小1国語「あつまって はなそう」「どうぞ よろしく」指導アイデア

関連タグ

教材名:「あつまって はなそう」「どうぞ よろしく」(光村図書 一年上)

指導事項:〔知識及び技能〕(1)イ 
     〔思考力、判断力、表現力等)A(1) ア
言語活動:A(2)ア

執筆/茨城大学教育学部附属小学校教諭・菅原慎也
編集委員/文部科学省教科調査官・菊池英慈、茨城県公立小学校校長・橋本浩志

小1国語「あつまって はなそう」「どうぞ よろしく」指導アイデアのイメージイラスト
イラストAC

単元で付けたい資質・能力

①身に付けたい資質・能力

本単元は、一年生にとって小学校に入学してすぐに出合う国語の学習です。〔知識及び技能〕では「姿勢や口形、発声や発音に注意して話すこと」を、〔思考力、判断力、表現力等〕では「身近なことや経験したことなどから話題を決め、伝え合うために必要な事柄を選ぶこと」を位置付けます。

②言語活動とその特徴

本単元では、新しい友達との出会いを大切に、自分のことを知ってもらったり、相手のことを知ったりすることのできる課題を各教材で設定します。

新しい友達をたくさんつくりたいという気持ちでいっぱいのこの時期の子供たちの思いを大切にして、「自分で名前カードを作り、それを交換しながら自己紹介をし合う」言語活動を設定します。

単元を通して、学級の友達と交流する時間を多く設定することで、相手に気兼ねなく自分のことを伝えられるようにしていきます。

また、自分のことを伝えるだけでなく、友達の自己紹介にも耳を傾けることを大切にするため、聞く態度の基礎も身に付けることができます。今後の学習の基礎となり、話したり聞いたりする力を育てます。

単元の展開(6時間扱い)

主な学習活動

第一次(1時)

①教科書の「さあ はじめよう」の絵を見て、どんなことを言っているのかを想像する。

【学習課題】ぼくのこと わたしのことを つたえよう。

第二次(2~5時)

②大好きな動物について、友達に紹介する。
→アイデア1 主体的な学び

③自己紹介カードに、自分の名前や好きなものの絵を書く。

④自己紹介カードを完成させる。

⑤自己紹介カードを使って、友達と自己紹介をし合う。
→アイデア2 対話的な学び

第三次(6時)

⑤学級の友達以外の人や先生方にも自己紹介をする。
→アイデア3 深い学び

アイデア1 大好きな動物について、紹介する

主体的な学び

教室の中を動物園に見立てて、教室内のいろいろな所に動物の写真やイラストを掲示します。まずは、隣の席の友達を、自分の好きな動物がいる場所まで連れて行って、その動物について話します。

「好きな理由」「知っていること」など、自由に話す時間を設定することで、「もっとたくさんの友達に伝えたい」という思いをもたせられるようにしましょう。

隣の友達とのやりとりが終わったら、教室を好きに移動し、たくさんの友達に「好きな動物はなんですか」と聞く活動を取り入れます。質問の答えを聞いた後、自分の好きな動物が掲示してある場所に移動して話をします。

友達の輪を広げながら、活動を充実させていくことで、話すことへの抵抗感をなくしていけるでしょう。

私はサルが好きです。えさをあげると寄ってきます。

僕はパンダが好きです。ふわふわしていてギュッてしたくなります。

アイデア2 紹介カードを作って、自己紹介をする

対話的な学び

B5判の用紙を子供たちに渡します。下の図のように半分に折った紙の右側にクラスと名前を記入し、左側に自分が好きな物の絵を一つかくように伝えます。自己紹介のなかで友達に伝えたいことを記入することで、カードを見ながら自己紹介をすることができるようにします。

▼紹介カード

紹介カード

たくさんのカードを作るのは、入学したての子供たちには困難が予想されるため、完成した一枚のカードを印刷したりコピーしたりして使うことで、より多くの友達と自己紹介をする時間を確保しましょう。

また、自分たちでよい自己紹介について考えられるように、教師が話すスピードや表情、視線を変え、モデルを示します。その後、子供どうしの自己紹介の時間を確保し、話す力を付けていきましょう。

教師が示す話し方のモデル▼早口で下を見て自己紹介

早口で下を見て自己紹介

教師が示す話し方のモデル ▼ゆっくりみんなを見て自己紹介

ゆっくりみんなを見て自己紹介

作った自己紹介カードを名刺交換をするように渡しながら交流するようにしましょう。

作った自己紹介カードを名刺交換をするように渡しながら交流する

アイデア3 学んだことを生かした学習活動を設定する

深い学び

友達どうしで自己紹介をしたことで、もっと多くの人とかかわりたいという思いをもつことでしょう。そこで、生活科の「学校探検」の単元と合わせながら、学校の中にいる人のことやその人がいる場所について、自己紹介を交えて教えてもらう発展活動を設定します。

先生たちから、学校のお部屋のことを聞きたいな。

聞く前に、僕たちのことを自己紹介すれば、僕たちのことを知ってもらえるよ。

自己紹介をするなら、好きなものではなくて、違うものにできないかな。

好きなお勉強については、どうかな。

がんばっていることとかも伝えたいな。

最後にお礼を言ったほうがいいかな。

学校のことを知りたいって言ってもいいかな。

▼保健室で自己紹介

保健室で自己紹介

▼図書室で自己紹介

図書室で自己紹介

イラスト/川野郁代、横井智美

『教育技術 小一小二』2020年4/5月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
関連タグ

授業の工夫の記事一覧

雑誌最新号