• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

学級の空気を切り替える! ミニゲーム&アクティビティ

2019/5/6

授業中や活動中などに、ちょっとした時間でできるミニゲーム&アクティビティをご紹介。子どもたちが落ち着かないときや、集中力が切れてしまったときに行えば、学級の空気を切り替えるのに効果絶大です。

【全般】テンポよく授業や活動を進めたい時に
『拍手じまい』

ねらい:手拍子後の余韻から「静か」を心地よくつくる

『拍手じまい』 イラスト/高橋正輝

1.授業中や活動中に、教師が「よ~~おっ!」とかけ声をかける。または、教師が〈チャチャッチャチャッチャ〉と、リズムよく手を叩く。
2.子どもたちが〈チャッ・チャッ・チャッ〉と3回手を叩く。
3.「静か」をつくる。

・「静かにしてください!」と注意することがなくなります。集団を動かす魔法のような「技術」ですが、〈チャッ・チャッ・チャッ〉後の「余韻」から「静か」な心地よさを十分に味わうことが、はじめは肝心です。
・年度はじめに学級のルールとすることで、普段の授業や活動を「テンポよく」進められるようになります。
・子どもたちがレクを進める時にも、使いこなしています。

ポイント
・「静かにしてください!」と注意することがなくなります。集団を動かす魔法のような「技術」ですが、〈チャッ・チャッ・チャッ〉後の「余韻」から「静か」な心地よさを十分に味わうことが、はじめは肝心です。
・年度はじめに学級のルールとすることで、普段の授業や活動を「テンポよく」進められるようになります。
・子どもたちがレクを進める時にも、使いこなしています。

【国語】よく聞く空気をつくりたい時に
『真実の口』

ねらい:話を「よく聞く」態度を育てる

『真実の口』
『真実の口』 イラスト/高橋正輝

1.ペアで、「真実の口役」と「逃げる役」を決める。
2.「真実の口役」は、「逃げる役」の手を包むように軽く握る。
3.教科書を目で追いながら、教師の範読を聞く。
4.教師はところどころで、わざと間違い読みをする。その瞬間に、「真実の口役」は「逃げる役」の手をつかむ。「逃げる役」はつかまれないように逃げる。
5.5回行ったら役割を交代し、つかまれた回数の少ない方が勝ち。

ポイント
・教師や友達の話を「よく聞く」ことができるのが、よい学級への第一歩です。
・間違い読みやフェイント読みから子どもたちのエラーが誘発され、教室は温かな笑いに包まれます。とは言え、教師は間髪入れずに範読を続けることが大切です。なぜなら、高揚した雰囲気の中でも、教師の話を聞こうと切り替えられるようになるところに、「ねらい」があるからです。

【国語】モゴモゴからハキハキ音読に!
『タブレット正確音声入力ゲーム』

ねらい:AIも認識できる「話す」力を育てる

『タブレット正確音声入力ゲーム』 イラスト/高橋正輝

1.タブレットを一人1台(または二人で1台)準備する。
2.教科書の指定箇所をタブレットに「音声入力」(ペアの場合は交互に行う)する。
3.時間内に正確に「音声入力」できたらゴール。

ポイント
・タブレットがないとできませんが、これからの時代はAIと人間との共存が必須です。音読の声をAIが正しく認識できることが、一つの指標です。
・「音声入力」だけでなく、「動画撮影」や、声の大きさを数値化してくれる「騒音計アプリ」などを活用してもよいでしょう。

【算数】楽しみながら計算嫌いをなくす
『計算ポイントじゃんけん』

ねらい:友達との交流を通して、計算を楽しむ

『計算ポイントじゃんけん』 イラスト/高橋正輝

1.全員に1ポイントをプレゼントする。
2.教室を自由に歩き回り、出会った人とじゃんけんをしてポイントをゲットする。
 勝 ち/プラス3ポイント
 負 け/プラス1ポイント
 あいこ/プラス5ポイント ※あいこのときは「ハイタッチ」をする。
3.3分後にポイントを確認して、チャンピオンに拍手を贈る。

ポイント
・負けても1ポイントもらえるのが、低学年でも楽しく取り組むための肝所です。
・最もポイントが大きいあいこの時に「ハイタッチ」をすることも、温かな関係づくりにつながります。
・あいこは「ポイント×2倍」にアレンジすると、中学年や高学年でも盛り上がります。
・メモを持ち歩く本気の子を見つけたら、大いに称えましょう。

【算数】授業はじまりの頭ほぐし
『10までいくつ?』

ねらい:和が10になる計算に慣れる

『10までいくつ?』 イラスト/高橋正輝

1.全員が立つ。
 教 師「10までいくつ♪」
 子ども「10までいくつ♪」
2.教師が言った数字とたし合わせて、10になる数をリズム(チャッは手拍子)に乗せて言う。
 教 師〈チャッ・チャッ・チャッ〉「さん!」
 子ども〈チャッ・チャッ・チャッ〉「なな!」
 教 師〈チャッ・チャッ・チャッ〉「ろく!」
 子ども〈チャッ・チャッ・チャッ〉「よん!」
※言えなかったり言い間違ったりした子どもは座るが、座っても続ける。
3.最後まで残った子どもたちに、大きな拍手をする。

ポイント
・算数モードに切り替わる「頭ほぐしのゲーム」です。
・算数の授業のはじまりに毎回続けると、授業開始時刻に遅れてくる子がいなくなります。
・『20までいくつ?』や『27までいくつ?』(高学年でも難しい)や、ペアで、グループでなど、無限にアレンジできます。〈チャッ〉を2回や1回にすると難易度が上がります。

【音楽】音を合わせる楽しさを知る
『マネしてビート』

ねらい:リズム遊びを楽しむ

『マネしてビート』 イラスト/高橋正輝

1.教師の後に続けて、子どもたちは〈チャッ〉で手拍子を打ったり、〈ポン〉で体のどこかを叩き、〈ダン〉で机をリズムよく叩く。
2.教 師「マネしてビート♪」
  子ども「マネしてビート♪」
  教 師〈チャッ・チャッ・チャッ〉「ハイ!」
  子ども〈チャッ・チャッ・チャッ〉「ハイ!」
  教 師〈チャッ・チャッ・ポン〉「アチョー!」
  子ども〈チャッ・チャッ・ポン〉「アチョー!」
  教 師〈チャッ・ダン・ダン・ポン〉「ヘイ!」
  子ども〈チャッ・ダン・ダン・ポン〉「ヘイ!」
3.以下のような終わりを示す台詞で締めくくる。
  教 師「お・し・まい!」(両手を膝に載せる)
  子ども「お・し・まい!」(両手を膝に載せる)

ポイント
・アレンジとして、「鍵盤ハーモニカ」の1~2音で行うと、即興の曲が演奏できます。
 教 師〈ドー・ミー・ン・ドド〉「ハイ!」
 子ども〈ドー・ミー・ン・ドド〉「ハイ!」……
・慣れてきたら、グループやペアになって子ども同士で行うのもお勧めです。

【体育】子どもだけで瞬時に美しく整列
『自力整列』

ねらい:子どもたちだけで素早く、無言で整列ができる

『自力整列』 イラスト/高橋正輝

1.列の先頭の子どもが後方を振り向き、手のひらを「パー」にして挙げたあと、無言で「前へならえ」をする。
2.最後尾の子どもが整列したら、「OKサイン」を出す。
3.先頭の子どもがそれを見たら、「OKサイン」に変え、前から順に体育座りをしていく。

ポイント
・学校生活では、様々な場面でいろいろな「並び方」をしますが、時間がかかる、先生がいないと並べない……では、豊かな集団生活を送ることは困難です。教室でも行ってみましょう。
・「皆さんの右側から1班→9班と、教室の班ごとに一列で並びます。班番号1、2、3、4の順で、自力整列」(班番号とは班内の座席に番号をつけたものです)
・先頭・最後尾の人の役割を、全員が一通り「経験」しましょう。
・場所を変え、背の順や出席番号順、ボール運動のチームや遠足の班などのような並び方でも、自分たちで瞬時にできるように体育の時間のたびに行います。目標タイムを決めて、ストップウォッチで時間を計ると、緊張感と達成感が生まれます。

教えていただいたのは

鈴木先生

鈴木優太先生
宮城県公立小学校教諭。1985年宮城県生まれ。「縁太(えんた)会」を主宰する。『小1担任のための学級経営大事典』(明治図書)など共著書多数。

『教育技術 小一小二』2019年5月号より

関連する記事

クラス記事一覧

学級レク≪後半≫

荒れ対策に!今すぐできる「学級レク」【パート2】

6月はの学級は、荒れが出てくる時期です。「荒れ始めたかな」と感じることがあったら、学級レクリエーションで子ども同士の信頼関係を温めましょう。前号記事大好評につき…

クラスにリーダーは必要か?

文・稲垣孝章(元・埼玉県東松山市立公立小学校校長) 目次 誰もが活躍できる「場面リーダー制」を そのグループ学習は学び合いになっているかスポーツ以外の学級集会を…

「清掃活動をゲーミフィケーション」で主体的なお掃除に

文/フリーランスティーチャー・田中光夫 目次 「ゲーミフィケーション」ってなんだ?ゲームに内在する素敵な力ゲーミフィケーションを教室に 「ゲーミフィケーション」…

朝の会・帰りの会

朝の会・帰りの会で学級に活気と潤いを

忙しい時期はついつい、朝の会・帰りの会が疎かになっていませんか? 子どもたちの1日の始まりをスムーズにしたり、学級への帰属意識を高めたりするためにも、朝の会・帰…

学級レク≪前半≫

荒れ対策に!今すぐできる「学級レク」5選

「最近、指導が入りにくくなった」「荒れ始めているかも」と感じたら、すぐ対策に打って出なくてはなりません。荒れ防止に有効なのは、何と言ってもクラスの信頼関係。その…

熊アート

指導の型で見失う『子どもありき』の視点

文・稲垣孝章(元・埼玉県東松山市立公立小学校校長) 目次 金太郎飴的な指導方法の気味悪さタイマーで時間管理する授業への疑問多数決によらない集団決定とは? 金太郎…

2019/5/19

支援が必要な子どものトラブル解決法

ゴールデンウィーク明け、1年生は入学してそろそろ一か月が過ぎ、子どもたちも学校生活に慣れ始めてきたころでしょうか。今回はそんな時期だからこその視点で、考えていき…

異年齢交流活動で子どもは育つ

違う学年同士の交流は、子どもの成長に欠かせないものです。特別活動を柱にした教育活動によって、子どもの自尊感情を高め学級崩壊のない学校づくりを実現している東京都八…

沼田晶弘先生

ぬまっち流「アナザーゴールで子どもの学ぶ意欲を引き出す!」~計トレ編~

高学年になったら、自ら学ぶ子どもになって欲しいと期待しますが、子どもは興味がないことはやりたがりません。子どもたちが学ぶようになる仕掛け「アナザーゴール」を編み…

教室で輪になる子どもたち

一年生一学期のクラス会議初期指導のコツ

子どもたちが輪になって座り、議題箱に投じられた学級の課題、個人の課題を、対等な関係性のもとで話し合って解決していくクラス会議。学級に民主主義を育み、子どもたちに…

もっと見る