小4体育「器械運動(鉄棒運動)」指導アイデア

特集
1人1台端末時代の「教科指導のヒントとアイデア」
小4体育「器械運動(鉄棒運動)」指導アイデア バナー

文部科学省教科調査官の監修による、小4体育科の授業案です。1人1台端末を活用した活動のアイデアも紹介します。今回は「器械運動(鉄棒運動)」の単元を扱います。

執筆/東京都公立小学校主幹教諭・中嶋周作
監修/国立教育政策研究所教育課程調査官・塩見英樹
   東京都教育庁指導部主任指導主事・美越英宣

単元名

友達と楽しく鉄棒にチャレンジ!

年間計画表 

小4体育「器械運動(鉄棒運動)」指導アイデア 年間計画表

単元目標

●知識及び技能
鉄棒運動の行い方を知るとともに、支持系の基本的な技をすることができるようにする。
●思考力、判断力、表現力等
自己の能力に適した課題を見付け、技ができるようになるための活動を工夫するとともに、考えたことを友達に伝えることができるようにする。
●学びに向かう力、人間性等
鉄棒運動に進んで取り組み、きまりを守り誰とでも仲よく運動をしたり、友達の考えを認めたり、場や器械・器具の安全に気を付けたりすることができるようにする。

授業づくりのポイント

鉄棒運動は、技を身に付けたり新しい技に挑戦したりするときに、楽しさや喜びに触れることができる運動です。

一方で、技ができないときや痛い経験をしたときに苦手意識をもちやすい運動でもあります。したがって、技を身に付けるために、スモールステップの場を設定し、安全な行い方を知るとともに、自己に合った課題に取り組むことや友達と協力して取り組むことが大切です。

また、鉄棒運動が苦手な子供に対しては、「ダンゴムシ」や「ふとん干し」から支持の姿勢を繰り返すなど、腕支持の動きが身に付くようにしたり、鉄棒に補助具を付けて痛みの軽減や回転をしやすくしたりするなどの指導の工夫が必要です。

本稿では、「下り技」から指導する案を示します。理由は、安心して鉄棒から下りられることで、安全に取り組むことの大切さ、技ができる実感を味わうことができるからです。

その後、「上がり技」「回転技」を指導するようにして、「上がり技→回転技→下り技」を組み合わせることができるようにします。なお、補助の場で技ができるようになっても技ができたこととして捉え、子供が鉄棒運動に進んで取り組めるようにします。

授業では、毎時間、感覚づくりの運動時間を設定し、鉄棒運動に慣れることや技を身に付けることにつなげるようにします。

また、運動の日常化を図ることも重要です。休み時間に友達と一緒になって楽しみながら鉄棒運動に取り組むことでできる技を増やしたり、苦手意識をなくしたりすることにつながります。子供たちの実態に合わせて工夫して支援していきましょう。

1人1台端末を活用したアイデア

・動画撮影

器械運動では、ICT端末を使った動画の撮影が有効です。自分では客観的に見られない体の動きを見ることで、資料やお手本動画との違いを比較し、自己や友達のできているポイントやできていない動きを視覚で確認することができます。また、前時と本時の動画を比較することで伸びを実感することもできます。

・動画や資料の活用

「技ができた子供の動画」「お手本動画」や「技のポイントの資料」をICT端末に入れ、いつでも見返せるようにすることで、授業ではもちろんのこと、授業以外の時間にも確認することができるようにします。

・学習カードのデジタル化

ICT端末に学習カードを入れ、選択式でふり返りを入力できるようにします。また、リアルタイムでめあての達成などをグラフにして大型テレビなどで投影するなどして、ふり返りの際に活用することもできます(資料「集計表」及び「グラフ」を参照)。そして、学級共有のシートなどに記入することで、友達のふり返りを確認することもできます。

単元計画(例)

小4体育「器械運動(鉄棒運動)」指導アイデア 単元計画

授業の流れと指導のポイント

知る(第1〜5時)

授業のポイント

鉄棒運動は、「できる」「できない」がはっきりする運動です。そのため、すべての子供が苦手意識をもたずに運動に取り組めるよう、単元を通して易しい場で運動に取り組むなかで鉄棒運動の感覚が身に付くことをねらった感覚づくりの運動を設定します。

下り技、上がり技、回転技を知り、取り組むなかでどの程度の技ができるのか確かめるとともに、自己の能力に応じた技を選んで取り組むようにします。

 

第1時

鉄棒運動の行い方を知ろう!

場の準備の仕方

けがのないように、鉄棒の下にマットを敷きます。運ぶときはグループで協力して「せーの!」と声をかけ合いましょう。マットがずれたときは、自分たちで直せるよう指導し、場の安全を意識できるようにします。

小4体育「器械体操(鉄棒運動)」 イラスト

補助具を使うと痛みが軽減され、運動に取り組みやすくなります。鉄棒に巻き付けて使いましょう。

小4体育「器械体操(鉄棒運動)」 イラスト

〇感覚づくりの運動

拍が取りやすく、子供たちになじみのある曲を選んで行うと、楽しい雰囲気が生まれます。

①跳び上がり(5回)
鉄棒を両手で持ち、両腕の肘は伸ばしたまま両足で跳び上がって鉄棒に乗り、ツバメの姿勢をして下ります。

小4体育「器械体操(鉄棒運動)」 イラスト

②ぶたの丸焼き(10秒)
両手で鉄棒を持ち、片足ずつ足を交差して鉄棒にかけます。下りるときは必ず手で鉄棒を持ったまま足から下ります。

小4体育「器械体操(鉄棒運動)」 イラスト

③地球回り(左右1周ずつ)
手を交差して両足を鉄棒にかけた後、足を離し、交差した手が元に戻るように横に回ります。

小4体育「器械体操(鉄棒運動)」 イラスト

④ダンゴムシ(10秒)
目線が鉄棒の上に来るように、しっかり肘を曲げて脇を締めます。

小4体育「器械体操(鉄棒運動)」 イラスト

⑤ぶら下がり(10秒)
両手でしっかり鉄棒を持ち、膝を曲げて地面につかないようにしてぶら下がります。足がつかないように体を振る動きを行います。

小4体育「器械体操(鉄棒運動)」 イラスト

⑥足抜き回り(5回ずつ)
膝をおなかにつけて、背中を丸めて小さく回ります。できるだけ鉄棒に足を触れないように回れるようにします。前回りと後ろ回りの両方に取り組みます。

小4体育「器械体操(鉄棒運動)」 イラスト

⑦ツバメ(10秒)
鉄棒に跳び上がり、腕を伸ばして腕と腰の力で体を支えます。胸を張り、ピンとまっすぐになって止まります。

小4体育「器械体操(鉄棒運動)」 イラスト

⑧ツバメで左右に移動(左右に2回ずつ)
ツバメの姿勢で、左右に移動します。肘を曲げず、姿勢が崩れないようにします。

小4体育「器械体操(鉄棒運動)」 イラスト

ふとん干し(10秒)
ツバメの姿勢から上半身を曲げておなかでぶら下がります。手を離したときに前に落下する危険があるので、足を上げすぎないようにします。

小4体育「器械体操(鉄棒運動)」 イラスト

⑩体を振って後ろに跳び下り(3回)
足を前後に振り、勢いをつけます。おなかが鉄棒から離れるように大きく振るようにします。大きく足を振った力を利用して手で鉄棒を押し、後ろに跳び下ります。

小4体育「器械体操(鉄棒運動)」 イラスト

⑪前回り下り(3回)
ツバメの姿勢から、上半身を前に倒して、腰を曲げたまま回ります。両足をそろえ、鉄棒の手前側に着地するようにします。恐怖心がある場合は、教師が背中を押さえたり、鉄棒に補助具を付けたりして不安を取り除くようにしましょう。

小4体育「器械体操(鉄棒運動)」 イラスト

 

鉄棒の持ち方
・親指を鉄棒にしっかりかける(かけていないと落下する危険がある)。


・回転から上半身を戻すときなどは、手首を返す。
(膝掛け振り上がり、逆上がり、膝掛け回転)


・持ち方には順手と逆手がある。
(逆手をする技:転向前下り、前方片膝掛け回転など)

 

〇ペアづくり

単元を通して協力して学習を進めるペアをつくります。

ICT端末を使って友達の動画を撮ったり、技に取り組む友達を見てできばえを伝えたりするなかで、技を身に付けられるようにします。

小4体育「器械体操(鉄棒運動)」 イラスト

ペアを決めることにより、単元を通して同じ友達と運動に取り組むことができるため、それぞれの課題や上達が把握しやすくなります。

小4体育「器械体操(鉄棒運動)」 イラスト

鉄棒運動は、体に合った場で取り組むことが大切です。したがって、腰から胸のあたりの鉄棒の場で取り組めるようにして、同じ場でペアを組むようにするとよいでしょう。

小4体育「器械体操(鉄棒運動)」 イラスト

〇鉄棒運動の目標を知る

学習カードや手本動画を見せながら、上がり技→回転技→下り技の一連の組み合わせ技ができるよう見通しをもたせましょう。「跳び上がり→前回り下り」などの簡単な組み合わせでもよいことを伝え、どの子供も「できそう」と思えるようにします。

●跳び上がり

小4体育「器械体操(鉄棒運動)」 イラスト

●かかえ込み後ろ回り

小4体育「器械体操(鉄棒運動)」 イラスト

●前回り下り

小4体育「器械体操(鉄棒運動)」 イラスト
小4体育「器械体操(鉄棒運動)」 イラスト

●逆上がり

小4体育「器械体操(鉄棒運動)」 イラスト

●かかえ込み前回り

小4体育「器械体操(鉄棒運動)」 イラスト

●前回り下り

小4体育「器械体操(鉄棒運動)」 イラスト
小4体育「器械運動(鉄棒運動)」 イラスト

●膝掛け振り上がり

小4体育「器械体操(鉄棒運動)」 イラスト

●前方片膝掛け回転 

小4体育「器械体操(鉄棒運動)」 イラスト

●転向前下り

小4体育「器械体操(鉄棒運動)」 イラスト
小4体育「器械体操(鉄棒運動)」 イラスト

 


第2時

下り技に挑戦しよう

〇技や技のポイントを知る

学習カードや手本動画を見せながら技のポイントを伝え、場や練習方法を紹介し、取り組む技を子供が選べるようにしましょう。

小4体育「器械体操(鉄棒運動)」 イラスト

●前回り下り

小4体育「器械体操(鉄棒運動)」 イラスト

〈練習方法の紹介〉
・ポートボール台や跳び箱を使い、足のつく場でふとん干し。慣れてきたら、台のないところでふとん干し。

小4体育「器械体操(鉄棒運動)」 イラスト

・鉄棒の下に線を引いて、線より手前に足をつくようにする。

小4体育「器械体操(鉄棒運動)」 イラスト

 

●転向前下り

小4体育「器械運動(鉄棒運動)」 イラスト

〈練習方法の紹介〉
・ポートボール台を使う。
※台に足がつくことで、安心して取り組めます。

小4体育「器械体操(鉄棒運動)」 イラスト

・平均台を使う。
※鉄棒より幅が広いので、安心して取り組めます。

小4体育「器械体操(鉄棒運動)」 イラスト

・補助をしてもらう。

小4体育「器械体操(鉄棒運動)」 イラスト

補助者は肩に手を添え、肩を軽く引く。

小4体育「器械体操(鉄棒運動)」 イラスト

補助者は後ろに落ちないように背中に手を添える。
 

●両膝掛け倒立下り

小4体育「器械運動(鉄棒運動)」 イラスト

〈練習方法の紹介〉
・膝が抜きやすいように、補助具を鉄棒に巻く。

小4体育「器械体操(鉄棒運動)」 イラスト

・補助をしてもらう。

小4体育「器械体操(鉄棒運動)」 イラスト

補助者は膝を押さえて支える。

 

〇技や練習方法を選んで練習する。

・選ぶ

小4体育「器械体操(鉄棒運動)」 イラスト

〇Aさんは選んだ技に取り組み、課題の解決のために考えたことをBさんに伝える。

見付ける・伝える

小4体育「器械体操(鉄棒運動)」 イラスト
小4体育「器械体操(鉄棒運動)」 イラスト

※同様に、AさんとBさんの役割を交代する。

 

 


第3時

上がり技に挑戦しよう

〇技の行い方、技の練習方法や技のポイントを知る。

●膝掛け振り上がり

小4体育「器械体操(鉄棒運動)」 イラスト

〈練習方法の紹介〉
・両膝を掛けて、ゆりかごのように振ってみる。

小4体育「器械体操(鉄棒運動)」 イラスト

・片膝で、ゆりかごのように振ってみる。

小4体育「器械体操(鉄棒運動)」 イラスト

・背中を押し上げてもらう。

小4体育「器械体操(鉄棒運動)」 イラスト

・伸びている膝を押してもらう。

小4体育「器械体操(鉄棒運動)」 イラスト

 

●補助逆上がり

小4体育「器械体操(鉄棒運動)」 イラスト

〈練習方法の紹介〉
・タオルを使って、体が離れないようにする。

小4体育「器械体操(鉄棒運動)」 イラスト

・友達に背中を合わせて押してもらう。 

小4体育「器械体操(鉄棒運動)」 イラスト

・跳び箱+踏切板を使って、強く蹴り上げる。蹴る位置に目印を付ける。

小4体育「器械体操(鉄棒運動)」 イラスト

〇技や練習方法を選んで練習する。

・選ぶ

小4体育「器械体操(鉄棒運動)」 イラスト

〇Aさんは選んだ技に取り組み、課題の解決のために考えたことをBさんに伝える。

・見付ける・伝える

小4体育「器械体操(鉄棒運動)」 イラスト
小4体育「器械体操(鉄棒運動)」 イラスト

※同様にAさんとBさんの役割を交代する。

 


第4・5時

回転技に挑戦しよう

〇技の行い方、技の練習方法や技のポイントを知る

●かかえ込み前回り

小4体育「器械体操(鉄棒運動)」 イラスト

〈練習方法の紹介〉
・足をかかえるタイミングをつかむ。

小4体育「器械体操(鉄棒運動)」 イラスト

・おなかを軸にして体を振る。

小4体育「器械体操(鉄棒運動)」 イラスト
小4体育「器械体操(鉄棒運動)」 イラスト

●かかえ込み後ろ回り

小4体育「器械運動(鉄棒運動)」 イラスト

〈練習方法の紹介〉
・ふとん干しで揺れながら、足をかかえるタイミングをつかむ。

小4体育「器械体操(鉄棒運動)」 イラスト

・補助具を使う。

小4体育「器械体操(鉄棒運動)」 イラスト

・おなかを軸にして体を振る。

小4体育「器械体操(鉄棒運動)」 イラスト
小4体育「器械体操(鉄棒運動)」 イラスト

●前方片膝掛け回転

小4体育「器械体操(鉄棒運動)」 イラスト

〈練習方法の紹介〉
・片足を掛けて、座る練習をする。
・ツバメの横移動をする。

小4体育「器械体操(鉄棒運動)」 イラスト

・支えてもらい、少しずつ前に倒れる。

小4体育「器械体操(鉄棒運動)」 イラスト

・起き上がるときに、鉄棒をグッと押す。
・伸びている足のかかとを後ろに振る。

●後方片膝掛け回転

小4体育「器械体操(鉄棒運動)」 イラスト

〈練習方法の紹介〉
・片足を掛けて、座る練習をする。
・ツバメの横移動をする。

小4体育「器械体操(鉄棒運動)」 イラスト

・片膝を掛けて、大きく振る。
・目印を蹴ってみる。

小4体育「器械体操(鉄棒運動)」 イラスト

・ふとん干しからツバメになる練習をする。
・背中を押さえて回転を止めてもらう。

小4体育「器械体操(鉄棒運動)」 イラスト

 

工夫して楽しむ(第6~7時)

めあて

自己の課題の技に取り組もう。

授業のポイント

単元後半では、下り技、上がり技、回転技を選んで取り組みます。

単元前半で学習した動きのポイントを基に、技や練習方法を選んで取り組み、友達と動きを見合ったり、ICT端末を活用したりして、ペアの友達にできばえを伝えてもらうなどして、自己の課題を見付けられるようにします。

課題を見付けたら、学習カードの技の連続図に目印を付けたり、シールを貼ったりして、解決に向けた練習ができるようにします。

子供の実態により、技ができる子供が多い場合には発展技を伝えるようにします。その際には、基本的な技に十分取り組んだうえで、それらの発展技に取り組むようにします。

イラスト/斉木のりこ

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
特集
1人1台端末時代の「教科指導のヒントとアイデア」

授業改善の記事一覧

雑誌『教育技術』各誌は刊行終了しました