小1算数「どちらがひろい」指導アイデア

関連タグ

執筆/神奈川県公立小学校教諭・小畠政博
編集委員/文部科学省教科調査官・笠井健一、島根県立大学教授・齊藤一弥

2人の生徒に話しかける先生の絵

本時のねらいと評価規準

(本時1/1時)

ねらい
身の回りにあるものの広さに着目し、任意単位などにより比較する力を養うとともに、日常生活に活用しようとする。

評価規準
身の回りにあるものの広さに着目し、任意単位による面積の比べ方を考え、広さを数値で表している。

問題

どちらのかみがひろいでしょう

①②の書き初めを貼り付けた2枚の紙の図

※模造紙に書き初めの作品を貼っている。

教室の後ろに、みなさんが書いた書き初めを貼っています。本棚があるので、②は長四角になっていますね。

①と②では、紙の形が違います。

どちらの紙が広いでしょうか。

②のほうが横に長いから広いと思います。

①は縦に長いから、難しいなあ。

2枚の紙の広さをどうやって比べたらよいのでしょうか。

学習のねらい

どちらのかみがひろいかかんがえ、みんなにつたえよう。

見通し

長さを比べたときに、端を揃えて考えたので、同じようにすれば、どちらが広いか分かると思います。

重ねて比べるのは大変なので、長さ比べのときと同じように、同じものがいくつ入るかで比べられると思います。

自力解決の様子

A.つまずいている子
一方の長さにのみ着目し、感覚的に判断してしまっている。

B.素朴に解いている子
2枚の紙を直接重ねて、どれだけはみ出ているかで比べようと考えている。

C.ねらい通りに解いている子
模造紙に貼ってある「書き初めの紙」の枚数を数えて、比べようと考えている。

学び合いの計画

ものの大きさを比べるときに、比べたい量を明確にする必要があります。そのため、広さにしっかり着目させましょう。

縦と横の長さが揃っていない紙の場合、一方の長さが長いほうが広いとは言えないことを確かめていきます。

子供たちは、これまでの経験から端を揃えて重ねて比べようと考えます。しかし、実際に大きな模造紙を重ねようとすると扱いが難しく、はみ出している部分をさらに比べる必要があり、手順が多くなります。

直接比較は、有効な比べ方ですが、適さない場合もあることを理解していきます。

任意単位による測定を用いることで、広さを数値化して比べることができ、そのよさに気付かせていくことが大切です。

ノート例

全体発表とそれぞれの考えの関連付け

2枚の紙の広さをどうやって比べたらよいでしょうか。

横の長さを比べるとよいと思います。②のほうがとても長いので、②のほうが広いと思います。

縦の長さだと①のほうが長いので、長さだけでは比べられないと思います。

どちらが長いかではなく、広さを比べているので、2枚の紙を重ねればよいと思います。 ※実際に2枚の紙を重ねる。

紙が大きいから大変だよ。

はみ出ているところがあるから、どちらが広いのか分かりにくい。

切って、比べてみてはどうかな。

書き初めを切ってしまうので、ほかの方法がよいと思います。

長さ比べのときに、机の横と縦の長さを消しゴム何個分かで比べました。広さも同じように、 消しゴムがいくつ入るかで比べたらよいと思います。

消しゴムだと数がたくさんになりそうだから、 違うもので数えたほうがよいと思います。

筆箱だったら、あまり数も多くならないよ。

「書き初めの紙」を数えると、①は15枚、②は14枚だから、①が②より1枚分広いということが分かります。

長さやかさ比べのときと同じように、ある大きさがいくつ分あるかで、広さも比べられるということですね。この方法のよいところはなんでしょうか。

数を数えれば比べられるということです。

重ねられないものでも比べることができるところです。

評価問題

じんとりあそびをしました。 どちらがどれだけひろいでしょうか。

解答の具体例

くろ:ますが 9まい
しろ:ますが7まい
「くろ」 の ほうが 「しろ」よりひろい。
9-7=2 2まいぶんひろい。

本時の評価規準を達成した子供の具体の姿

黒と白のそれぞれのますの数を調べ、同じ大きさのますがいくつ分あるかで、広さを数値化して比べることができる。

感想例

  • 長さのときと同じように、ますの数で広さも比べることができました。
  • 数に表すと、どれだけ広いのかがよく分かり、違いを表すことができました。
  • もっといろいろな広さを比べてみたくなりました。
  • 教室の広さは、床のタイルの数を数えれば比べられると気が付きました。

イラスト/松島りつこ・横井智美 

『教育技術 小一小二』2021年2月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
関連タグ

授業改善の記事一覧

雑誌最新号