小1生活 「あきとあそぼう」指導アイデア

関連タグ

執筆/神奈川県公立小学校教諭・大関靖子
編集委員/文部科学省教科調査官・渋谷一典、神奈川県公立小学校校長・二宮昭夫

どんぐりごま
写真AC

期待する子どもの姿

子供1「どんぐりがあっちこっちに転がって面白いよ。」子供2「どのくらい回るか競争しよう』子供3「みんなで遊ぶと楽しいね」

知識及び技能の基礎

秋の自然物を使って遊ぶ楽しさや自然の不思議さに気付いている。

思考力、判断力、表現力等の基礎

秋の自然物を使って、遊びや遊びに使う物を工夫してつくっている。

学びに向かう力、人間性等

秋の自然物を使って、みんなと楽しみながら遊びを創り出そうとしている。

子どもの意識と指導の流れ 
(8時間)

こんな声や姿を学習につなげたいですね。

子供「服に付いた木の実で何かできないかな。何か遊ぶ物をつくりたいな。」
子供「見付けたまつぼっくりで遊びたいな。」
先生「見付けた秋の物を使って遊んでみましょう。」

秋の物で遊ぼう(1時間)

●見付けた秋の自然物で遊ぶ

子供1「このどんぐりはよく回るよ。」子供2「まつぼっくりキャッチをしよう。」子供3「オナモミはくっ付くから、投げて遊べないかな。」
クリックすると別ウィンドウで開きます

目指したい子どもの姿・気付き

子供「どんぐりはすぐ転がるのと曲がって転がるのがあるね。坂にすると、転がるスピードが速くなるよ。」

遊ぶ物をつくって遊ぼう(5時間)

●見付けた自然物で、遊ぶ物をつくったり遊んだりする

先生「どんなルールがあると楽しく遊べるかな。」
まつぼっくりけん玉 「ひもの長さが長すぎると、あんまり入らないよ。」どんぐりゴマ 「ぼくのはあんまり回らないな。どうしてかな。」
クリックすると別ウィンドウで開きます
どんぐりめいろ 「どんなふうに道をつくろうかな。坂もつくろう。」オナモミのまとあて「 的当てゲームは、点数を付けたら面白いよ。」
クリックすると別ウィンドウで開きます

目指したい子どもの姿・気付き

子供1「投げる場所を変えて点数を付けたら楽しかったよ。 オナモミはふわふわの布によくくっ付くんだね。」子供2「コマがぶつかって、お相撲みたいになったのが面白かったよ。 今度は土俵をつくろう。友達と一緒に遊ぶと楽しいな。」

みんなで遊ぼう(2時間)

●秋のおもちゃ祭りをする

子供たちの声「楽しそうに遊んでくれて、うれしいな。」「 あと10秒!頑張って!」「〇組の友達と一緒に遊びたいな。」「 園の子と遊びたいな。」「 ひざを曲げると入れやすいよ。」
クリックすると別ウィンドウで開きます
まつぼっくりけん玉ルール • 時間は1分間 • 大きいカップに入ると1点 • 小さいカップ に入ると2点

目指したい子どもの姿・気付き

子供「ルールを上手に説明できてうれしかったよ。」「 秋の物を使って遊ぶと楽しいな。」「休み時間もつくったおもちゃで遊ぼうね。」

活動のポイント1 
子どもの「やってみたい」気持ちを引き出す

前単元を振り返ったり、安全につくったり試したり遊んだりできる環境を整えることで、子どもたちの「やってみたい」「こうしてみよう」という思いを引き出しましょう。

前単元「たのしいあきいっぱい」で見付けた発見を教室に掲示しておく

子供1「もっと楽しく遊びたいね。」子供2「 どんぐりやまつぼっくりでほかの遊びができないかな。」
クリックすると別ウィンドウで開きます

安全につくったり遊んだりできる場の設定をする

活動する場の例の図
クリックすると別ウィンドウで開きます

活動のポイント2 
多様な活動を通して気付きの質を高める

秋の物を使ったおもちゃで遊ぶ中で生まれた気付きの質が高まるように、試行錯誤できる時間や場を確保し、「試す」「見通す」「工夫する」「比べる」などの多様な活動を取り入れましょう。

試す

子どもの思いと教師の働きかけ

子供「オナモミはどこにくっ付くのかな。「」
先生「○○さんの服にはよく付いているね。服によって違いはあるのかな。」

子どもの反応例

「 いろいろな人の洋服で試してみよう。」
「くっ付きやすい服とくっ付きにくい服があったよ。 」
「やわらかい洋服にはたくさんくっ付いたよ。的当てができるかもしれないよ。」

見通す

子どもの思いと教師の働きかけ

子供「まつぼっくりがカップに入らないな。どうしてかな。」
先生「ひもの長さを変えてみたらどうかな。」

子どもの反応例

「まつぼっくりけん玉のひもの長さを長くしたら、カップに入りやすいかもしれないな。」
「ちょうどいい長さが見付かったよ。長すぎても、短かすぎても入らなかったよ。」

工夫する

子どもの思いと教師の働きかけ

子供「どんぐりめいろが、もっと楽しく遊べるようにしたいな。」
先生「どれくらいの時間でゴールするかかぞえてみたらどうかな。」

子どもの反応例

「30数えたら終わりだよ。」
「〇〇さんの数え方、速いよ。」
「じゃあ、この速さで数えよう。」
「同じくらいの速さで数えたらいいね。」
「時間を決めたら、面白いね。」

友達との関わりを大切にする

• 教え合いや協力を促す働きかけをします。

子供1「○○さんのどんぐりゴマはよく回るね。どうやったか聞いてみたら。」子供2「下が丸い形のどんぐりを選んだよ。」子供3「 本当だ。よく回るね。」

交流の場を設ける

• 友達の遊びを体験して自分の遊びと比べる時間を設定したり、遊びたい人を招待したりして、互いのよさに気付けるようにします。

子供1「〇〇さんのまつぼっくりけん玉は、違う大きさのカップが2つあったから、面白かったよ。」子供2「 私のオナモミ的当ては、小さい的が難しいから100点にしたんだよ。 楽しんでくれてうれしかったよ。」
クリックすると別ウィンドウで開きます

活動のポイント3 
他教科・他単元等と関連させ、学びを深める

秋の物を使った楽しい遊びを体験して生まれた気付きを他教科・他単元等と関連させることで、気付きの質を高めるとともに、自分の生活に生かせるようにすることが大切です。

図工

「はさみは奥のほうで切るとよく切れたよ。」
「セロハンテープで貼ったほうが、のりよりくっ付くよ。」

算数

「的当てに10個もオナモミがくっ付いたよ。」
「的の大きいほうは3点にしよう。」

オナモミの的あてのイラスト

国語

発見したこと、気付いたこと、楽しかったことなどを作文に書きます。
「 今度は、弟と遊んでみたいです。」

イラスト/熊アート

2019.11 『教育技術小一小二』2019年11月号より

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

授業の工夫の記事一覧

雑誌最新号