• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

【ブックレビュー】『なぜ、いま小学校で外国語を学ぶのか』

2019/5/14

来年度からいよいよ、中学年に外国語活動が、高学年に教科として外国語が正式に導入されます。文部科学省教科調査官の直山木綿子先生が外国語教育について語った『なぜ、いま小学校で外国語を学ぶのか』は、外国語の授業への不安感を期待感に変えてくれる一冊です。

「教科調査官」なのに親しみやすい!

「文部科学省」の「教科調査官」監修の本書。内容は信頼がおけそうだけれど、お堅い文章で読むのに疲れそう…といった心配は無用。エッセイ感覚ですいすい読める序章には、おもしろエピソード(好きな男子と同じ高校に行きたいがために必死で受験勉強!)なども綴られていて、一気に親しみが沸いてきます。

新教材の具体的な活用法もわかる

現役教師との対談も収録されており、そこでは、2018年度で10年を迎えた小学校での外国語活動の成果や課題について語られます。新教材『We Can!』『Let’s Try!』の活用の仕方も、悪い例も含めて具体的に話されているので、参考になるはずです。小学校の先生たちは英語教師ではなく、「英コ教師」(英語コミュニケーションの教師)というお話など、なるほどなぁと感心してしまいます。

小学校で英語を学ぶ意味とは?

本格的なグローバル化に対応するために外国語を学ぶ必要性が、各種データもふまえてわかりやすく説明されます。そして、なぜ今、外国語教育が小学三年生から実践され、五年生から教科化されるのかが、学習指導要領の考察から始まり、かみ砕いて解説されます。

高学年の外国語科は決して中学校英語の前倒しではなく、読み書きへつなげる細かいステップを踏んでいることなどが理解できるので、指導の道すじをはっきり定められそうです。

中学・高校のつながりも意識

小学校の外国語教育だけがフォーカスされがちですが、そこからつながる中学校・高等学校の外国語教育も大きく変わります。中学・高校の英語の授業や大学受験についても触れられているので、未来を見据えた指導をするために、読んでおいて損はありません。

保護者にも知ってほしいこと

自身の子育てにおける失敗談についても語られ、英語学習へ期待と不安をあわせもつ保護者にとっても参考になる内容となっています。幼少期からの英語教育の必要性の是非はよく語られますが、「まずは母語の力を育てることが大切」という、英語教育のエキスパートである直山調査官の意見は、とても説得力があるものなのではないでしょうか。

底の浅いハウツーではなく、外国語を学ぶ真の意義が語られているこの本。外国語の授業へのモチベーションもぐぐっとアップすること間違いなしです!

レビュー/編集部


直山調査官

著者・直山 木綿子

文部科学省初等中等教育局教育課程課教科調査官。情報教育・外国語教育課外国語教育推進室教科調査官。国立教育政策研究所教育課程研究センター研究開発部教育課程調査官。英語科教諭として京都市の中学校に勤務後、1998年度より京都市立永松記念教育センター(現京都市総合教育センター)に勤務。京都市における小学校英語指導計画、教材を作成、小学校外国語活動のカリキュラムを開発。2009年4月より現職。『Hi,friends!』『We Can!』『Let’s Try!』の開発・活用とともに、全国各地での研修や公園など、日本の英語教育の充実と推進に日々邁進する。


『なぜ、いま小学校で外国語を学ぶのか』
監修/直山 木綿子 取材・構成/浅原 孝子 
定価 本体1500円+税 発売日 2019年3月15日  発行 小学館
試し読みはコチラ

関連する記事

授業記事一覧

小一算数 ペアワークで「子どもが教える」ことで定着する

学習の定着率を上げるためには「他の人に教える」ことが一番。(アメリカ国立訓練研究所が発表している「ラーニングピラミッド」という学習定着率を表す資料の中にあります…

小六の道徳とオリジナル教材「道しるべ」

山形県のある小学校で行われた佐藤幸司先生による六年生の道徳授業を紹介します。独自教材を使ったオリジナルの道徳授業には、学級経営にも生かせるヒントがたくさんありま…

2019/11/11

【ぬまっち流】海外への興味を駆り立てる!英語の実践アイディア

アメリカの大学院への留学経験がある、沼田晶弘先生(ぬまっち先生)に英語(外国語)と海外文化への興味を引き出す授業についてを教えていただきました。後編は、海外文化…

【指導計画】5年体育(器械運動)大きく・美しいマット運動!

マット運動は、技のポイントが明確であるため、掲示物や学習カードを工夫し、子供どうしが課題解決に向けて学び合う活動を充実させます。中学年までに取り組んできた、基本…

2019/11/2

【構造的板書】 算数「図形の面積」「プリント学習の時間」

スッキリした分かりやすい構成で、子どもたちに伝わりやすい板書の書き方を目指す本シリーズ。今回は、小五の算数の「図形の面積」をテーマにして、 樋口万太郎先生(京都…

作文マイスター
言葉に敏感になり楽しく挑める作文の指導【ぬまっち流】

斬新な授業で、子どものやる気をグングン引き出すカリスマ教師「ぬまっち」こと、沼田晶弘先生が、低学年の自主性を育む実践を紹介します。今回は「作文マイスター」を育て…

2019/10/28

【先生のための学校】漢字つぶやき学習法

漢字学習を孤独な、個別な取り組みから、みんなで楽しくできる教室文化にするために、「漢字カルタ」の取り組みや『つぶやき漢字ドリル』の 取り組みを提案してきたのです…

2019/10/27

図形感覚と創造力を鍛える自由課題『大きさの異なるマスを作ろう』

準備やマル付けがいらない、ちょっとした空き時間にも使える課題。算数ノートのマス目を利用したアイディアをご紹介します。マス目に4個の点を打ち、それを結んで大きさの…

2019/10/27

【構造的板書】 国語「大造じいさんとガン」 「注文の多い料理店」

スッキリした分かりやすい構成で、子どもたちに伝わりやすい板書の書き方を目指す本シリーズ。今回は、小五の国語の「大造じいさんとガン」「注文の多い料理店」をテーマに…

英語の実践アイディア前編
【ぬまっち流】英語の実践アイディア~前編~

日本に住みながら小学生が外国人と英語でコミュニケーションをとることは、簡単なことではありません。そんな環境の中で、英語や海外文化への興味を引き出すためにはどのよ…

もっと見る