小3国語「すいせんのラッパ」指導アイデア

関連タグ

教材名:「すいせんのラッパ」(東京書籍 三年上)

指導事項:C読むこと ア、ウ

執筆/香川県公立小学校教諭・白川恵美子
編集委員/文部科学省教科調査官・菊池英慈、香川県公立小学校校長・川井文代

小3国語「好きな場面を選んで音読発表会をしよう」指導のアイデア

単元で付けたい資質・能力

①身に付けたい資質・能力

本単元では、登場人物の行動や気持ちについて叙述を基に想像を広げながら読み、それらが伝わるように音読することがねらいです。第二学年までに獲得した音読の力(明瞭な発音で文章を読むこと、ひとまとまりの語や文として読むこと、言葉の響きやリズムに注意して読むことなど)に加え、声の大小や速さ、間の取り方などを考えて、話の展開や登場人物の様子を想像して音読する力が求められています。

工夫の観点は声の大小や速さ、間の取り方に焦点化させます。音読発表会では、そう読むわけを発表した後に音読をするようにします。一人ひとりの感じ方に違いがあることにも気付くことができるような場を設定します。

単元の展開(7時間扱い)

主な学習活動

第一次(1~2時)

①これまでの読書経験をふり返り、音読発表会に意欲をもつ。

②「すいせんのラッパ」の範読を聞き、学習課題「好きな場面を選んで音読しよう」を設定し、学習計画を立てる。

第二次(3~6時)

③各自が音読したい場面を選ぶ。
→アイディア1 主体的な学び

④⑤⑥音読のしかたを考えて交流する。
・くり返しの表現である、かえるの掛け声の音読の工夫
  ペア活動やグループ活動を取り入れて
→アイディア2 対話的な学び

・3回出てくるすいせんのラッパを比べて音読の工夫
  すいせんとかえるや周りの様子とつなぎながら
→アイディア3 深い学び

第三次(7時)

⑦音読発表会をして、単元をふり返る。

アイディア1 自分の好きな場面を選択

主体的な学び
主体的な学び

自分の気に入ったかえるの行動や様子が、よく分かるように音読をしようという読みの目的意識をもたせます。好きな会話文や音の表現など、言葉のおもしろさだけに着目して選んでいてもよいことにします。

音読発表は1人1分程度(300字程度)で、読みたい場所を決めます。選んだ理由も書かせておくことで、音読の工夫と読みをつなげていけるようにします。

全文を掲示し、だれがどこを選んでいるのかがよく分かるようにしておきます。また、読み進めるなかで、音読したい場所が変更することも構わないことにします。

わたしは豆つぶみたいなかえるが言った「ぴこぴん」という言い方がかわいくて好きだな。初めて冬眠から目覚めて喜んでいる様子を音読したいな。

アイディア2 焦点化して話し合う

対話的な学び
対話的な学び

どの場面でも共通するくり返しの表現やかえるの言葉に焦点化して、音読の工夫を話し合います。ここで話し合って獲得した音読の工夫の観点を手がかりに、ほかの表現や違う場面での音読の工夫を考えていくようにします。

起きてきたグローブみたいなかえるのかけ声

林のほうへ跳んでいくから、だんだん遠ざかっているね。だんだん小さくなるように読みたいな。

目が覚めてすぐだから、やっぱりゆっくり読んだほうがいいね。

横綱のようにどっしり歩いているから、ゆっくり、大きな声で読みたい。

場面の様子を具体的にイメージしながら
音読の工夫を交流

起き上がるときの様子もくり返しの言葉があるね。それはどんなふうに読めばいいかな。

自分が選んだかえるの会話にもくり返しがあったよ。そこもだんだん小さく読もう。

アイディア3 くり返しに着目して深める

深い学び
深い学び

かえるを目覚めさせるラッパの音は三つの場面で出てきます。このラッパの音を手がかりに、どう違うのか、なぜ違うのか、それをどう読みたいのかを考えていくことで、すいせんだけでなく、かえるや周りの様子とつなぎながら読んでいくことのおもしろさに気付くことができ、学習が深まります。その際、板書などで視覚化すると、より捉えやすくなります。

板書例

板書例

今年初めて吹くらっぱだから、遠くまで聞こえるように、大きな声でゆっくり読みたいな。

少しらっぱを吹くことに慣れてきたので、もう少し速く読みたいな。

すっかりらっぱを吹くことに慣れてきたから、もっと速く、間をあけずにテンポよく読みたいな。

イラスト/やひろきよみ 横井智美

『小三小四教育技術』2019年4月号より

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

授業の工夫の記事一覧

雑誌最新号