• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

講演レポート 久保齋「漢字ドリルのマル付け地獄から抜け出そう」

2019/4/15

3月末、愛知県岩倉市で学力研主催の「先生のための学校 開校記念講演会」が開催されました。登壇者は、赤坂真二先生(上越教育大教授)と、久保齋先生(先生のための学校校長)。本記事では、久保齋先生の講演内容から、特に印象深かった部分を抜き出して、動画と箇条書きで紹介します。

先生のための学校校長・久保齋先生

漢字ドリルに手を出すな

漢字ドリルは、子どもにさせたら先生はマルをつけなければならない。

自宅に学級分のドリルを持ち帰って夜遅くにマル付けしたりすることに、教育的価値はない。

だから、漢字ドリルには書かせない。指書きをさせて漢字を覚えさせる。

指書きなら、教師はマル付けから解放される。

書けるか書けないかは、テストでチェック。

動画4分44秒

準備不要の宿題プリント

宿題プリントとは、教師の過重労働地獄から抜け出すために考えたもの。

漢字ドリルを基に、毎日漢字を2字ずつ出題。

子どもたちは、漢字ドリルを見て写す。

下には熟語調べ、中央は10個の漢字テストの欄。

漢字テストは、昨日、一昨日に習ったものから1つずつ出す。残り8つは、既習の漢字からアットランダムに出題。

これで100点とるのは大変。子どもたちは、このテストのために毎日全部の漢字を見てくるようになる。毎回、子どもは指がきして勉強してくる。

テストの事前準備はいらない。テストの時に、漢字ドリルを見て、口頭で問題を言うだけ。

この宿題プリントをマルつけした後、子どもは家に持って帰る。

宿題プリントには、漢字練習マス、算数の文章題、過去問の計算問題の欄がある

今日のがんばり欄は、宿題、時間割、体育の宿題、あいさつのチェック項目と、家の人への気働き欄がある。

これは、家の人のためにどういう気働きをするか、ということ。

気働きの内容は常に変化する。ぎっくり腰だといえば布団を上げるのが気働き。

いつも親のことを考えている子どもにするためにこれをやる。

「先生のための学校」とは

学力研が主催する授業実践連続講座。「教師の力量を高めたい」「気持ちよく子どもの力を鍛えたい」教師に向けて、久保齋校長はじめ、選りすぐりの学力研常任委員が半年計6回の講座を通して指導する。会員募集中。http://gakuryoku.info/

久保齋先生の本
「子どもと保護者の信頼をつかむ! 授業づくりと学級経営の技88」
本体1700円+税 小学館

記事で紹介した講演の内容も収録されています。
https://www.shogakukan.co.jp/books/09106756

取材・文/編集部

関連する記事

授業記事一覧

泳げない子でも自然と泳ぐ感覚が身に付く! 水泳授業のヒントに!「ダンススイミング」

足がつくプールで、シンクロナイズドスイミングやダンスなどの要素を取り入れたプログラムを行う「ダンススイミング」。泳げない子でも参加できる点や安全監視しやすい点、…

【学年・教科別指導計画】1年算数「あわせていくつ」「ふえるといくつ」

執筆/福岡教育大学附属小倉小学校教諭  川原 雅彦編集委員/ 国立教育政策研究所教育課程調査官 笠井 健一 福岡教育大学教授         清水 紀宏 目次 …

樋口万太郎先生

【スッキリ板書術】構造的板書で算数授業 ~「小数のわり算」「小数のかけ算」~

「構造的板書」とは、いま自分たちは何の目的のために何を考えているのか、その思考の流れが見えるように工夫した板書のこと。構造的板書を長年研究している樋口万太郎先生…

樋口綾香先生

【スッキリ板書術】構造的板書で国語授業~「動物の体と気候」「なまえつけてよ」~

「構造的板書」とは、いま自分たちは何の目的のために何を考えているのか、その思考の流れが見えるように工夫した板書のこと。構造的板書を長年研究している樋口綾香先生(…

鳴川哲也教科調査官

【教科調査官に聞く】新学習指導要領 理科-改訂ポイントと授業改善の視点ー

学習指導要領の改訂にあたり、そのポイントや授業改善の視点などをテーマに、文部科学省・鳴川哲也教科調査官と東京都足立区立千寿桜小学校・田村正弘校長に対談していただ…

専門家に聞く 縄跳び指導のコツ

7重跳びのギネス世界記録保持者として縄跳びの世界で有名な森口明利さん。京都大学工学部から大学院に進み、企業に就職するも退職して縄跳びのプロに転身したという異色の…

イラスト/イクタケマコト

子どもの博識に「先生、知らなかったな」と言えますか?

子どもたちの活発な調べ学習の中で、教師が知らないようなことまでつぶさに調べてくる子もいます。「先生、これ知ってる?」と痛いところを突かれたとき、「もちろん知って…

小五道徳授業

【教育技術小五小六6月号購入者特典】「道徳の授業レポート」授業動画(PR)

『教育技術 小五小六』6月号本誌に掲載されている、「小五小六の道徳科 授業レポート」特集。特集ページには、購入者特典のウェブ版映像付録を見られるパスワードが掲載…

【ブックレビュー】『なぜ、いま小学校で外国語を学ぶのか』

来年度からいよいよ、中学年に外国語活動が、高学年に教科として外国語が正式に導入されます。文部科学省教科調査官の直山木綿子先生が外国語教育について語った『なぜ、い…

漢字を通してコミュニケーション!声に出して読む新式漢字ドリル

つぶやき漢字研究会主宰・学力研理事 久保齋さんが発案した「つぶやき漢字ドリル」 。書き順に沿い、声に出しながら書くことで、コミュニケーションをとりながらゲーム感…

もっと見る