• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

授業が深まる、座席の決め方&配置3つのコツ

2019/3/24

新年度が始まります。学級をスタートさせるにあたって、座席を決める必要があります。どの子の隣の席になるかによって、その子の学習意欲や友達関係、さらには学級内の人間関係が変わってくる場合も多いので、決める際に工夫が必要です。前・埼玉県東松山市立公立小学校校長の稲垣孝章先生に、座席決めのポイントを解説していただきました。

【ポイント1】座席の決め方の基本~身体的特徴と人間関係に配慮しよう!

席順を黒板に書き、支持する先生

進級当初は、名前を覚えやすいようにするため、名前順の座席配置にすることが多くあります。

しかし、座席配置によっては、子どもが学習意欲をなくしたり、友達関係がギクシャクしたりすることもあるので、十分に配慮する必要があります。

身体的特徴を配慮する

例えば、視力のよくない子や座高の低い子が後ろの席になると、黒板の文字が見えにくくなり、学習意欲の低下にもつながってしまいます。

まずは、それぞれの子どもの身体的な特徴をつかみ、前の席にするか後ろの席にするかを考えましょう。

身体的な特徴で席順を考える先生

子供の人間関係に配慮する

低学年の子供たちにとっては、家が近い、座席が近いといった物理的な距離の近さが友人選択の大きな要因になります。日頃から子どもたち同士の関係を観察し、よりよい人間関係をつくれるような座席配置を考えましょう。

【ポイント2】最初の座席替え~学習効果も配慮しよう!

最初の座席替えは、学級経営を左右します。どのような視点で座席替えを行うかを明確にしておき、子供たちが納得できるように説明することが大切です。

くじ引きやジャンケンで決めるなど、子どもたちに任せきってしまうことがないようにしましょう。

座席替えの時期

2か月程度で座席替えを行うことを、最初に提示するようにします。

席替えのルールを、事前にこどもたちに発表する先生

人間関係

トラブルがあった子ども同士の席を離す、おとなしい子どもの隣に面倒見のいい子どもを座らせるようにする…など、人間関係がうまくいくように配慮します。

子ども間の人間関係を基に、席順を考える先生

学習効果

ペア学習やグループ学習が、近い席同士で効果的に展開できるように配慮します。

学習グループとの関連から席順を考える先生

当番活動との関連

座席替えにより、掃除などの当番活動のグループが替わってしまいます。「新しいグループでも、みんなで協力しましょうね」とその都度、声がけをしましょう。

席替えとともに、当番活動のグループも変える先生

その他の配慮事項

・ 背の高い子どもがいつも後ろの座席にならないよう、両サイドなどを活用します。

・どの子供も、可能な範囲で前回と異なる座席となるように配慮します。

【ポイント3】座席配置の形式を選ぼう!

座席配置には担任の考え方が反映されます。学級経営の理念に基づいて、配置の形式を決めましょう。

① 独立型

・集中して学習に取り組むことができます。

・教師が座席の間を自由に動くことができ、個別指導を効果的に行うことができます。

・外側の座席は、黒板側を向くように斜めに配置しましょう。

中央と両脇の机の並び方が異なる独立型の席配置

② ペア型

・互いに支え合う態度を育てることができます。

・ペア学習を取り入れるようにすると、効果的です。

・4人~6人でまとまると、学習や給食当番、掃除当番などのグループとして活用できます。

班単位のペアで席を並べる方法

③ コの字型

・互いの顔を見ながら意見交換ができるので、話合いのときに効果的です。

・内側向きの座席は、黒板側を向くように斜めに配置しましょう。

上から見ると大きなコの字になっている配列

机と椅子をチェックしよう!

机と椅子は、子どもたちが毎日使うものなので、自分に合っている机や椅子かどうか最初にチェックする必要があります。

調節できる机や椅子であれば、身長や座高に合わせて調節するようにします。

また、がたつきがないかどうか確認しておきましょう。

机と椅子の使い方を指導しよう!

机の中の整理・整頓の仕方や、机の脇にかける物を具体的に指示します。

また、椅子は、引きずるのではなく持ち上げて移動することを指導しておきます。引きずると、音がうるさかったり、床が傷ついたりするからです。

イラスト/小沢ヨマ
『小二教育技術』2018年4月号より

関連する記事

クラス記事一覧

子供同士のトラブル時の保護者対応ポイント

新学習指導要領で取り上げられたガイダンス機能の充実。子供が自らの考え方や学び方を主体的に確立していくことの支援を強化する目的があります。ここでは、子供同士がトラ…

子どもに助言をするとき、気を付けておくべきこととは?

学級経営・特別活動を長年、研究・実践してきた稲垣孝章先生が、教育現場で見て気になったことについて、ズバリと切り込みます。今回は、子どもへ助言をする上で心にとめて…

気になる子の月経や生理、どう支援する?~発達障害と思春期の子供の性

発達障害が気になる子の生理を理解して支援したいけれど、性の話は難しい。小学校高学年は思春期の入り口です。女性は男性に比べて、ホルモンの変化をきっかけとした 月経…

4年3組学級経営物語(13)

4年3組担任の新任教師・渡来勉先生……通称「トライだ先生」の学級経営ストーリー。自分磨きの夏季休業を終え、ひと回り成長した渡来先生! 久しぶりの教室で、学級目標…

やってみよう!学級会の基本とコツ

子供たちが主体となって、議題について話し合い、折り合いをつけて意見をまとめたり、解決方法を決定していく・・・そんな学級会ができるようになるため、教師はどんな指導…

子供の心を伸ばす特別活動「キャリア教育」

二学期は成長の時期です。一学期のうちに固まってきた、それぞれの集団が十分に活動するときです。昨年度と同じ活動をするにしても、「何をするか」ではなく「どのようにす…

4年3組学級経営物語(12)

4年3組担任の新任教師・渡来勉先生……通称「トライだ先生」の学級経営ストーリー。ダレている子、心が疲れた子、自信のない子…、先生はだれ一人見過ごさない。元気を出…

カリキュラム・マネジメントの観点で二学期を見通そう

二学期を充実した学期にするために、学習や行事を通して、子供たちに高学年としての力を付けていきたいものです。ここでは、カリキュラム・マネジメントに則した一覧の作成…

気になる子をセンスよく支援 トラブル対処編

日頃から教室で不適切な行動や事件が起こらないように気を付けていても、実際はトラブルが起こることもあります。今回は、トラブル対処法のヒントを解説します。正しい知識…

9月の「荒れない」学級づくり ~ケース別対応策~

夏休み明けは、生活リズムや学習習慣が崩れ、クラスが荒れやすいと言われます。ここでクラスをしっかり整えておくために、この時期にありがちな不安について、ケース別に対…

もっと見る