小4国語「一つの花」指導アイデア

関連タグ

教材名:「一つの花」(光村図書 四年上)

指導事項:〔知識・技能〕(1)オ(2)ア 〔思考力、判断力、表現力等〕C(1)エ、カ
言語活動:イ

執筆/香川大学教育学部附属高松小学校教諭・藤村まや
編集委員/前・文部科学省教科調査官・菊池英慈、前・香川県公立小学校校長・川井文代

小4国語「一つの花」指導アイデアのイメージイラスト
イラストAC

単元で付けたい資質・能力

①身に付けたい資質・能力

本単元では、登場人物の気持ちの変化や情景について、二つの場面を比べながら具体的に思い描き、その世界を豊かに想像することをねらっています。したがって、物語の一部分だけを読むのではなく、物語全体を捉えて読む必要があります。

二つの場面の様子の違いが分かる叙述を見付けさせ、変化を捉えられるようにすることで、想像を広げて読む力を付けます。

②言語活動とその特徴

本単元では、教材文を読み、戦争中と戦争後の場面を比べながら想像したことについて友達と語り、自分の感想をもつという言語活動を設定します。

子供たちは、物語の叙述どうしを比べたり、題名と自分が感じたことを関係付けたりすることで、物語の読みが学習前と比べて深くなっていることを実感したり、題名の意味について具体的に考えたりできます。

単元の展開(8時間扱い)

主な学習活動

第一次(1・2時)

①これまでの学習から物語の楽しみ方の観点を思い出し、目的意識をもつ。
→アイデア1 主体的な学び

②学習課題を設定し、学習計画を立てる。

【学習課題】場面と場面をくらべて、えがかれている世界を想像し、感想を書こう

・物語を読んで、感想文を書く。

第二次(3~5時)

③④⑤戦争中と戦争後の場面を比べ、変化しているもの(場面の様子や登場人物の行動や会話、繰り返し用いられている言葉など)を見付け、話し合う。
→アイデア2 対話的な学び

第三次(6~8時)

⑥⑦場面を比べて読んだ感想をまとめ、友達と紹介し合う。
→アイデア3 深い学び

⑧学習をふり返り、物語を学習する際に、着目する言葉には何があったかを話し合ってまとめ、掲示する。

アイデア1 これまでの学習から感想文の観点を確認し、新しい観点を獲得するという目的意識をつくる

主体的な学び

新しい物語の楽しみ方(読み方)を獲得して感想を書こうという目的意識をもたせます。そのためにまず、これまでの学習をふり返ります。教科書教材を基に、学んだことをまとめた一覧表(下記参照)を提示したり、読み方とつないだ感想文を紹介したりします。

その後、本教材が戦争中と戦争後の二つの場面に大きく分かれていることに気付かせ、場面と場面を比べて、読んでみたいという意識をもたせます。

▼一覧表

■一年
『おおきなかぶ』『たぬきの糸車』『だってだってのおばあさん』
→だれが、何を、どうしたを読むと、「いいな」「すきだな」と思うところを見付けられる。

■二年
『スイミー』『ミリ―のすてきなぼうし』『スーホの白い馬』
→人物のしたことや言ったこと、出来事の順じょに気を付けて読むと楽しい。

■三年
『きつつきの商売』『もうすぐ雨に』『ちいちゃんのかげおくり』『三年とうげ』
→中心人物の言ったことやしたことから気持ちの変化や場面の様子を想像すると楽しい。

■四年
『白いぼうし』
→場面と場面とのつながりが分かると楽しい。

アイデア2 比べる叙述を明確にして想像する

対話的な学び

戦争中と戦争後の二つの場面を比べることで、描かれた世界を豊かに想像させます。

▼二つの場面の比較

二つの場面の比較

場面と場面を比べるために、場面の様子や登場人物の行動や会話、繰り返し用いられている言葉などに着目して考えられるようにします。

そして、比較できる言葉を表に整理したり、対比的に用いられているものについては線を引いたりします。

戦争中は、ごはんも満足に食べられなかったり、爆弾を落とされたりと、命を大事にする今と全然違うね。

だから、ゆみ子の「一つだけ」は、戦争中だからしかたない言葉なんだよ。

戦後は「一つ」という言葉が出てこないね。だから、「一つ」は暗くて悲しい感じがするよ。

お父さんは戦争に行く日に、どうして一輪のコスモスをゆみ子にあげたのかな。「一つ」は悲しいから、たくさんでもよかったと思うんだけど…。【新たな課題】

本当だね! だって、丈夫ではないお父さんが戦争に行くことになって、もうゆみ子と会えないかもしれないのだから、「一つ」だけでなくてもいいのに…。

それは、ゆみ子は「一つだけ」と言っていたから、それに応えてあげたのだと思うよ。

いや、私はあえて一輪渡して、ゆみ子に生き続けてほしいと願いを込めたのだと思うわ。だって、お父さんは、ゆみ子の将来を不安に思っていたんだもの。……って書いてあるでしょう。……

お父さんが最後に言った「大事にするんだよぅーー」には、ゆみ子へ願いを込めているのかもしれないね。

「元気でいてほしい」「お母さんと幸せになってほしい」という言葉をかけることさえできない戦争がつらすぎるよ…。

アイデア3 題名「一つの花」と関係付けて感想を書く

深い学び

子供が二つの場面を比べて想像したことや感じたことをまとめます。その際に題名とも関係付けて感想を書くことで、描かれている世界がより豊かに想像できます。

【学習前】
中心人物のゆみ子は、お父さんと別れるときまで「一つだけ」と言って泣いていて、とてもかわいそうでした。けれど、最後は幸せそうでよかったです。

【学習後①】
戦争中と戦争後の場面を比べて、戦争は悲しいと思いました。あまりじょうぶではないお父さんが戦争に行かなければならないこと、お父さんが戦争に行ったら、ゆみ子とお母さんの二人だけになること、それなのにばんざいをしなければならないこと、どれも悲しいことです。ゆみ子の持っているコスモスを見つめながら、もう会えなくなるかもしれないけれど、ゆみ子に笑顔でいてほしいという気持ちだったのかもしれません。題名の「一つの花」は、戦争で別れるとき、お父さんがゆみ子におくった最高の願いだったのだと思います。

【学習後②】
「ごみすて場のような所」「忘れられたように咲いていた」コスモスの花を見付け、あえて一つだけ、ゆみ子に大事にするようにわたしたお父さんは、ゆみ子に一つだけの大事なものがあるんだよと伝えたかったのではないかと思います。私は、その大事なものを一つだけの命だと考えました。戦争では、体の弱いお父さんでさえ、戦いに行かなければならなくなるぐらい命を大事にされていませんでした。だからこそ、一つだけの花をあげて、ゆみ子に生きてほしかったのだと思います。戦争が終わって、ゆみ子は心配やがまんがなくなって幸せに生きられていました。お父さんの気持ちが伝わったように思いました。

図書室の物語を読むときも、場面と場面を比べたり、題名とつなげて読んだりしたいな。そうすると、「一つの花」の感想が変わったみたいに、物語を深く味わえると思うよ。

「一つだけ」「一つ」という言葉を中心に場面を比べながら友達と話し合ってよかった。気付かなかった気持ちの変化や様子を知ることができたよ。これからも題名に用いられる言葉やくり返し用いられる言葉に着目して読んでいこう。

▼学習のまとめ

「一つの花」学習のまとめ
場面と場面をつなげて読むと、物語に書かれている世界を感じられる。そのためには、中心人物の気持ちの変化だけでなく、次の言葉に気を付けて読む。

■くり返し出てくる言葉(一年生で学んだこと)
■人物の行動や会話(二年生で学んだこと)
■場面をイメージできる言葉
→「買い物かご」「コスモスのトンネル」
■最初はあるが場面が変わるとなくなる言葉
→「一つ」「お父さん」
■対比している言葉
→「一輪のコスモス」と「コスモスの花でいっぱい」
■題名に出てくる言葉

イラスト/横井智美

『教育技術 小三小四』2020年6月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
関連タグ

授業の工夫の記事一覧

雑誌最新号