なぜ不登校やひきこもりは日本だけなのか?!

関連タグ

新型コロナ禍で、「学校より自宅がいいと子供が言い出して、まいった」という親の声を聞きます。学校に行くのが嫌な子の延長に不登校やひきこもりがあります。それらの子供には、きっとある通奏低音が流れているに違いありません。今回はエデュケーショナル・マルトリートメント(教育虐待)の視点から、それを考えてみました。

文/教育ジャーナリスト・高瀬康志

見えないものとして扱われる「不登校」「ひきこもり」

10年以上前のことですが、ひきこもりの人と闇鍋をする集まりに参加したことがありました。そのとき、ひきこもりのひとりが、

「最近、ニートという言葉が出てきたでしょう。不登校もひきこもりも全部ニートにひっくるめられてしまって、もう不登校の子やひきこもりはあってないような存在です」

と漏らしました。筆者が、

「レッテル貼りもそうだけど、目にしたくないもの、耳に入れたくないものはこの世にないと思う人間もいるから、困っちゃうよな」

と言うと、その人は、

「人間は怖いです」

と返しました。別に注目されたいわけではないでしょうが、社会から見向きもされないのはやはり寂しいものです。ふと足元を見れば、いつでも虚無は口を開けて待っています。

子供によかれと思う教育が仇になっていないか

『教育技術小五小六』2019年10月号で、中学受験をめぐって父親が小6の息子を殺した事件を取り上げたとき、教育的行為がエデュケーショナル・マルトリートメント(教育虐待)になりうることを、その第一人者である武田信子・ジェイス代表理事(元武蔵大学教授)のコメントをもらって指摘したことがありました。その武田さんが、エデュケーショナル・マルトリートメントを切り口にして日本の教育に警鐘を鳴らす『やりすぎ教育』(ポプラ社)を上梓されたと聞き、取材しました。

武田さんは執筆動機について、

「学校に行きたくない子供たちをいつまで苦しめたり死なせたりするのでしょうか。子供たちの代わりに声を上げなくてはいけないと思って本書を書きました」

と語ってくれました。

そもそも日本の学校教育の過剰な競争性の問題や強制的な勉強の悪弊については、何度も国連・子どもの権利委員会から指摘されてきました。しかし、日本は学歴社会で、受験戦争は中学受験の段階まで拡大してきました。大人たちはそれを無視し、改善する気配がありません。

エデュケーショナル・マルトリートメントは、カナダやオランダで研究生活を送った武田さんが、日本の教育事情を説明するために考え出した言葉です。親や学校等が子供に対して行う教育の強制行為や剥奪行為を指します。競争的教育環境を是認してきた日本社会の価値観が生んだ現象として、社会全体でその対応に取り組むことをねらいとする概念です。

この概念は、よい教育をしているつもりが、実は子供を苦しめていたという実態をあぶりだすリトマス試験紙だと筆者は理解しました。

日本と海外で違う「不登校事情」

あるとき、武田さんが、日本には不登校やひきこもりという現象があるとカナダの教育者に話すと、その教育者は、

「その子の家に出向いて、教師は教えるのか」

と聞き返したといいます。すべての子供に教育の機会を与えなければいけないと考えているから、そう聞いたのです。

不登校児は民間のフリースクールが登場するまで学びの機会が保障されていませんでした。これは憲法第26条に反するものです。ずっと社会的なレベルで教育の剥奪が行われてきたといってよいでしょう。不登校やひきこもりが誰にでも起こりうるとすれば、それはその人のせいではなく、環境が引き起こすものということになります。自分たちで社会を改善していくしかないのです。

教員の中には、

「なぜ不登校になるのかわからない」

「なぜ学校に行きたくないのかがわからない」

と言う人がいると武田さんはいいます。その子にとって自分の居場所がない、あるいは関係性が築かれていない場所であれば学校に行きたくないのは、別に不思議ではありません。

「教員に限らず、そういう子供の気持ちがわからない大人、子供が行きたくない場所をつくっている大人、そういう学校を変えようとしない大人が問題なのです」(武田さん)

子供の気持ちに思いをはせるには

それでは、子供の気持ちを思うことが苦手な教師は、どうすればいいのでしょうか。武田さんは「リフレクション」をしてみることを勧めています。自分の授業をスマートフォンで手軽に録画しておき、授業後に振り返ってみるのです(表参照)。

1.教師の視点で映像を見て、行動(Do)、思考(Think)、感情(Feel)、欲求(Want)を記入する。

2.児童の視点で同じ映像を見て、行動、思考、感情、欲求を記入する。

リフレクションの例

個人でこのリフレクションを行うのも一案ですが、グループワークで行い、自分ならばどうするか、何ができるかなどを話し合い、アイデアを共有する方法もあります(武田信子ほか編『教員のためのリフレクション・ワークブック』学事出版刊参照)。

上の例では、教師の出した課題について、児童は考えを整理するために友達と意見交換したかったのですが、教師は児童が理解を深められるように、先に説明をどんどん進めていました。リフレクションを行い、児童の主体的な学びの欲求に気づいた教師は、次の授業から数分間のグループディスカッションを取り入れたところ、児童は積極的に参加する姿を見せました。

武田さんによれば、感情(Feel)の項目を記入することがなかなかできない教師や、思考と感情が分けられない教師が少なからずいるといいます。 例えば、デンマークでは、義務教育期間において、教師が子供を比較し、評価することはないそうです。教師がエデュケーショナル・マルトリートメントという視点を取り入れ、少しでも競争的環境を緩和する手立てとしてほしいと思います。

武田さんの著書表紙

世界40か国の教育機関を訪問した知見をもとにした比較教育論。
武田信子・著『やりすぎ教育』(ポプラ社刊)

『教育技術 小五小六』2021年8/9月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
関連タグ

学級経営の記事一覧

雑誌最新号