小3体育「体つくり運動」指導のポイント

関連タグ

執筆/福岡県公立小学校主幹教諭・浦橋一将、福岡県公立小学校主幹教諭・栗栖克徳
編集委員/スポーツ庁政策課教科調査官・塩見英樹、福岡県公立小学校校長・大人形孝浩、福岡県公立小学校教頭・森田元一郎

小3体育「体つくり運動」指導のポイント

授業づくりのポイント

中学年の体つくり運動では、低学年の遊びで培った動きを基に、さらに多様な動きを身に付けたり、動きの質を高めたりすることをねらいとしています。動き自体に困難さを伴うことが少ないため、どの子供も主体的に取り組める領域です。体つくり運動で培われた動きは、すべての運動の基となります。

ペアやグループで動きを見合ったり、一緒に動きづくりをしたりして、活動を工夫する時間を設定し、易しい動きから、徐々に難しい動きへとレベルを上げ、動く楽しさや心地よさを味わいながら、動きの質を高めていくようにしましょう。

単元計画(例)

単元計画(例)

※単元1~4時は「体のバランスをとる運動」と「体を移動する運動」でさまざまな動きをつくり、5時に動きを組み合わせ、いろいろな動きを工夫していくことを想定しています。

楽しむ① 「二人で基本の動きづくり」を楽しもう

「学習1」では、低学年の運動遊びで培った体のバランスをとる動きと体を移動する動き、それぞれの質の向上をめざす時間として設定します。

1時間目はオリエンテーションとして、低学年で培ってきた動きを確認しながら、子供が学習の見通しをもち、自分たちの課題を見付ける時間としています。また、集合のしかたや並び方など体育科学習の学びの基礎をつくることと併せて行うことも考えられます。

ペアで動きづくりをするときには、お互いのよい動きを称賛したり、見付けた動きをカードに記入したりします。その際には、安全面や運動のねらいに配慮しながら、子供の自由な発想を取り上げ、楽しく動きづくりを行っていくことが大切です。子供が笑顔でいきいきと動きづくりを行う学習をめざしましょう。

【学習1】ペアで基本の動きづくりをしよう(体のバランスをとる動き・体を移動する動き)

オリエンテーション

1 学習の進め方を確認する。
・めあてを立てる。
・準備運動をする。
2 学習の約束を確認する。
【笛やリズム太鼓の合図の約束(例)】
1回 動きを止める。
2回 その場に座る。
3回 集合する。
【集合のしかたの約束(例)】
グー 四列縦隊
チョキ グループごと
パー 先生の周り
(そのほか、手を広げてその間に集合するなどもあります)
安全に運動するための約束】
場や用具の安全に気を付けて準備や片付けをしたり、運動したりすることを確認する。
3 低学年までの運動遊びをふり返る。
・立つ動きや座る動き
・寝ころぶ
・起きる動きなど
4 学習問題を設定する。
自分たちの動きの課題を見付け、単元の見通しをもつ。


体のバランスをとる動き
体を移動する動き

詳しい運動の例は文部科学省ホームページ「多様な動きをつくる運動(遊び)パンフレット」を参照してください。

楽しむ② 動きの組み合わせを楽しもう

単元最後の時間(5時目)は、1~4時目で取り組んだ動きを組み合わせることで子供たちにとって、もっと楽しく魅力的な活動になります。ペアやグループで見合う活動などを設定することでさらに運動を楽しむことができます。

また、図1図2のような形に場を用意し、場の間を組み合わせた動きをしながら移動します。けがなく楽しく運動するために、安全に配慮した場づくりが重要になります。コーン(島)とコーン(島)の間でマットや平均台、フープなどを準備して、動きを組み合わせながら移動すると、子供たちの意欲向上につながります。

図1、図2

教師はよい動きを見付けて称賛し、全体で共有化するように、声かけを行いましょう。

【学習2】ペアやグループの友達と動きを組み合わせよう!

動きの組み合わせの例

○這う動きと立つ動きの組み合わせ

這う動きと立つ動きの組み合わせ

○バランスを保つ動きと歩く動きの組み合わせ

バランスを保つ動きと歩く動きの組み合わせ

○回る動きと走る動きの組み合わせ

回る動きと走る動きの組み合わせ

○歩く動きと転がる動きの組み合わせ

歩く動きと転がる動きの組み合わせ

○バランスを保つ動きと跳ぶ、はねる動きの組み合わせ

バランスと保つ動きと跳ぶ、はねる動きの組み合わせ

※動きが苦手な子供は、物を持たずに移動したり、物を小さくしたりするとよいでしょう。

かかわり思考ツール

【できたねカード】

単元全体を通して、できた動きが確認でき、達成感が生まれるように「できたねカード」を作って、ペアの友達と動きを見合い、できているか、できていないかを教え合います。できた動きには〇をします。その際、教師ができた基準を示します。見る役割をつくることで、かかわり合う姿が見られます。

できたねカード

かかわり思考ツール②

【仲間ミラー】

単元全体を通して、1時間に1回、グループやペアの友達で、つくったり組み合わせたりした動きを紹介し合う時間を設定します。紹介された動きを真似したり、工夫したりすることで、グループやペアでかかわり合ったり、教え合ったりする姿が見られます。

イラスト/栗原清

『教育技術 小三小四』2020年4/5月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
関連タグ

授業の工夫の記事一覧

雑誌最新号