを知る。

②Let’s Chant バリエ2
あいさつや名前の言い方に慣れ親しむ。

第2時

①Let’s Chant バリエ2
あいさつや名前の言い方に慣れ親しむ。

②Let’s Listen バリエ3
音声を聞いて、国旗と世界の子供たちとを線で結ぶ。

③Activity バリエ4
あいさつをして、名前を言い合う。

バリエ1

第1時 Let’s Watch and Think

活動の流れ

  1. 知っている国旗や世界の友達がどんなことを言っているかについて予想を伝え合う。
  2. デジタル教材の音声を聞いたり、映像を視聴したりする。
  3. 視聴した国のあいさつで、ペアであいさつをし合う。

アイデア

Let’s Watch and Thinkの動画の出だしには国旗が映し出されます。そのため、どの国の映像なのかがすぐに分かってしまいます。

そこで、事前に各国の映像から、国の様子が分かる風景をスクリーンショットし、スライドを作成します。そのスライドで、それぞれの風景が、どの国の様子かを予想させたうえで動画を視聴させると、ワクワクしながら映像を見ることができます。その後、その国のあいさつであいさつし合いましょう。

国の様子が分かる風景のスライドを見ている子供たち

バリエ2

第1・2時 Let’s Chant

活動の流れ

  1. 音声を聞き取ることに集中するために、「字幕なし」で数回聞く。
  2. 慣れてきたら、音声をまねて言う。
  3. 内容に合ったジェスチャーを考える。
  4. ジェスチャーを交えながらペアで行う。
  5. 男子パート、女子パートに分けて全体で行ったり、歌詞を自分の名前に替えてペアで行ったりする。

アイデア

高学年の「読むこと」につながるように、言い慣れてきたら「字幕あり」で行い、自然と文字に慣れ親しませましょう。

ペアで活動している様子

バリエ3

第2時 Let’s Listen

活動の流れ

  1. 国旗で国名を確認する。
  2. 人物と国旗のマッチングを予想する。
  3. 音声を聞いて線で結ぶ。

アイデア

前時のLet’s Watch and Thinkで扱った国と世界の友達(登場人物)です。

国名や人物を確認する場面で、その国のあいさつを「どんなあいさつだったかな?」や、「この友達はどんなことを言っていたかな?」と問いかけ、想起させると、音声を聞く必然性が高まります。

バリエ4 

第2時 Activity

活動の流れ

  1. 友達とやり取りを楽しむために、笑顔やジェスチャーを大切にしながら、あいさつをして名前を伝え合う。
  2. 席の隣や前後のペアで行う。
  3. 教室を自由に歩き回って行う。

あいさつの言葉は英語だけで行うのではなく、これまでに学んだ国の言葉で行うと、楽しみながら行うことができます。

構成/浅原孝子 イラスト/荻野琴美(オーデザインチャンネルズ)

『教育技術 小五小六』2021年4/5月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!

授業改善の記事一覧

雑誌最新号