職員室の人間関係の悩み、ズバリ解決します!

これからの時代、子供たちの健やかな成長のためには、先生同士の連携が欠かせません。ベテラン教師・山中伸之先生が、若手の先生方から寄せられた職員室の人間関係の悩みに答えながら、同僚、先輩、後輩、管理職の先生と上手に付き合うための方法を指南します。

執筆/東京未来大学非常勤講・山中伸之

1958年生まれ。宇都宮大学教育学部を卒業後、小・中学校に40年勤務して退職。現在は東京未来大学非常勤講師。「渡良瀬にこにこサークル」「実感道徳研究会」を主宰し代表を務める他、学級経営や国語・道徳の授業について、多くの教師の悩みに答える活動を行っている。著書に『できる教師のすごい習慣』『小学校道徳の授業づくり はじめの一歩』『小学校長のための珠玉の式辞&講話集』など多数。

職員室の人間関係の悩み、ズバリ解決します!
イラストAC

Q1 思い込みの激しい学年主任にふり回される

学年主任の思い込みが激しく困っています。例えば、通知表の所見を書いて確認してもらったところ、「経験の浅い若い教師がこんなに上手に所見を書けるはずがない。誰かの所見をそのまま真似しているに違いない」と決め付けて、管理職に報告。管理職から私に指導が入りました。その他にも、自分の思い込みで、あることないことを他の先生方に言うので困っています。

A 「そういう人もいる」と考えると、ストレスが3割減になる

学級担任は思い込みが激しいと感じているようですが、その考え自体も「自分の思い込みかもしれない」と考えると、視点が変わってくるのではないでしょうか。

人は世の中のものを「記号」として捉え、自分で勝手に意味付けをしてしまいがちです。

例えば、スーツを着ている人を「真面目な人」と記号化し、「あの人は真面目そうな人だから、話すときはきちんとしたことを話そう」などと意味付けをするのです。でも、スーツを着ているからといって真面目な人とは限りませんよね。ところが「この人はこういう人だ」と、一度思い込んでしまうと、その思考をなかなか転換できないものなのです。

だからこそ、相手に対して自分なりの意味付けをしそうになったら、「本当にそうかは分からない」と一度冷静になって自分の考えを疑ってみましょう。

今回の場合も「思い込みが激しい人」という意味付けをしてしまっていますが、「あの人は自分の経験上得た、自分なりの意見を一生懸命伝えようとしているだけなのだ」と見方を変えることで、相手の見方も変わってくるでしょう。そして、彼女が指摘している内容や事実と、彼女が思い込みの激しい人かどうかは別問題であると、切り分けて考えましょう。

そうは言っても、他人の言動をすべて受容することは難しく、ストレスを感じることもあるでしょう。大事なことは、誰かを変えたりコントロールしたりするのではなく、自分のストレスをコントロールすることです。

まず、「世の中にはそういう人もいるものだ」と思うようにしましょう。「そういう人もいる」と考えられるようになると、ストレスをコントロールできるようになり、精神的ダメージは3割減くらいにはなります。実際、「完璧な学年主任」なんてそれほど多くはないのです。

Q2 学年主任から嫌がらせを受けている

学年主任の先生から嫌がらせを受けています。管理職も気付き、学年主任に指導が入ったのですが、気に障ったらしく、話しかけても無視されたりします。また、私が出張のときに、私のクラスの子の連絡帳に「お子さんは漢字でつまずいています。家庭で見ていないのですか? もっとお家でも見てあげてください」と厳しいコメントを書いていました。私にはなんの報告もなく、後日保護者からの「すみません」とのコメントを見て気が付きました。こうした嫌がらせにどう対応すればよいのでしょうか。

A 対処療法を身に付けつつ、時間が解決するのを待つ

この悩みを解決するためには、本来は管理職に相談するのが望ましいのですが、管理職に相談すれば、なんらかの指導が学年主任に入るでしょう。その指導に学年主任が従うかと言えば、この相談内容から考えると、恐らく従わないか、余計に関係性が悪くなるかどちらかでしょう。

ですから、この場合は、「すべての問題は時間が解決する」という原則にのっとり、「時間が過ぎるまでをいかに平穏にするか」を考えるほうがよいでしょう。年度末の3月までをいかに平穏に過ごすかに目を向けるのです。

学年が変われば、今の学年主任とは関わりが少なくなる可能性も高くなります。そしてもし管理職に相談するなら、このタイミングがベスト。学年末に管理職は人事に関して非常に大きな力をもっているので、これまでの経緯を話し、次年度は、学年を一緒に組まないよう相談するとよいでしょう。

では、いかに3月までの期間を平穏に過ごすか。自分が好きなこと、夢中になれることをするのがおすすめです。好きなことをしている間は時間が早く過ぎるからです。子供と遊ぶことでもよいし、国語を教えるのが好きな人なら、国語の教材研究をするのもよいでしょう。

もし、嫌がらせが頻繁に続くなら、対処療法も必要。連絡帳に何度も学年主任がコメントを書くようなら、子供たちと約束事をつくり、「ニコニコマークが付いていたら先生が書いたコメント。マークがなければ、他の先生が書いたコメントだよ。おうちの人にもそう言ってね」と伝えるのもよいでしょう。

保護者からクレームが来るなどの実害があれば、管理職に報告が必要です。それでも、直接本人に「保護者からクレームが来るので、連絡帳にコメントを書かないでください」などとお願いすることは難しいでしょう。この場合は、お願いするよりも、アドバイスを求めるのが効果的です。

相手の行為や考え方には触れずに、あたかも自分の不手際で困り事が起きたかのように相談をするのです。「連絡帳に書いていただいたコメントに対して、保護者からこんなクレームが来たのですが、どのように返事をしたらよいか、教えていただいてもよろしいでしょうか」などと相談するのです。すると相手は、頼られてうれしいと感じると同時に、自分が書いたコメントへのクレームなので、心の中では「しまった。悪かったな」と思うかもしれません。

相手の行為を責めずに、「教えてもらいたい」というスタンスで困り事を相談することは、波風を立てずに、遠まわしに反省を促す、大人の対応とも言えるでしょう。

Q3 人によって態度が変わる、裏表のある先輩が怖い

人によって態度が変わる先輩教師がいます。何を言われても言い返さないような後輩が質問すると、「なんでそんなことできないの」「今、話しかけないで」などと強い口調で責めるのに、他の先生が話しかけるとニコニコしながら応対するなど、人によって態度が変わるので対応が難しいのです。私と同期の先生が同じ書類を同じタイミングで出しても、私には何も言わず、同期の先生には「出すのが遅い」などと強く当たるので、「自分も嫌われたらどうしよう」と悩んでいます。

A 仲間を集め、その先輩の対応をゲーム感覚で楽しんでみる

実業家の斎藤一人さんという人が言っていましたが、職場には、一人か二人、どんなに探してもよいところが一つも見付からないという人がいるものなのだそうです。そして、そういう人のことは、「達人」と呼ぶようにすると、ストレスに感じることも、楽しめるようになるのだそうです。

恐らく職場にはその先輩教師に対して、同じように感じている同僚もいるのではないでしょうか?

3〜4人で仲間をつくってこっそり集まり、「今日の達人どうだった?」「今日もまた怒ってたよ」などと言い合って憂さを晴らすと、気が楽になるかもしれません。例えばお互いに達人を観察し、今回は塩対応されるのか、好対応なのか予想して、当たった人はジュースをもらえるなど、ゲーム感覚で楽しんでみるのもどうでしょう。

相手を変えることはできません。いくら相手に嫌なところを直してほしいと変化を求めてもまず無理でしょう。そうであるならば、自分の対応を変えるか、自分の考えを変えるかの二つに一つです。考え方を変えるというと大変なようですが、要は、自分のストレスを、ある部分までコントロールするということです。何か嫌なことがあっても、「これをネタにしてみんなで達人の話で盛り上がろう」と思えば、少しは気持ちも明るくなるでしょう。

大事なのは一人で我慢しないこと。我慢していると、何度も思い出してしまい、嫌な印象が刷り込まれてしまうので、その人を余計に嫌いになってしまいます。

そして、「嫌い」と思った瞬間に、その人の情報の伝達が悪くなります。その人が努力していても、そういうよい情報は入らなくなるのです。算数が嫌いだと思った瞬間に、算数の情報をシャットアウトして、苦手になってしまうのと同じです。

どんな問題にも共通することですが、一般的に全員がよい人で、毎日楽しく働ける職場などないものです。誰でも人間関係でなんらかのストレスは抱えているものです。大事なことは、どう自分のストレスをコントロールし、苦手な相手と折り合いをつけるのかということなのです。

精神科医で作家の樺沢紫苑さんは、嫌なことがあっても、愚痴を言うのは1度だけにするのがよいと言っています。2回3回と繰り返して愚痴を言うと、嫌なイメージが刷り込まれ、記憶として残ってしまうからです。これもストレスをコントロールするよい方法です。「達人」と言って笑い飛ばすのは何度でもOK。そして愚痴は反復せずに1度だけにとどめましょう。

Q4 他のクラスの子供を激しく叱責する学年主任に困惑

学年主任の叱り方に不満があります。年度が始まって間もなく、子供たちとの関係性ができてないうちに、私の教室にわざわざ入ってきて、突然私のクラスの子供を叱責されたこともあります。事実関係も確認せずに突然激しく叱ったりするので、その子自身も、恐らくその子の保護者も納得しないのではないか、私との信頼関係も崩れるのではないかと不安になります。

A やり方や教育観は違っても当然。時には腹を割って話し合うことも必要

閑話休題。以前、私が学年主任だったとき、最初の学年会で同じ学年の先生方にこう伝えました。「みなさんはやりたい実践をどんどんやってください。私には許可も報告も必要ありません。私がやっていることは、情報を開示するので、真似をしたいときは真似してください。もし学年で統一する必要がある場合は、その都度話し合いましょう」。するとどうなったと思いますか?

学年の先生方から、「最悪の学年主任」と言われたのです。なぜなら先生方は、同じ方針で同じやり方で学年運営をしたかったのです。当然その年は先生方との関係も最悪の状態のままでした。しかし翌年、別の先生方と学年を組むことになり、学年会で同じことを言うと、とても喜ばれ、最後までとてもよい雰囲気で学年を終わることができたのです。

つまり、学年主任は自分の教育観で学年を経営しようとしますが、必ずしもそれが他の先生と合うとは限りません。意見が分かれ、衝突してしまうことも当然起こり得るのです。

話を戻すと、このケースは、恐らく学年主任の先生に悪気があるわけではなく、子供は学年全体で見ていきたいと思っているのでしょう。それも一つのやり方です。もし、「今のタイミングでこの方法で叱るのは逆効果である」ということで悩んでいるなら、管理職に相談し、「子供との人間関係ができるまでは、他の教室に入って怒鳴ったりするのはやめたほうがよい」と伝えてもらうべきでしょう。もしくは、学年会などで、「保護者から『突然強く怒鳴られたりすると、硬直してしまうのでやめてほしい』と要望があったので、この子にはみなさん注意してください」と、複数の先生に向けて遠回しに伝えるのもよいでしょう。

ただし、「学年主任と叱り方が合わない」ということで悩んでいるのであれば、話は変わります。考え方は違っていても、どちらかが間違っているというわけではないからです。主任が他のクラスの子も厳しく叱るのは、そのほうが学年経営をうまく進められるという経験があるのかもしれません。

そもそも根本的に大切なことは、「叱られないような子供にすること」なのです。突然授業中に乱入して子供を怒鳴り散らすのは確かによくないと思いますが、子供が廊下で叱られるような場合は、その子供に対して、叱られないためにどうすべきかを考えるべきでしょう。教師の役割は、子供を正しく導くということであり、そのためのアプローチがそれぞれ違うだけなのです。自分と学年主任の教育観や叱るアプローチが違う場合、もし受容できるなら、受容したほうがよいと思います。しかし、受容できないなら、「叱る」ということについて、一度腹を割って話をしてみてはどうでしょうか?

Q5 プライドの高い同期のフォローを頼まれやりづらい

初任の同期の先生は、学年主任から指導されたことをやろうとしません。書類を修正するよう言われても、「分かりました」と言いつつやっていないことが多く、同期の自分がフォローするよう言われます。しかし、彼女はプライドが高く、自分からSOSを出せないタイプ。そもそも学年主任が言ってもやらないことを、どうやらせればよいのでしょうか。

A プライドが高い人は自信のない人、困っている人だと思えば寛容になれる

なぜその先生は言われたことをやらないのか。やらない明確な理由がない場合は、恐らく、言われたことができないのです。教えられたことができない先生は意外に多いものです。

ですから、「やらないのではなく、できないのかもしれない」ということを頭に入れながら接してみましょう。例えば、通知表なら「テストの点数の合計は出た?」と確認し、「まだです」と言われたら、「やり方は知っていますか?」と聞いてみる。「大丈夫です」と言われても、「こういうふうにやるといいよ。やってみるから見てて」と言って何気なくやってみせるのです。

プライドの高い同期にそんなフォローをするなんてストレスだと感じるかもしれません。しかし、プライドが高い人は、大抵、自信がない人なのです。自信がないから、自分のプライドを必死で守ろうとするのです。同期は仕事ができずに困っていて、自信をもてず、それでも必死にプライドを守ろうとしている人なのだと見方を変えると対応のしかたも変わってきませんか?

Q6 学年主任の仕事がルーズで困っている

書類の捺印を忘れたり、管理職への報告が遅れたり、朝も遅れて来るなど、仕事がいい加減な学年主任。「いつまでにこれをやりましょう」と決めても、ことごとく終わらないので、結局自分の仕事が増えたり、管理職からその先生の愚痴を言われたりするので、モチベーションが下がります。

A 相手を「嫌い」と思うから、対応すべてがストレスになる

客観的に見て、もうすでにその学年主任のことが嫌いなのでしょう。もし、もっとうまく付き合いたいと思うならば、何度も声かけをすればよいだけなのに、「嫌い」という感情が邪魔をするから、ストレスになっているのです。

「火曜日はプレテストですよ。準備をお願いしますね」と前日に伝えても抜けてしまう人なら、火曜の授業直前までずっと声かけをするしかありません。黒板に「算数プレテスト」と書いたり、付箋を貼ったり、子供に「3時間目はプレテストだからね」と伝えておくのもよいでしょう。

「嫌いな人」「ダメな人」という思いが先行するから、「何度も声をかけるなんて面倒だ」と思ってしまうのです。しかし、もし相手が素直で顔が好みのタイプで、自分のことを大好きと言ってくれる人なら、嫌いにならず、何度も声をかけることに対して面倒とは思わないでしょう?(笑)。ですから、極力相手を「嫌い」と思わないほうがよいのです。

取材・文/出浦文絵

『教育技術 小一小二』2021年1月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!

働き方の知恵の記事一覧

雑誌最新号