• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

体育「跳び箱」の授業は苦手な子がカギ 

2019/11/30

二学期は「跳び箱」の授業を行う学校が多いと思います。小一の跳び箱は、中学年や高学年で大きな開脚跳びやかかえこみ跳びができるように、安全で楽しく練習をさせることが重要です。得意でない子どもも楽しく取り組めるような工夫を紹介します。

執筆/授業力&学級づくり研究会

跳び箱イメージ
撮影/金川秀人

まずはしっかり準備運動!

人気の「跳び箱」ですが、ケガが起こりやすいことが難点です。ケガのないように、準備運動にしっかりと取り組ませましょう。

おすすめ準備運動1 進化じゃんけん

動物の歩き方をまねる遊びは、跳び箱を跳ぶ動きにつながります。いろいろな動物を登場させることを心がけましょう。

動物の歩き方をまねる遊び

おすすめ準備運動2 手押し車

取り組まれている先生も多いと思いますが、色々と条件を変えて、楽しく取り組みましょう。

手押し車

仲間とつながる跳び箱遊び!

準備運動で体をほぐした後は、友達といっしょに跳び箱遊びを楽しみましょう。

おすすめ1 馬跳びゲーム

馬跳びゲーム

おすすめ2 跳び箱じゃんけん

跳び箱じゃんけん

おすすめ3 上からジャンプゲーム

上からジャンプゲーム

おすすめの3つの遊びを組み合わせて「跳び箱ランド」と称し、チーム対抗戦にすると盛り上がります。友達と関わりながら、楽しみながら跳び箱運動に必要な感覚を育むことができます。

イラスト/もりいくすお

『小一教育技術』2017年11月号より

★小学館『みんなの教育技術』Webサイトでは小学校の先生に役立つ情報を毎日発信中★ぜひお気に入り登録して最新記事をチェックしてください!
↓↓↓
『みんなの教育技術』トップへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連する記事

授業記事一覧

小学5年6年「道徳科の授業レポート」スペシャル授業動画【教育技術小五小六1月号購入者特典PR】

道徳、5年教材『新聞投書記事「まっすぐな少年は大リーグに」』の授業実践と、6年教材『日本一短い「家族」への手紙』の授業実践の動画です。導入から終末までの授業の組…

小六算数 「つまり」や「だったら」が生まれる授業
小六算数 「つまり」や「だったら」が生まれる授業とは

凄腕実践者・前田正秀先生が、「子供自身のリフレクション」により深い学びが生まれる条件について考察。さらに、算数の授業実践例の中で、実際に機能させるための様々な工…

2019/12/12

小学6年算数『量の単位(2)』教科指導のヒントとアイデア

量の単位について、1㎡と1㎤の実際の大きさを見せるなどの実感を伴った活動を導入として、単に暗記するのではなく、それぞれの接頭語は十進法を基につくられていることや…

2019/12/11

小学6年算数『量の単位(1)』教科指導のヒントとアイデア

「1か月に使う水の量」を表す単位であるkLの読み方を予想する活動を通して、これまでに学習した量の単位の仕組みを統合的に捉え、基本単位前につく「k(キロ)」などの…

2019/12/10

外国語アクティビティで使える「15分でできる英語ゲーム」2種

小学校五年生の外国語アクティビティのアイディア。ここでは、繰り返し英語表現を使えるように、身近な食べ物や形を用いたり、コミュニケーションを楽しめるようにすごろく…

【小六国語】リフレクションを促す6ステップとそれを学びのルーティンにする工夫
小学6年国語『海の命』生徒の深い学びを促す工夫と仕掛け

凄腕実践者・松山康成先生が、「子供自身のリフレクション」により深い学びが生まれる条件について考察。さらに、6年国語『海の命』の授業実践例の中で、実際に機能させる…

2019/12/9

4年体育 キャッチソフトバレーボール

四年生の体育でのネット型ゲームの紹介です。ネット型ゲームは、ネットで区切られたコートの中で攻防を組み立て、得点を競い合う楽しさや喜びを味わうことのできる運動です…

2019/12/8

1年体育(鬼遊び)にげろ! おいかけろ!! わくわく どきどき おにあそび

小学1年生の体育での鬼遊びを紹介します。鬼遊びは、一定の区域で逃げたり追いかけたり、相手の陣地を取り合ったりしながら勝敗を競い合うゲームです。区域や用具などを工…

2019/12/7

小学校低学年のぬりえ|クリスマス【プリントOK】

12月はツリーやサンタをモチーフとしたクリスマスの時期にぴったりなぬり絵です。 ぬり絵があると、ちょっとした隙間時間も私語の時間にせずにすみますし、クラス全体の…

遊びながら漢字テストで100点を取る方法【プリントつき】

一年生の漢字は全員が満点を取れなくてはなりません。「集めて、遊んで、使ってみて」学年のまとめに向けて楽しく漢字を習得させる工夫を白川静漢字教育賞受賞者の栗林育雄…

もっと見る