• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

授業が深まる、座席の決め方&配置3つのコツ

2019/3/24

新年度が始まります。学級をスタートさせるにあたって、座席を決める必要があります。どの子の隣の席になるかによって、その子の学習意欲や友達関係、さらには学級内の人間関係が変わってくる場合も多いので、決める際に工夫が必要です。前・埼玉県東松山市立公立小学校校長の稲垣孝章先生に、座席決めのポイントを解説していただきました。

【ポイント1】座席の決め方の基本~身体的特徴と人間関係に配慮しよう!

座席の決め方
イラスト/小沢ヨマ

進級当初は、名前を覚えやすいようにするため、名前順の座席配置にすることが多くあります。

しかし、座席配置によっては、子どもが学習意欲をなくしたり、友達関係がギクシャクしたりすることもあるので、十分に配慮する必要があります。

身体的特徴を配慮する

例えば、視力のよくない子や座高の低い子が後ろの席になると、黒板の文字が見えにくくなり、学習意欲の低下にもつながってしまいます。

まずは、それぞれの子どもの身体的な特徴をつかみ、前の席にするか後ろの席にするかを考えましょう。

身体的特徴で座席を決める
イラスト/小沢ヨマ

子供の人間関係に配慮する

低学年の子供たちにとっては、家が近い、座席が近いといった物理的な距離の近さが友人選択の大きな要因になります。日頃から子どもたち同士の関係を観察し、よりよい人間関係をつくれるような座席配置を考えましょう。

【ポイント2】最初の座席替え~学習効果も配慮しよう!

最初の座席替えは、学級経営を左右します。どのような視点で座席替えを行うかを明確にしておき、子供たちが納得できるように説明することが大切です。

くじ引きやジャンケンで決めるなど、子どもたちに任せきってしまうことがないようにしましょう。

座席替えの時期

2か月程度で座席替えを行うことを、最初に提示するようにします。

座席変えの時期
イラスト/小沢ヨマ

人間関係

トラブルがあった子ども同士の席を離す、おとなしい子どもの隣に面倒見のいい子どもを座らせるようにする…など、人間関係がうまくいくように配慮します。

人間関係をよくする座席配置
イラスト/小沢ヨマ

学習効果

ペア学習やグループ学習が、近い席同士で効果的に展開できるように配慮します。

学習効果を高める座席の決め方
イラスト/小沢ヨマ

当番活動との関連

座席替えにより、掃除などの当番活動のグループが替わってしまいます。「新しいグループでも、みんなで協力しましょうね」とその都度、声がけをしましょう。

当番活動による座席の決め方
イラスト/小沢ヨマ

その他の配慮事項

・ 背の高い子どもがいつも後ろの座席にならないよう、両サイドなどを活用します。

・どの子供も、可能な範囲で前回と異なる座席となるように配慮します。

【ポイント3】座席配置の形式を選ぼう!

座席配置には担任の考え方が反映されます。学級経営の理念に基づいて、配置の形式を決めましょう。

① 独立型

・集中して学習に取り組むことができます。

・教師が座席の間を自由に動くことができ、個別指導を効果的に行うことができます。

・外側の座席は、黒板側を向くように斜めに配置しましょう。

独立型座席配置

② ペア型

・互いに支え合う態度を育てることができます。

・ペア学習を取り入れるようにすると、効果的です。

・4人~6人でまとまると、学習や給食当番、掃除当番などのグループとして活用できます。

ペア型座席配置

③ コの字型

・互いの顔を見ながら意見交換ができるので、話合いのときに効果的です。

・内側向きの座席は、黒板側を向くように斜めに配置しましょう。

コの字型座席配置

机と椅子をチェックしよう!

机と椅子は、子どもたちが毎日使うものなので、自分に合っている机や椅子かどうか最初にチェックする必要があります。

調節できる机や椅子であれば、身長や座高に合わせて調節するようにします。

また、がたつきがないかどうか確認しておきましょう。

机と椅子の使い方を指導しよう!

机の中の整理・整頓の仕方や、机の脇にかける物を具体的に指示します。

また、椅子は、引きずるのではなく持ち上げて移動することを指導しておきます。引きずると、音がうるさかったり、床が傷ついたりするからです。

『小二教育技術』2018年4月号より

関連する記事

クラス記事一覧

朝の会・帰りの会

朝の会・帰りの会で学級に活気と潤いを

忙しい時期はついつい、朝の会・帰りの会が疎かになっていませんか? 子どもたちの1日の始まりをスムーズにしたり、学級への帰属意識を高めたりするためにも、朝の会・帰…

学級レク≪前半≫

荒れ対策に!今すぐできる「学級レク」5選

「最近、指導が入りにくくなった」「荒れ始めているかも」と感じたら、すぐ対策に打って出なくてはなりません。荒れ防止に有効なのは、何と言ってもクラスの信頼関係。その…

熊アート

指導の型で見失う『子どもありき』の視点

文・稲垣孝章(元・埼玉県東松山市立公立小学校校長) 目次 金太郎飴的な指導方法の気味悪さタイマーで時間管理する授業への疑問多数決によらない集団決定とは? 金太郎…

2019/5/19

支援が必要な子どものトラブル解決法

ゴールデンウィーク明け、1年生は入学してそろそろ一か月が過ぎ、子どもたちも学校生活に慣れ始めてきたころでしょうか。今回はそんな時期だからこその視点で、考えていき…

異年齢交流活動で子どもは育つ

違う学年同士の交流は、子どもの成長に欠かせないものです。特別活動を柱にした教育活動によって、子どもの自尊感情を高め学級崩壊のない学校づくりを実現している東京都八…

沼田晶弘先生

ぬまっち流「アナザーゴールで子どもの学ぶ意欲を引き出す!」~計トレ編~

高学年になったら、自ら学ぶ子どもになって欲しいと期待しますが、子どもは興味がないことはやりたがりません。子どもたちが学ぶようになる仕掛け「アナザーゴール」を編み…

教室で輪になる子どもたち

一年生一学期のクラス会議初期指導のコツ

子どもたちが輪になって座り、議題箱に投じられた学級の課題、個人の課題を、対等な関係性のもとで話し合って解決していくクラス会議。学級に民主主義を育み、子どもたちに…

アクティビティ

学級の空気を切り替える! ミニゲーム&アクティビティ

授業中や活動中などに、ちょっとした時間でできるミニゲーム&アクティビティをご紹介。子どもたちが落ち着かないときや、集中力が切れてしまったときに行えば、学級の空気…

荒れ防止記事のキャッチ画像です

10連休!GW明けに困らない!「クラスの荒れ」防止策

今年のゴールデンウィークは10連休! 長い連休明け、落ち着かない子供たちの生活リズムを元に戻すために、学級経営や授業をどのように工夫すればよいのでしょうか。 神…

リコーダー嫌いをなくし、子どもの心をつなぐミニゲーム

3年生から学習するリコーダー。初めて手にした時はうれしくて、時間を見つけては音を鳴らしている子どもがたくさんいます。しかし、学年が上がり、思うように音を鳴らせな…

もっと見る