小4国語「クラブ活動リーフレットを作ろう」指導アイデア

関連タグ

教材名:「『クラブ活動リーフレット』を作ろう」(光村図書 四年下)

指導事項:書くこと(1)イ ウ
言語活動:ウ

執筆/京都府公立小学校教諭・本城脩平
編集委員/文部科学省教科調査官・菊池英慈、京都府公立小学校校長・藤本鈴香

小4国語「説明のしかたを工夫して、分かりやすく伝える文章を書こう」指導アイデアのイメージイラスト
イラストAC

単元で付けたい資質・能力

①身に付けたい資質・能力

本単元では、教材文「アップとルーズで伝える」での学習を生かしながら、伝えたいことを明確にし、伝えたい情報に合わせて資料を選ぶ力や自分の考えが分かりやすく伝わるような文章構成を考える力を育てていきます。

子供たちは、総合的な学習の時間などでの学びを通して、興味のあることを自分で調べたり、活動したりしたことから得た情報を伝えたいという思いをもっています。その思いを大切に、説明のしかたを工夫して書くことの力を付けていきましょう。

②言語活動とその特徴

子供たちは、説明的な文章を読むなかで、効果的な資料の使い方や対比、類比などの説明の工夫を学習しています。そこで、本単元では、子供たちがこれまでに総合的な学習の時間で学習してきたことについて、「写真と文章で伝えるリーフレットを作る」という言語活動を位置付け、伝えたい情報内容に合わせて資料を選び、分かりやすい文章構成で書く力を育成します。

ここでの学習を意図的に各教科や実生活のさまざまな書く場面で生かすことで、より確かな資質・能力の育成につながります。

単元の展開(8時間扱い)

主な学習活動

第一次(1時)

①既習学習をふり返り、教材文を読み「写真と文章で伝えるリーフレットを作る」という学習課題を設定し、学習計画を立てる。

【学習課題】「写真と文章で伝えるリーフレット」を作ろう

第二次(2~7時)

②総合的な学習の時間での学習について話し合い、伝えたい内容と相手を決める。
→アイデア1 主体的な学び

③教材文「クラブ活動リーフレット」を基に、伝えたい内容を整理し、「はじめ・中・終わり」に書くことを決める。

④伝えたい内容に合うアップとルーズの写真を選ぶ。
→アイデア2 対話的な学び

⑤リーフレットに書くことを表にまとめる。

⑥表にまとめたことを基に、リーフレットを書く。
→アイデア3 深い学び

⑦リーフレットを読み合い、推敲する。

第三次(8時)

⑧リーフレットを紹介し合い、分かりやすい説明について学習のふり返りをする。

アイデア1 他教科と関連させ、書く目的と相手意識を明確にしよう

主体的な学び

書くことの学習では、子供たちの書くことへの意欲を高め、なんのために書くのか、書いたことを誰に伝えたいのかを明確にすることが大切です。

そこで、他教科と関連させ、子供たちがこれまで取り組んできた活動を題材として設定することで意欲を高め、伝えたい相手を決めましょう。

▼リーフレットのモデル

リーフレットのモデル
クリックすると別ウィンドウで開きます

ここでは、総合的な学習の時間での学習を題材とし、伝えたい相手を、自分たちの活動を知らせ協力を求めたい高学年の子供としています。他教科と関連付け、活動してきた情報を発信する相手が決まることで、明確な目的意識と相手意識をもつことができます。

リーフレット作成の視点
■「はじめ・中・終わり」で構成する。
■「中」は2つの段落で構成する。
■資料として写真を活用する。
■写真と文章を効果的に組み合わせる。
→学習活動を伝える文章として、何を、どのように書くのかを明確にしましょう。

既習単元の学習を題材にして、全体の写真や部分の写真を使うなど、アップとルーズの写真を比べることを意識できるようなモデル文を提示しましょう。

アイデア2 既習学習を生かし、伝えたい内容に合う写真を選ぼう

対話的な学び
自分が伝えたいことに合っているかを話し合い、比較したり分類したりして写真を選択するようにしましょう。

伝えたい内容をより明確にして書くために、写真を資料として活用します。その際には、既習教材「アップとルーズで伝える」を読む学習を通して学んだ、次のような内容を生かすようにします。

▼「アップとルーズで伝える」で学んだこと

■アップとルーズの写真では、伝えられることと伝えられないことがある。
■写真を決定する際には、送り手が伝えたいことは何か、受け手が知りたいことは何かを考える。

自分が伝えたいことに合っているかを話し合い、比較したり分類したりして写真を選択するようにしましょう。

ぼくの伝えたいことは、ほたるを育てる工夫です。どの写真を選べばいいのかな。

ほたるの幼虫の写真よりも、えさをあげている様子の写真のほうが育てていることがよくわかると思うよ。

それなら、ルーズよりもアップの写真のほうがほたるを育てている様子がよく分かるね。

アップの写真のほうが、五・六年生に取組の様子が伝わりそうだね。

アイデア3 書く過程で効果的に交流し、伝えたいことを明確にしよう

深い学び

文章に関する感想や意見を伝え合い、互いの文章や資料の活用のよさに気付くことで、自分の文章にそのよさを取り入れたり、さらに工夫をしたりすることができます。

そのような効果的な交流の場を、題材設定や内容・構成の検討など書く過程で設定しましょう。話すことで伝えたいことが整理され、伝えたいことの中心を明確にして書くことができます。

▼文章や資料を活用した例

文章や資料を活用した例
クリックすると別ウィンドウで開きます

書きたいことを付箋紙にメモし、表にまとめることで、繰り返し書く内容を検討することができるようにしましょう。

○○川の掃除の様子を伝えたいのだけれど、写真と文章は合っているかな。

掃除の様子がよく分かるね。なぜ、掃除をしたのかを書くと、もっと分かりやすいと思うよ。

友だちの意見を聞いて

活動の内容が分かるように、「中」の一つ目には「掃除のこと」、二つ目には「ほたるを育てていること」を書こう。

他教科の学習でも、本単元での学習を生かし、具体例を挙げることや資料を活用するなど説明のしかたを工夫し、相手に分かりやすい文章を書くことで、付けた力をさらに確かなものにしていくことができます。

イラスト/佐藤道子 横井智美

『教育技術 小三小四』2019年11月号より

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

授業の工夫の記事一覧

雑誌最新号