小2国語「どうぶつ園のじゅうい」指導アイデア

関連タグ

教材名:「どうぶつ園のじゅうい」(光村図書 二年上)

指導事項:C読むこと ア・オ
言語活動:ア

執筆/千葉県公立小学校教諭・石井桃子
編集委員/前・文部科学省初等中等教育局教科調査官・菊池英慈、千葉大学教育学部附属小学校副校長・大木圭

単元で付けたい資質・能力

①身に付けたい資質・能力

本単元ではこれまでの学習で培ってきた「順序に着目して大体の内容を捉える力」を発揮させることに加え、「わけを表す言葉に着目して読む力」や「文章の内容と自分の経験とを結び付けて感想をもち、表現する力」を育みます。

②言語活動とその特徴

「へえ! 知らなかった」「え? なんでだろう」「わあ! すごいなあ」など、説明的な文章を読むことを通して味わうことができる驚きや感動を子供に実感してもらいたいものです。また、子供は文章を読みながら、こうした思いを少なからずもっているだろうとも思います。

本単元では、「『どうぶつ園のじゅうい』を読んで、じゅういさんの仕事の工夫を紹介しよう」という言語活動を設定します。しかし、この言語活動を直接的に投げかけるだけでは、文章そのものを正確に捉えることが難しい子供や、考えたことを表現することに戸惑いを感じる子供がいることでしょう。

そこで、単元を大きく二つに分け、前半では時間的順序を追いながら文章を読む活動を、後半では読んで感じたことを表現する活動を仕組んでいきます。

子どものイラスト
イラストマン

単元の展開(12時間扱い)

主な学習活動

第一次(1~4時)

◎学習の見通しをもつ。
・動物園の獣医について知っていることや知らないことを発表し合い、学習の課題をつかむ。
・教師の範読を聞き、初発の感想を書く。

【学習課題】どうぶつ園のじゅういさんのしごとのくふうをしょうかいし合おう。

第二次(2~8時)

◎時間を表す言葉や獣医さんがしたことに気を付けて本文を読む。
・動物園の獣医がいつ、どこで、どんな仕事をしているかを読む。
→アイデア1

・時間ごとに、獣医の仕事の内容と工夫を読む。
→アイデア2

第三次(9~12時)

◎獣医の仕事のなかで、特に心に残った仕事を紹介し合う。
・最も心に残った仕事を選び、その理由を考える。
・身の回りのことと比べて、考えたことをまとめる。
→アイデア3

・考えたことを発表し合う。

アイデア1 獣医さんの一日の時間割をつくらせる

まずは、獣医さんがいつ、どこで、何をしているかを読んでいきます。子供にとって身近な「時間割」をベースにした表にまとめていくことで、一日の「時間の順序」や「仕事の内容」を意識して読むことができます。

しかし、必要な部分だけを見付けて読むことに難しさを感じる子供がいるかもしれません。その場合には、教師があらかじめ「時間の順序を表す言葉」や「教科書の挿絵」を用意しておき、それを探しながら読み、表をつくっていくようにするとよいでしょう。

全体で整理し、確認することも大切ですが、一人ひとりが自分のペースで読む時間を十分に確保してあげたいものです。

▼ワークシート例

ワークシート例

アイデア2 獣医さんになりきって、インタビューに答えさせる

次は、一つ一つの仕事のしかたや工夫を読ませていきます。「どんな工夫があった?」「どうしてそんなことをしているの?」と教師が尋ね、子供が答えていくという方法も一つのやり方としてあります。

しかし、ここでも一工夫を加え、インタビュー形式でまとめさせていきます。子供の実態に応じて既にインタビューの質問が書かれているものと質問が書かれていないものを用意しておきましょう。子供自身でワークシートを選ぶことが大切です。

一時間目はみんなで質問を考え、二時間目以降から自分で質問し、自分で答えるというようにしていくこともできます。そうすることで、疑問をもって読む力を育むことができると考えます。また、相槌を工夫させることで、後で感想を書くときの材料にもなります。

▼じゅういさんにインタビュー

なんで、毎朝、どうぶつ園の中を見回るんですか?

なぜかというと、元気なときの動物の様子を見ておけば、病気になったとき、すぐに気付くことができるからだよ。

へ~、なるほど。ほかには理由がありますか?

ふだんから、わたしの顔を見せて……。

アイデア3 獣医さんや動物と似たような経験はないかを想起させる

最後に、教材文を読んで自分の考えをまとめます。ここで大切にしたいことは、「身の回りのことと比べて考えたこと」を感想のなかに盛り込むことです。単に「なるほど」や「やっぱり」と思ったことを書くだけではなく、自分の経験とつなげながら読むことを意識させたいものです。

しかし、教科書の例に沿って獣医さんの仕事のしかたに着目させてしまうと、なかなか思い出すことができない子供もいることでしょう。そうではなくて、獣医さんや動物たちと同じような経験がないかを投げかけます。

そうすることで、自分が病気になったときのことや家族と病院に行ったときのことなどを思い出すことができます。そうして、結果的に獣医さんの仕事の工夫に似ている出来事を想起することができるでしょう。

自分と似ているところはありますか?

私のお母さんも私の嫌いなピーマンを大好きなカレーに混ぜて食べさせようとします。たまに気付かず食べちゃいます。

僕は妹が泣きそうになったら、イノシシと同じですぐにアメをあげるよ。

イラスト/横井智美

『教育技術 小一小二』2020年9月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
関連タグ

授業の工夫の記事一覧

雑誌最新号