小1算数「かたちづくり」指導アイデア

関連タグ

執筆/富山大学人間発達科学部附属小学校教諭・屋鋪善祐
編集委員/文部科学省教科調査官・笠井健一、前富山県公立小学校校長・中川愼一

色板を使ってかたちづくりに取り組む子ども達

本時のねらいと評価規準

[本時 2/5 : 直角二等辺三角形の色板でいろいろな形を構成する学習後]

ねらい
色板の形の特徴に着目し、具体的な操作を通して形の構成や分解について考える。

評価規準
色板をずらしたり回したり裏返したりして、形を構成したり分解したりすることを考えている。[数学的な考え方]

問題場面

色板を使った問題

色板を使っていろんな形をつくってみましょう。この形をうまくつくることができますか?

できるよ! 簡単だよ!  2枚でできるよ。(操作)

では、当てはめてみましょう。(影絵に当てはめる)

ぴったり合わないのはどうしてかな?

わかった!  2枚じゃなくて、もっと多くの色板が必要なんだ!

4枚使えば、ぴったり合う真四角をつくれそうだよ。やってみたいな。

本時の学習のねらい

どうすれば、ぴったりの真四角の形をつくることができるのだろう?

見通し

前時までに、色板を使って、様々な形を作る活動を行っいます。本時は、つくる形を限定することによって、試行錯誤しながら図形の構成や分解について考える時間となります。直角二等辺三角形の色板を使って、いろいろな形をつくる活動を行います。色板を用いて形をつくる活動を行うことで、色板の位置や向き、組み合わせ方を変えると形が変わることに気付くことができます。実際に色板を動かしてみることによって、図形の構成や分解について着目できるようにします。さらに、自分の操作と友達の操作を比較する中で、「私と一緒!」「あれ、ぼくと違うな…」など、図形の構成や分解についての新たな発見が生まれます。

2枚で簡単につくることができる正方形ですが、4枚分の正方形を影絵で示すことによって、子どもたちに挑戦意欲が生まれます。「どうしてだろう?」「もっと色板を増やせばつくることができるかもしれない」と考える中で、同じ形でも色板の数によって大きさが異なることに気付くことができます。このような活動を十分に行い、図形の構成や分解について考える場を設けることで、図形についての感覚をより豊かにすることができます。

自力解決の様子

A つまずいている子
2枚を使った正方形はつくれるが、4枚の正方形をつくることができない。

4枚だと、どうやって真四角をつくるのかな…。

色板2枚を使った正方形を2つつくっている様子

B 素朴に解いている子
色板の位置や向き、組み合わせ方を考え、4枚を使って正方形をつくることができる。

色板の向きを変えると、4枚の色板で真四角をつくることができたよ。

色板の位置や向き、組み合わせ方を考え、4枚を使って正方形をつくっている様子

C ねらい通りに解いている子
色板の位置や向き、組み合わせ方を考えてつくったり、正方形の構成・分解の仕方に気付いて説明したりできる。

色板の向きを変えて、大きい三角を2つくっ付ければできるよ。

正方形の構成・分解の仕方に気付いて色板の位置や向き、組み合わせ方を考えてつくっている様子

学び合いの計画

子どもたちが見付けた形を黒板に貼っていきます。この際、「どうやってつくったの?」と投げかけ、操作の仕方を説明する場や、友達がつくった形を追体験する場を設けることで、図形の構成や分解について深く考えることができます。

学び合いでは、「どうすれば、ぴったりの真四角の形をつくることができるか」について全体で話し合います。すると、「大きな三角を2つ」「ちょうちょを2匹」など具体的な物の形を想像したり、「ずらす」「回す」「裏返す」など図形を移動したりしながら説明する姿が生まれます。

全体発表とそれぞれの関連付け

どうすれば、ぴったりのましかくのかたちをつくることができるのだろう?
4まいにすると・・・

4枚の色板を使用して正方形を作る様子

色板2枚と色板4枚による形づくりを比較し、4枚のほうが多くの形をつくることができることに気付かせます。友達が見付けた形のつくり方を考えたり、実際に形をつくってみたりすることで、図形の感覚をより豊かにできます。

2枚ではなく、4枚でも真四角をつくることができるのですね。

真四角だけじゃなくて、いろんな形がつくれそうだよ。

4枚でいろんな形がつくれそうなのですね。

できそう! やってみたいな!

ぼくは、こんな形をつくったよ。台のような形だよ。

台のような形を、どうやってつくったのですか?

大きい真四角から2枚動かして、ほかの2枚の向きを変えると…。(操作)

(追体験)本当だ!  私もつくることができたよ。

私は、大きな三角の形をつくったよ。

特大三角形は、どうやってつくったのですか?

色板1枚を、このように動かしてつくりました。(操作)

どうすれば、ぴったりの真四角の形をつくることができるのですか?

4枚の色板を使って、このように色板の向きを変えると、真四角の形ができます。(操作)

できるの? (追体験)本当だ! うまくできたよ!

私は別のつくり方をしよう。「大きな三角2つ」をくっ付けようかな。(操作)

ぼくは、「ちょうちょ2匹」 をくっ付けたらつくれたよ。
(操作)

ノート例

ノート例

本時のまとめ

  • 4枚の色板の向きを変えると、ぴったりの真四角の形をつくることができる。
  • 色板の向きや枚数を変えると、いろいろな形をつくることができる。

学習のまとめでは、色板による形づくりの活動や話合いを通して気付いたことを、子どもの言葉でまとめていきます。評価問題では、色板8枚を用いる問題場面を設定することで、学習したことを生かし、うまく考えられるようになったことが実感できるようにします。

評価問題

 8枚の色板を使って、真四角の形をつくる方法を考えましょう。

8枚の色板

解答例

8枚の色板を用いてつくった真四角の形

など

感想例

  • 大きな三角を2つ合わせたら、大きい真四角をつくることができました。
  • 色板をいろいろな向きに変えると、いろいろな形をつくることができました。

イラスト/コダシマアコ・横井智美

『教育技術 小一小二』2020年3月号

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
関連タグ

授業の工夫の記事一覧

雑誌最新号