特活で自尊感情を高め合い、ポジティブな学級をつくる

関連タグ

現在のコロナ禍の逆風の中、子どもたちの関係性を高め、学級づくりに力を発揮することが特活に期待されます。元文部科学省初等中等教育局視学官で特別活動のスペシャリスト、國學院大學教授・杉田洋先生が『特別活動で、日本の教育が変わる!: 特活力で、自己肯定感を高める』(小学館/共著・稲垣孝章)を上梓されたのを機に、今求められている特活のあり方についてお話を伺いました。

國學院大學教授・杉田洋先生

コロナ禍で広がるネガティブな空気に負けない自尊感情を醸成する

―本書の中では、特活の意義や課題について語られています。コロナ禍のいま、学級づくりにどう特活を生かしていくとよいのでしょうか?

杉田 ネガティブな社会からは、ポジティブな自尊感情が育ちにくいのです。なぜなら日本の自尊感情は、自己有用感に裏付けられているのが特徴だからです。独りよがりの自尊感情とは違い、みんなから認められている、必要とされているなど、他者評価が得られることが重要です。

つまり、ポジティブな学級であれば、子供たちも自尊感情をもちやすくなるわけです。だからこそ特活は大事なのです。特活には正解がないため、さまざまな主張や発言をしても否定されることがありません。特活の活動を通し、学級の中に失敗しても許される環境や、友達の発言を後ろから支えるような風土をつくり、さらには発言した子が、自分が発言したことは無駄ではなく、他者にも学級にもなんらかの影響を与えることができたと実感できるようにしてあげてほしいと思っています。

「みんな仲良く」は実社会ではありえない…では、どうする

―指導する教師は、どのようなことを心掛けるべきでしょうか?

杉田 例えば、先生はよく「みんな仲良く協力し合いましょう」と言います。しかし、我々大人にも気の合わない人がいますよね。指導内容と現実の乖離があるわけです。本当は「気の合わない人もいる。でも何か一つみんなで達成するためには、その感情を越えて協力しないといけないよね」と教えるべきなのです。

そもそも実際に協働したことがない子供に「協働とは何か」ということを言葉で教え、子供が質問に答えられてもなんの意味もないのです。

一つの目標に向かって、みんなで何かをやり遂げることを体験的に学ばせるしかないのです。問題が起きた時には、大人が介入し解決したほうが早いでしょう。しかし、それではいつになっても子供たちは育ちません。子供を信頼し、任せることが大切です。最後の最後で自分たちでこれを解決できたという自信をもてたら、それは必ず世の中で使える能力になるはずです。

特別活動は「特別な活動」ではない

―本書のどんな点に注目してもらいたいですか?

杉田 特別活動は特別な活動ではなく、「普通」に必要な活動なのだということに気付いていただきたい。

ともすると、学級経営や子供の人格形成は、担任まかせになり、その内容も方法も人それぞれになりがちです。しかし、特活は、学級経営を子供の自治的活動によって充実させ、生徒指導の機能を生かして自己指導能力を育てる場です。つまり、目標も内容も明確に示されている「特活」を活用することで組織的な学級経営や生徒指導を実現させ、その実践を通して、学級経営や生徒指導に必要な教師力を磨くこともできるのです。このような、教師を育て、子供を育てる特別活動は、日本の教育を変える可能性もあるのです。

杉田洋(すぎた・ひろし) 元文部科学省初等中等教育局視学官。2015年より國學院大學教授。日本特別活動学会理事。モンゴル教育大学客員教授。全国特別活動研究会顧問。『自分を鍛え、集団を創る!特別活動の教育技術』(小学館)、『平成29年版 小学校新学習指導要領の展開 特別活動編』(明治図書出版)『小学校新学習指導要領ポイント総整理 特別活動』(東洋館出版社)など著書多数。

杉田洋先生の本
特別活動で、日本の教育が変わる! ~特活力で、自己肯定感を高める~
杉田洋・稲垣孝章 著 小学館

取材・文/大和信治(Edupedia)写真/編集部

※この関連記事は、先生のための教育事典『EDUPEDIA』でも配信します。あわせてお読みください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

クラス運営のヒントの記事一覧

雑誌最新号