小4国語「ことわざブックを作ろう」指導アイデア

関連タグ

教材名:「ことわざブックを作ろう」(東京書籍 四年上)

指導事項:書くことウ 伝国 ア(イ) イ(カ)
言語活動:ウ

執筆/京都府公立小学校教諭・高田裕宇
編集委員/文部科学省教科調査官・菊池英慈、京都府公立小学校校長・藤本鈴香

小4国語「ことわざブックを作ろう」指導アイデア

単元で付けたい資質・能力

①身に付けたい資質・能力

本単元では、長い間使われてきたことわざや故事成語の意味について調べ、友達に分かりやすく説明するために事例を挙げて書く力を育成します。書く過程においては、辞書を利用して調べる方法を理解し、調べる習慣を付けることも意識しましょう。

できあがった文章を読み合うことで、先人のさまざまな知恵や教訓などに触れることができます。言語生活を豊かにするために、いろいろなことわざや故事成語の意味を知り、実際の言語生活で使えるようにすることが大切です。

②言語活動とその特徴

ことわざや故事成語について、事典や辞書、言葉に関する参考図書などから調べたことを基に、報告する文章を書くという言語活動を位置付けます。調べる際には、本の題名や種類などに注目したり、索引を利用して検索をしたりするなど、必要な本や資料を選ぶときにも配慮することが必要です。

意味を調べるだけではなく、短文づくりをしたり、本や文章を読んでそのなかに使われていることわざや故事成語を探したりする活動を通して、自分の表現に生かし、活用していく力を付けるようにしましょう。

単元の展開(6時間扱い)

主な学習活動

第一次(1時)

①教師作成のモデルを基にして学習課題を設定し、学習計画を立てる。
→アイデア1 主体的な学び

【学習課題】意味や使い方を調べて、「ことわざ・故事成語ブック」を作ろう

第二次(2~5時)

②③ことわざや故事成語について知り、辞典や本を使ってその意味を調べ、カードに書く。

④集めたことわざや故事成語を使う場面を考え、短い文章をカードに書く。
→アイデア2 対話的な学び

⑤カードを読み合って、「ことわざ・故事成語ブック」を作る。
→アイデア3 深い学び

第三次(6時)

⑥単元の学習をふり返り、ことわざや故事成語を日常生活でも使っていったり、今後も自ら調べていったりすることを確かめる。

アイデア1 モデルのカードを基にして学習課題を設定しよう

主体的な学び

ことわざは、生活経験などにおいてありがちなことを述べたり、教訓を述べたりするものです。また、故事成語は、中国の故事に由来する熟語です。

子供たちは、ことわざや故事成語について耳にした経験はあっても、その意味を知り、日常生活で使っていることは少ないかもしれません。そこで、モデルのカードを通して、ことわざや故事成語と楽しく出合い、学習の見通しをもてるようにすることで、主体的な学びにつなげましょう。

ことわざカード

【表面】

ことわざカード表面
クリックすると別ウィンドウで開きます

【裏面】

ことわざカード裏面
クリックすると別ウィンドウで開きます

表面を初めの文字とイラストにすることで、取り上げたことわざを使う場面を想像できるようにします。問答形式にするなど、ことわざや故事成語と楽しく出合えるように工夫しましょう。カードを綴じずに取り外せるようにすると、カルタとしても使うことができます。

この絵からどんなことが分かりますか?

かっぱは、泳ぐことが得意なはずですよね。

二時間目と三時間目にことわざや故事成語を集めて意味を調べます。四時間目には、ことわざや故事成語を使った文章を考えましょう。五時間目には、カードを集めて「ことわざブック」を作り、みんなで読み合いましょう。

モデル文を通して、子供自身が学習の見通しをもつようにすることで、主体的な学びにつなげましょう。

アイデア2 ことわざや故事成語の使い方を考えて、カードに書こう

対話的な学び

ことわざや故事成語の意味は、事典や辞書、本を使って調べることができます。しかし、これらを使った文章を自分で考えて書く場で、戸惑ってしまうかもしれません。そこで、次のような対話的な学びを通して自信をもって書けるようにしましょう。

本や文章との対話

事典や本には、意味だけでなく、成り立ちや例文が書かれているものがあります。これを手がかりとしてことわざや故事成語を使った文章を書いてみましょう。

例「塵も積もれば山となる」

本や文章との対話

「ちり」は小さいこと、「山」は大きいことを表しているのだな。だから、こつこつ努力したらうまくいくことを文章にしてみよう。

友達との対話

友達との対話

同じ学年であっても友達とは生活経験が異なります。ことわざや故事成語の使い方についてグループの友達と考える時間を設定し、日常生活とのつながりを見付けられるようにしましょう。

こつこつ努力したらうまくいったことはありませんか。

九九も毎日練習したから、今ではすらすら言えるよ。

毎日鉄棒の練習をしたら、逆上がりができるようになったよ。

私もこのことわざを使ってみようかな。

アイデア3 カードを読み合って、「ことわざ・故事成語ブック」を作ろう

深い学び

子供たちは、これまでにことわざや故事成語の意味を調べ、その使い方についてグループで話し合っています。ここでは、いろいろなことわざや故事成語を使えるようにするために、できるだけ多くの友達とカードを紹介し合えるようにします。

そのなかで、同じことわざ・故事成語でもいろいろな使い方があることや、似た意味のことわざ・故事成語があることに気付けるようにしましょう。

「かっぱの川流れ」と「さるも木から落ちる」の意味は、似ているね。

ことわざや故事成語には、意味が似ているものがあるんだね。

「似た意味をもつ」「動物が出てくる」などの共通点を見付けて、「ことわざ・故事成語ブック」を作ります。学習が終わっても進んで追加のカードを書くようにし、使えることわざや故事成語を増やし、実生活でも生かしていくようにしましょう。

ことわざ・故事成語ブック
ことわざ・故事成語ブック

イラスト/やひろきよみ 横井智美

『教育技術 小三小四』2019年7/8月号より

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

授業の工夫の記事一覧

雑誌最新号