小6国語「やまなし」朗読で表現する力を育む指導アイデア

関連タグ

教材名:「やまなし」 光村図書

指導事項:C読むこと ア・イ・エ

執筆/新潟県公立小学校教諭・井上幸信
編集委員/文部科学省教科調査官・菊池英慈、新潟県公立小学校教諭・井上幸信

小6国語「自分の感じたことを、朗読で表現しよう」指導アイデアのイメージイラスト

単元で付けたい資質・能力

①身に付けたい資質・能力

「やまなし」は、小学校の国語教科書に掲載されている文学作品の中で、最も難解な作品の一つでしょう。本単元では、「五月」と「十二月」とを読み比べることで、場面の様子や登場人物の心情の変容などを表す、巧みな表現へと目を向けさせます。

物語文や詩を読んで自分の考えをまとめる力と、その考えを音声言語として表現する力とを育むことを目指します。

②言語活動とその特徴

本単元で取り組む言語活動は朗読です。朗読とは、「自分が思ったことや考えたことを踏まえ、聞き手に伝えようと表現性を高めて、文章を声に出して読むこと」(学習指導要領解説 国語編)です。

したがって、朗読するためには、文章を読み、理解し、作品に対する自分なりの考えをもつことが必要となるのです。

単元の展開(8時間扱い)

主な学習活動

第一次(1時)

①「やまなし」の朗読に取り組むことを知る。
→アイデア1
・「やまなし」を読み、初発の感想を交流する。

【学習課題】「やまなし」の解釈を考え、朗読に生かそう。

第二次(2~6時)

②③④図画工作と関連させて、「五月」「十二月」の「幻灯」の絵を描く。
・叙述に基づいて「二枚の青白い幻灯」を描く(下描きなしで、絵の具や色鉛筆で描かせる)。

⑤⑥「五月」「十二月」の「幻灯」を対比する。
→アイデア2
・絵を比較しながら、その絵の違いを生む言葉や表現について話し合う。
・『イーハトーヴの夢』や宮沢賢治の作品を読み、賢治の自然への思いや生き方の哲学なども知る。

第三次(7・8時)

⑦⑧好きな場面を選んで朗読する。
→アイデア3
・好きな場面、自分の読みを表すことができると思う場面を選んで、朗読の仕方を考える。
・朗読を聞き合って、感想を交流する。

アイデア1 「やまなし」の朗読に取り組むことを知る

まず、「やまなし」を読み、初発の感想を交流します。前述のとおり「やまなし」は小学校国語屈指の難解な作品です。子供たちはこれまでに読んできた文学的な文章との読後感の違い、「わからなさ」に戸惑うのではないでしょうか。

子供たちはこれまでに読んできた文学的な文章との読後感の違い、「わからなさ」に戸惑うのではないでしょうか。

そのような状態の子供たちに「『やまなし』を朗読をしよう」と提案します。これまで子供たちは、作品の内容をいかに声で表現するかを工夫して、音読や朗読をする経験をしてきています。

しかし、「わからない」と感じている「やまなし」を朗読しようという提案は、ハードルが高いものに感じられるはずです。

肯定的ではない反応も出てくるでしょう。しかし、「だからこそ挑戦する価値がある」ことを伝え、チャレンジしようという気持ちを引き出していきます。

この作品の音読は難しいよ。「かぷかぷ笑う」なんて、どう読んだらよいかわからないよ。

決まり切った読み方を思いつかないからこそ、一人ひとりの読みを生かした工夫ができるよね!

アイデア2 「五月」「十二月」の「幻灯」を対比する

「やまなし」は「小さな谷川の底を映し出した、二枚の青い幻灯」です。図画工作と関連させて、一枚を「五月」、もう一枚を「十二月」と考え、作品を読みながらその情景を「幻灯」に見立てた絵で表していきます。

細かに様子を描くのではなく、色彩語を中心に、特徴的な言葉に着目して、その「場面らしさ」が一枚の絵に収まるように表現しようと声をかけます。

描き上がった「五月」「十二月」の絵を並べて、その違いを話し合います。「五月」は明るい世界に黒く鋭いくちばしが、「十二月」は暗い世界に明るい色をしたやまなしが描かれていることでしょう。

明るく温かな「生」の世界に、突然訪れる死の恐怖。暗く冷たい「死」の世界に突然もたらされる自然の恵み。言葉を色彩、絵へと一度変換することで、その差が明確になります。

そして、その絵を見ながら、もう一度作品の表現を読み返し、確認していきます。文字だけを読んで話し合うよりも、もっとたくさんの気付きが出てくることでしょう。その子なりの「やまなし」の読みが生まれてきます。

その後『イーハトーヴの夢』等を読み、感想を交流することで、賢治の自然への思いや生き方を踏まえた一人ひとりの読みが紡がれてきます。

アイデア3 場面を選び、工夫して朗読する

「五月」「十二月」から好きな場面を選んで朗読します。自分の読みを伝える朗読をするためには、読み方を工夫するだけでなく、どこからどこまでを読むのか、その範囲選択も重要であることを伝え、考えさせます。

指導する側として大切にしたいのは、読みたい部分を、自分なりの表現と工夫とで朗読できるようにすることです。班で分担するとか、過度に読み方指導をするということは避け、単元名どおり「自分の感じたことを」表現できるようにしましょう。

「自分の読み」という見方・考え方を働かせて、その子らしく朗読を創っていくことができる環境を整えるのです。その自由度の高さが、文字を読むことと声を出して読むこととの往還を生み出していくことでしょう。その過程で、子供たちの学びも深まります。

「自分の読み」という見方・考え方を働かせて、その子らしく朗読を創っていくことができる環境を整えるのです。

イラスト/畠山きょうこ 横井智美

『教育技術 小五小六』2019年10月号より

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

授業の工夫の記事一覧

雑誌最新号